YouTubeの動画を拡散させる方法とは?SNSとの連携や機能についても解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • YouTubeの動画を拡散させる方法が分からない
  • SNSとの連携を知りたい
  • YouTubeの機能を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回はそんなあなたに「YouTubeの動画を拡散させる方法やSNSとの連携、機能」について解説していきます。

動画マーケティングにYouTubeを利用する利点

YouTube利点

ここではまず、動画マーケティングにYouTubeを活用する利点について見ていきましょう。

コストや認知度といった魅力的なポイントを備えているため、是非参考にして下さい。

PR

コストを抑えられる

YouTubeは通常の宣伝媒体に比べて大幅にコストを抑えることが可能であり、スタートアップ企業にとっては特に利点のあるプラットフォームといえるでしょう。

また、アカウント開設自体に審査等も必要ないため、手早くマーケティングを開始することが可能です。

認知度が向上する

YouTubeは動画プラットフォームという性質上、紙媒体や静止画よりも自社の魅力や強みを訴求する効果が高く、視聴者間で拡散されることで良質な認知度を獲得することができるでしょう。

特に利用率の高い若年層から20代をターゲットにしている企業には大きな利点となっています。

拡散されやすい動画を作るポイント

Twitter ポイント

YouTubeのメリットを解説したところで、次は動画を製作するコツについて見ていきます。

より効果を高めるためには必要な知識となるため、しっかり押さえておきましょう。

PR

オリジナリティを意識する

現在、YouTubeでは様々なコンテンツが展開されているため、既存と類似する内容では視聴者が注目しない傾向があります。

したがって、自社の特徴や製品を活用したオリジナリティを意識して動画を作ることが話題性と拡散性を高めるポイントといえるでしょう。

自社のターゲットを明確にする

自社のターゲットが明確でない場合、動画自体のコンセプトや方向性が定まらず、魅力的な内容に仕上げることは難しくなってしまうでしょう。

そこでまずは購買層やリーチを狙う年代を整理し、ルソナの設定から始めるのがおすすめです。

広告・宣伝は抑える

広告や宣伝といった商売要素を盛り込み過ぎると視聴者離れの要因となってしまう可能性があるため、可能な限り抑えてエンターテイメント性を印象付けるのが動画制作のコツとなります。

一方、単純に広告収入を狙ったコンテンツの場合は初めから注意する必要はありません。

動画を拡散するおすすめの手法

YouTube手法

ここからは、動画を製作する際の具体的な手法について解説していきます。

より効果を高めるためにも是非参考にして下さい。

インフルエンサーとコラボする

YouTubeの視聴者は比較的若年層が多く、テレビタレントよりも一定以上の人気を誇るインフルエンサーの影響を受ける傾向があります。

したがって、コラボや企業案件としてプロモーションを依頼すると拡散されやすくなり、直接的な売り上げに繋がる可能性も高まるでしょう

SNSと連携させる

YouTubeの概要欄にはTwitterやInstagramのURLを設定できるため、複数メディアを運営している方は導線を作ることが可能となります。

また、当然SNSに動画URLを差し込むのも効果的であり、自社コンテンツを更に多くのユーザーに拡散させることもできるでしょう。

YouTubeの機能を活用する

YouTubeには様々な機能が搭載されており、それらを活用することでよりマーケティング効果を高められるでしょう。

  • チャンネル自体の紹介動画
  • 特徴的で印象に残るサムネイルの設定
  • タグや概要を細かく記載する
  • 動画内にリンクを設置する(アノテーション機能、カード機能)
  • 再生リストや人気動画等のチャンネルカスタマイズ
  • 関連、最新動画のエンドカードを作成
  • YouTubeアナリティクスで再生継続時間や流入元を分析する

これらは基本的に無料且つ初心者でも簡単に導入できるものが多いため、積極的に利用してみて下さい。

YouTubeで動画を拡散する注意点

YouTube注意点

次はYouTubeを運営する上での注意点について解説していきます。

いずれも重要度の高い内容となるため、しっかり押さえておきましょう。

炎上に注意する

YouTubeは拡散性や訴求効果に優れる反面、不適切な内容に対しても敏感に反応します。

また、その内容によってはチャンネルが炎上してイメージ自体を損ねてしまう可能性もあるため、動画をアップする際は細心の注意を払って投稿しましょう。

良質なコンテンツを作成する

視聴数が多いとしても、内容の質が低い場合は逆にイメージを悪化させてしまう可能性もあります。

したがって、配信する動画はブランディングも意識した良質なコンテンツを心掛けるようにしましょう。

1度公開した動画は完全に消去するのが難しい

YouTubeでは、炎上に繋がる動画は早い段階で個別に保存されてしまうケースがほとんどであり、1度公開したものを完全に消去するのは現実的に難しいといえるでしょう。

したがって、コンテンツの内容は慎重にチェックしてから投稿する必要があります。

YouTubeの動画を拡散させる方法のまとめ

まとめ

今回は「YouTubeの動画を拡散させる方法やSNSとの連携、機能」について解説してきました。

YouTubeは現在動画プラットフォームだけでなく広告媒体としても需要が拡大しているため、効果的に運用することで高い拡散性が期待できるでしょう。

現在利用を検討している方は、炎上やコンテンツの質に注意して是非チャレンジしてみて下さい。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド