Z世代の特徴を掴んだマーケティング手法とは?重視される理由と成功事例を解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • Z世代の特徴がわからない
  • Z世代に向けたマーケティング手法を知りたい
  • Z世代がマーケティングに重視される理由を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回はそんなあなたに「Z世代の特徴やマーケティング手法、重視される理由、成功事例」について解説していきます。

Z世代とは

Z世代

ここではまず、Z世代と呼ばれる年齢の範囲や名前の由来といった基本的な知識を解説していきますので、是非参考にして下さい。

PR

1996年~2015年に生まれた世代

一般的にZ世代とは1996年から2015年に生まれた層を指しており、日本に限らず世界的な共通認識として浸透しています。

特にマーケティングのターゲット選定に用いられることが多く、次なる主要購買層として注目を集めています。

Zと呼ばれる由来

Zと呼ばれる由来は以下の通り各世代をアルファベットになぞらえたことに由来しており、「Xジェネレーション」という著書に基づいて米国が概念を生み出したとされています。

  • 1965年から1980年 X世代
  • 1983年から1995年 ミレニアル世代
  • 1980年から2000年代初頭 Y世代

上記の通りY世代に続く新世代としてZの文字が割り当てられており、図らずもアルファベットの最後として時代の変革を象徴するようなイメージを想起させています。

Z世代の特徴とは

手を繋ぐ世界中の人々

昨今はインターネットやSNSの利用率が急速に高まっており、そういった時代に生まれたZ世代はこれまでとは違った特徴を備えています。

そこでここからは、多様性や価値観の違いについてを詳しく解説していきます。

PR

多様性とリベラルな思考を持つ

SNSの発展によって従来よりも人種や国境を超えたコミュニケーションが容易になったことから、多様性やリベラルな思考を重視する傾向が強くなっており、自身や第三者の個性を尊重する特徴があります。

ソーシャルネイティブ

パソコンや携帯電話が生まれた頃から身近にあるZ世代はデジタルネイティブである一方、10代という若いうちからSNSを生活に役立てている「ソーシャルネイティブ」ともいえるでしょう。

したがって、モデルやテレビタレント、著名作家よりもインフルエンサーを始めとするSNS発信の情報に強く影響を受ける特徴も持っています。

本質的な価値を重視している

従来はブランドや知名度といった表面的なステータスが購買欲の原点であった一方、リーマンショックやコロナショックといった経済情勢の大変動を目の当たりにしているZ世代は、本質的な有用性や資産性といった価値にフォーカスしていることも特徴の1つといえるでしょう。

Z世代がマーケティングに重視される理由とは

マーケティング

現在のマーケティングにおいては、Z世代の需要を的確に捉えて効果的にリーチしていくことが重要とされています。

そこで次はその理由について見ていきましょう。

世界20億人の人口と約4兆円の購買力

Z世代は現時点で世界に役20億人存在しており、購買力に関しても約4兆円と決して小さくないシェアを持っています。

したがって、シンプルなターゲットとしてのポテンシャルも大変有望であり、SNSという拡散性の高いツールを利用して効率的にリーチできるというトレンドとの適合性も重視とされる大きな理由といえるでしょう。

今後のメイン購買層

現在Z世代は10代から20歳前後の若年層で構成されているため、本格的に労働所得を得る年代の一歩手前といえるでしょう。

したがって、今のうちに特性や需要を掴んでおくことで今後のメイン購買層をキャッチすることにも繋がることも重要視されている背景となっています。

Z世代に向けたマーケティングのコツ

マーケティングのコツ

次はZ世代をターゲットとしたマーケティングのコツを解説していきます。

より効果を高めるためにはしっかり押さえておきたいポイントとなるため、是非参考にして下さい。

トレンドを押さえる

Z世代の情報収集はSNSが中心であるため、より話題性や注目を集めるためにトレンドを押さえることが重要となっています。

一方、単純にトレンドワードを盛り込んでも他のキャッチーなコンテンツに埋もれてしまう可能性が高いため、一定以上の工夫は必要といえるでしょう。

コンテンツにオリジナリティを持たせる

類似性の高いコンテンツでは拡散性を高めることは難しいため、他とは違うオリジナリティについても意識する必要があるでしょう。

特に自社の強みや得意分野を活かした内容は差別化が図りやすいためおすすめです。

人気インフルエンサーを起用する

先ほど解説した通り、Z世代はテレビタレントよりもインフルエンサーに強い影響を受ける特徴があります。

したがって、自社製品のPRを依頼する手法も現在広く活用されており、多少の宣伝コストが発生しても収益性は高いといえるでしょう。

Z世代へのマーケティング成功事例

成功事例

Z世代のマーケティング成功事例は数多くありますが、ここではその中から代表的なものをピックアップして解説していきます。

いずれも独創的な手法を起用しているため、是非参考にして下さい。

インフルエンサーを活用:ユニビューティ社

コンタクトレンズをメインに取り扱っているユニビューティ社は、自社製品を更に拡散させるために人気インフルエンサーである山神アリシア氏を起用しました。

実際に使用している様子を投稿し、キャンペーン等を組み合わせることでECサイトの集客率が向上、新たな購買層へのリーチに成功しています。

あえてトレンドに逆行して販売数増:FUJIFILM

現代においてはスマホやデジカメの写真撮影が主流となっていますが、FUJIFILM社はアナログ仕様であるインスタントカメラ「チェキ」を拡散することによって売上の向上に成功しました。

この事例は業界の需要とZ世代の多様性を掴みつつ、あえてトレンドに逆行した稀有な例といえるでしょう。

SNSとキャンペーンの組み合わせ:コカ・コーラ

業界大手であるコカ・コーラ社は、テーマソングにあわせてボトルをリボンにする振り付け動画をSNS上で募集し、採用された応募者に対してQUOカードをプレゼントするキャンペーンを行いました。

また、同社は人気Tik Tokerを起用して公式アカウントからもプロモーションをすることで、拡散性と売上効果を向上させています。

Z世代に向けたマーケティングのまとめ

まとめ

今回は「Z世代の特徴やマーケティング手法、重視される理由、成功事例」について解説してきました。

Z世代は次なるメイン購買層として重要視されており、特徴やトレンドを掴んだマーケティングが成功の秘訣となっています。

また、人気インフルエンサーを起用することで更に効果が高まる可能性もあるため、本記事を参考に是非検討してみて下さい。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド