ノマドワーカーとは?特徴やメリット&デメリット、始め方を解説!

この記事を読んでいるあなたは

  • ノマドワーカーってよく聞くけど、何をしてる人のこと?
  • ノマドワークを実際に始めるなら、何をするべき?
  • ノマドワーカーのメリット・デメリットは?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「ノマドワーカーの特徴からメリットデメリット、なり方まで」を解説します。

「ノマドワーカー」とは?

パソコン

「ノマドワーカー」とは、自由に自分のペースで働いている人々のことを指す言葉です。

主にパソコンやスマホ・タブレットなどの電子機器を使って仕事をしており、いつでも場所を選ばず働けることが魅力的で、2009年ごろから聞こえるようになりました。

「ノマド」とは、英語で「遊牧民」という意味があり、自分の気分で働く場所を変えられる様子を遊牧民に例えられています。

PR

ノマドワークとリモートワークの違い

ノマドワーカーの働き方は、リモートワークをしている人々と大きな差はありません。

リモートワークも、ノマドワーカーと同様にパソコンとインターネット環境があれば、飲食店やホテルなどでも作業ができます。

しかし、リモートワークをしている人はあくまで「どこかの会社の一員」です。

そのため、上司から呼び出しがあった際には、出社しなければいけないという点で、ノマドワーカーの方が自由に使える時間が多いと言えます。

ノマドワーカーの特徴

pc

ノマドワーカーの特徴は、働く時間や場所を自由に選べることだけではありません。

ここからは、ノマドワーカーの特徴や魅力をご紹介します。

好きなことを仕事にできる

ノマドワーカーは、自分の好きなことを仕事にして収入を得ています。

このようなノマドワーカーに多い仕事内容は、次の通りです。

  • ブロガー
  • ライター
  • プログラマー
  • WEBデザイナー
  • コンサルタント

例えば、ブロガーやライターは、文章力に長けているため、自身の持っている知識を文章にまとめて発信したり、クライアントの要望に沿った文書を納品したりしながら収入を得ています。

文章を書くのが好きな人や、趣味や経験でWEB関連の技術が身に付いていて活かせる人などは、ノマドワーカーとして働き始めやすいです。

PR

規則がなく自由度が高い

ノマドワーカーは、個人の裁量で働いているため会社の規則に縛られず、自由に仕事ができます。

会社員になると、規則に縛られる不便さが億劫に感じた経験がある人も多いはずです。

しかし、ノマドワーカーは、通勤、就業時間、休日などが自由になります。

現代的に、自由で快適な仕事ができるノマドワーカーに憧れる人が多いのも納得です。

ノマドワーカーのメリットとデメリット

考える女性

ノマドワークは魅力的な働き方ですが、メリットばかりではありません。

いくつかのデメリットもある中で、上手に立ち回りながら収入を得る必要があります。

メリット

ノマドワーカーの人が、実際に感じているメリットとして最初に挙げるのは「自分らしく働けること」です。

自分の好きな場所・好きなファッション・好きな時間で働けるのが、大きなメリットです。

規則に縛られないので、自分のプライベートを大事にしながら働けるのは、ノマドワーカーならではの魅力です。

また、子供がいる人にとっては自宅でも仕事が可能なため、家事・育児を行いつつも空き時間に作業に取り掛かれます。

デメリット

ノマドワーカーのデメリットは、収入が安定しないことです。

自らビジネスチャンスを自ら生み出さなければ、収入につなげることができません。

自主性がある人であれば、自分の得意なことを売り込んだり、収益につながることを始めたり、楽しみながら挑戦できるでしょう。

しかし、何か仕事を続けられなくなった理由ができたとしても、会社に守ってもらうことはできません。

そのため、仕事に対する意識を人一倍高く持たなければいけません。

ノマドワーカーになるために必要な資格

ノマドワーカーになるために、特別な資格は必要ありません。

ノマドワーカーを希望するのであれば、誰でもなることができます。

ぜひ自分の好きなことや、得意なことを仕事にしてみてください。

ノマドワーカーになるには

勉強 pc

ノマドワーカーになるためにあなたがどのような順序を追うと、最短で実現するのかを解説します。

①専門的な知識や技術を身につける

まずは、仕事になるような技術を身につけましょう。

専門的なスキルになるほど、需要も高くライバルも少ないため、独学で本を読んで学んだり、専門学校で知識を得たりするとその後の収益化がしやすくなります。

現在の仕事をしながら学校に通うのが難しければ、通信講座などを利用するのもおすすめです。

②副業として実践する

技術が身についたら、本当に仕事として活かせるのか実践しましょう。

いきなり本業として始める前に、クラウドソーシングサイトなどを利用して、あなたの持っているスキルを必要としているクライアントの手伝いをしてみてください。

さまざまなクライアントと何度か仕事をすると、確実にあなたスキルは向上して自信につながります。

③独立する

クラウドソーシングサイトを利用して、作業の数をこなせばあなたの実績になります。

十分稼げる自信がついたら、独立しましょう。

独立後は、自己管理を徹底しなければいけません。

例えば、成果物を納品するスケジュールに余裕を持たせたり、モチベーションを保ったまま作業を完了させたりしなければいけないため、自分を励ましながら作業に取り組めるよう環境を整えてください。

ノマドワーカーになるための必需品

Work ship

ノマドワーカーとして働くために必要なものを紹介していきます。

ノートパソコンやタブレット

ノマドワーカーにノートパソコンやタブレットは欠かせないと言えます。

自分の携わる仕事にもよりますが、ノマドワーカーはビデオ会議や資料作成などのツールが必要になります。

そのため、スマートフォンだけでは完結しない仕事があります。

ノマドワーカーになる前にはPCやタブレットは準備しましょう。

Wi-Fiなどのインターネット環境

ノマドワーカーになるためには、Wi-Fiなどのインターネット環境を整える必要があります。

カフェやレストランなどのフリーWi-Fiも使用できますが、セキリティが不十分であるため、不正にアクセスされてしまう恐れがあります。

身の回りのネット環境が整備されているか確認が必要です。

ノマドワーカーは現代的な働き方!

PCモニター

ノマドワーカーの特徴やメリット・デメリット、始め方などをご紹介しました。

飲食店などで、ノートパソコンを持ち運んで作業をしているノマドワーカーは、多くの社会人の憧れです。

仕事にできるようなスキルを磨いて、ノマドワーカーとして独立できるよう、まずは勉強から挑戦してみてください。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド