企業がソーシャルメディアを活用するメリットや活用事例、運用のコツを解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • 企業がソーシャルメディアを活用する方法を知りたい
  • 企業がソーシャルメディアを活用するメリットデメリットを知りたい
  • 企業によるソーシャルメディア活用事例を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「企業がソーシャルメディアを活用するメリットや活用事例、運用のコツ」をお伝えしていきます。

SNSマーケティングとは?

パソコンとグラフ

SNSマーケティングとは、SNSを利用して自社の情報を発信するマーケティング手法です。

SNSはソーシャルメディアの1つで、TwitterやInstagram、Facebookなどが有名です。

他にも特定分野に特化したSNSとして、WEARやRoomClipなどもあります。

SNSマーケティングで効率よく結果を出すためには、目的に応じてSNS媒体を使い分けて情報を発信することが重要です。

PR

企業がソーシャルメディアを活用するメリット

スマホとハッシュタグ

企業がソーシャルメディアを活用するメリットは、以下の3つです。

  • 認知拡大効果が期待できる
  • 販売促進に繋がる
  • 生活者や他社の意見を知れる

それでは、それぞれのメリットについて詳しくお話ししましょう。

認知拡大効果が期待できる

企業がソーシャルメディアを活用することで、認知拡大効果を期待することができます。

ソーシャルメディアには、「いいね」を押すことができる機能や「リツイート」「シェア」といった投稿を広める拡散機能が搭載されています。

企業の投稿を気に入ったユーザーが、拡散機能を使うことで自然と他のユーザーにも宣伝をしてくれます。

1つの投稿を通して商品や企業についての情報を多くの人に広めることができるため、効率よく認知拡大を図ることができます

販売促進に繋がる

ソーシャルメディアを通して情報を発信することで、販売促進に繋げることが可能です。

例えば、ある商品を店舗にそのまま陳列しているだけでは、使い方や味などの細かいところは分かりません。

しかし、ソーシャルメディアを通して商品の使い方や味などを写真や動画などと合わせて発信することで、消費者はより具体的に商品について知ることができます。

また、ソーシャルメディアを活用して商品のキャンペーンを発信することで販売促進を高めることも可能です。

具体的なキャンペーンとしては、ハッシュタグなどを使用した参加型のものやフォロワー限定セールなどがあります。

PR

消費者や他社のリアルな口コミを知ることができる

ソーシャルメディアを活用することで、消費者や他社のリアルな口コミや意見を知ることが可能になります。

自社の投稿のコメント欄を確認したり、ハッシュタグやキーワードで自社商品の情報を検索をしたりすることで、口コミをリサーチすることができます。

わざわざ意見箱や問い合わせなどから口コミを確認しなくても、ソーシャルメディアを活用するだけですぐにリアルな口コミを知ることができるため、その情報をそのまま販売戦略に組み込むことが可能です。

企業のソーシャルメディア活用の成功事例

SNS

企業のソーシャルメディアのマーケティング成功事例を3つ紹介します。

  • Instagram活用事例:ポカリスエット
  • Twitter活用事例:ロッテ 雪見たいふく
  • YouTube活用事例:花王

これからソーシャルメディアを活用しようと考えている方は、是非参考にしてみてください。

Instagram活用事例:ポカリスエット

ポカリスエットでは、Instagramを活用したSNSマーケティングを行っています

ポカリスエットが映った写真を一般ユーザーから募集しており、ユーザーから応募された投稿を公式アカウントで紹介しています。

ユーザーは自分の投稿に#ポカリフォトというハッシュタグをつけて投稿することで、このキャンペーンに応募することができます。

このキャンペーンを行うことによって、自然とユーザーがポカリスエットを宣伝してくれるような流れを作っており、結果的に自社製品の認知度や購買意欲を高めることに成功しています

Twitter活用事例:ロッテ 雪見だいふく

ロッテ 雪見だいふくは、Twitterを使ったSNSマーケティングを行っています。

Twitter上で雪見だいふくのアレンジレシピ紹介しており、中にはアレンジレシピの中には有名シェフとコラボしたアレンジレシピもあります

また、アレンジレシピを公開するだけでなく、アレンジレシピのハッシュタグが付いている投稿をリツイートして拡散する工夫もしています。

リツイートされた投稿には投稿者の感想が盛り込まれています。

購入者の素直な意見を他の人に広げることで、投稿を見た人の購買意欲が更に高まるように促しています。

YouTube活用事例:花王

花王はYouTubeを活用してSNSマーケティングを行っています。

自社製品のPrimavistaの崩れにくさや使い心地を検証した動画を投稿し、商品への購買意欲が高まるようにしています。

また、話題の芸能人やインフルエンサーを活用することで、そのファン層が商品に興味を持ってくれるような施策も行っています

色々な観点からマーケティングを行うのも、効果的な手段ではないでしょうか。

企業がソーシャルメディアを活用する際の注意点

ポイント

企業がソーシャルメディアを活用する際の注意点は以下の3点です。

  • 炎上リスクを把握して対策しておく
  • ガイドラインを遵守する
  • 長期的に運用できる体制を整えておく

それでは、それぞれの項目について詳しく説明していきます。

炎上リスクを把握して対策しておく

ソーシャルメディアを活用する際には、炎上リスクを把握しておく必要があります。

一度炎上すると世間的にマイナスイメージが付き、商品への購買意欲低減やファン離れに繋がります。

そのため、炎上リスクを把握して炎上対策をすることが大切です。

炎上対策としては、誰もが同じ解釈ができるよう分かりやすい言葉で投稿したり、確実な情報のみを伝えたりすることなどがあります。

炎上対策はマニュアル化して、社内で共有しておくと安心です。

ガイドラインを遵守する

ソーシャルメディアを利用する時には、必ずガイドラインを守りましょう。

ガイドラインには、ソーシャルメディアのトラブルを防ぐためのルールやトラブル発生時の対処法が示されています。

ガイドラインを違反してしまうと、急にアカウントが凍結される危険をあるため注意が必要です。

企業でアカウントを運用する際には、必ずガイドラインの重要事項を社内で共有しておきましょう

長期的に運用できる体制を整えておく

SNSマーケティングはすぐに効果が出るものではありません

そのため、長期的に運用できる体制を整えて置く必要があります。

定期的に投稿を行うことが大切なので、ソーシャルメディアに投稿する担当者を付けると良いです。

また、単にソーシャルメディアに投稿するのではなく、投稿に話題性が出るように工夫したり、企業イメージが良くなるような投稿をしたりする必要があります

担当者は多くの戦略を練らなければならないので、負担が重くならないような工夫も同時に行いましょう。

企業のソーシャルメディア活用方法と事例のまとめ

SNS活用

ソーシャルメディアは、今や多くの企業でマーケティングに活用されています。

炎上などのリスクもありますが、マーケティングが上手くいけば販売促進効果や認知度拡大などの様々なメリットがあります

ソーシャルメディアマーケティングを成功させるためには、十分な対策や戦略を練ることが重要です。

ソーシャルメディアごとの特徴を把握して、企業のマーケティング戦略に活用してみてはいかがでしょうか?

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド