3tene(ミテネ)とは?Vtuber向けアプリの特徴や機能を徹底解説!

この記事を読んでいるあなたは

  • 3teneについて知りたい
  • 3teneのメリット・デメリットについて知りたい
  • 3teneはどんな機能があるの?

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに「3teneの特徴から有料版と無料版の機能、メリット・デメリット」をお伝えしていきます。

関連記事

VTuber(ブイチューバー)って何? どんなVTuber(ブイチューバー)がいるの? VTuber(ブイチューバー)の始め方や必要な機材は?こちらの記事では、このような疑問に答えていきます。今では「VT[…]

vtuber

3tene(ミテネ)とは?Vtuber向けのアプリケーション

ライブ配信

3teneとはVtuberになりたい方向けに作られたアプリケーションです。

3teneを利用すれば初心者の方でも簡単にVRoid Studio等で作られた3Dキャラクターを読み込み、表情やポーズを演出することができます。

また、Webカメラさえあれば、まばたきや口の動きといった細かい動作まで3Dモデルに反映させることが可能です。

無料版の3teneFREEV2と有料版の3tenePROV2、3teneSTUDIOがありますが無料版のみでもかなりの機能を利用することができます。

Vtuberになりたくても従来のアプリの使い方がわからず諦めていた方でも手軽に利用することができる便利なアプリです。

PR

3tene(ミテネ)の特徴

ライブ配信

ここでは3teneの特徴を詳しくお伝えしていきます。

これからVtubetになりたい!という方は3teneを利用することをおすすめします。

初心者でも簡単に操作できる

3teneはVtuberを目指す方向けに作られたアプリであるため、初心者の方でも簡単に操作することができます。

従来のアプリでは顔の細かい動きや体の動きをモデルに反映させるには複雑な操作が必要でしたが、3teneではWebカメラさえあれば自動的に反映することが可能です。

対応機種が多い

3teneは以下の機種でダウンロードすることが可能です。

  • Windows
  • STEAM
  • macOS

このように多様な機種に対応しているため便利に利用することができます。

PR

3tene(ミテネ)のメリット・デメリット

口コミ評判

ここでは、3teneを利用するメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

メリット

3teneを利用する最大のメリットは無料版でもプロ並のアバターを制作することができる点です。

初心者がつまづきやすい表情やモーションなどもデフォルトで用意されているため、ストレスなく利用することができます。

また、基本的にWebカメラさえあれば自動的にトラッキングしてくれるため低コストで高品質なアバターを制作することが可能です。

デメリット

3teneを利用する最大のデメリットはアバターがVRM形式のモデルしかインポートできないという点です。

アバターは様々な形式で作成することができますが、3teneを利用する際には全てVRM形式に変換する必要があります。

ただ、最近はVRM形式が主流になりつつあるためこれは特に気にする必要はないでしょう。

3tene(ミテネ)のインストール方法

ノートパソコン

では、早速3teneのインストール方法について解説していきます。

ここでは無料版3teneをWindowsにインストールする方法をご紹介します。

  1. 「3tene」の公式サイトにアクセスする
  2. 「3tene FREE V2」をクリック
  3. 「ウィンドウズ バージョン2.0.11」をダウンロード
  4. 使用許諾契約書に同意
  5. インストールを実行

これでインストールは完了です。

あとは、機能の追加やアバターの追加などを行って自分好みにカスタマイズしていきましょう。

無料版3tene(ミテネ)の機能

ライブ配信

ここでは、無料版3teneの機能を詳しく紹介していきます。

フェーストラッキング

フェーストラッキング

出典:https://3tene.com/free/

3teneでは、顔の向きや細かい動き・上半身の動きなどを3Dモデルに反映するフェーストラッキングが利用できます。

また、Webカメラさえあれば3Dモデルがおしゃべりをする際の口の動きを感知するリップシンク機能も利用可能です。

様々な表情や動きの設定

3teneでは自分でカスタマイズする前から、多くの種類の表情や動きを設定することができます。

表情はボタン1つで変更することが可能なため、短時間で効率的に編集することができます。

また、3Dモデルの動きに関してはWebカメラやモーションキャプチャ専用のアプリがなくても設定することができるため初心者の方でも操作可能です。

体全体のトラッキング

LeapMotionを利用すれば、腕や手足などの体全体のトラッキングが可能です。

LeapMotionのセンサーの前で手足を動かすと、Webカメラがなくても動きを3Dモデルに反映させることができます。

3Dモデルの表現の幅が広がるため、LeapMotionを持っている方はぜひ試してみましょう。

Zoomと連携

UnityVideoCaptureなどの仮想カメラを利用すれば、Zoom会議をアバターとして出席することができます。

すっぴんで会議に参加したくない方やZoom会議をより楽しみたい方などはぜひ利用してみましょう。

有料版3tene(ミテネ)の機能

ライブ配信

3teneは無料版でも十分に利用できますが有料版ではさらに便利な機能が追加されています。

ここでは有料版の特徴を詳しくお伝えしていきます。

高性能フェーストラッキング

有料版3teneでは目や鼻、口、細かい視線なども3Dモデルに反映する高性能フェーストラッキングが可能です。

自分の動きをより繊細に反映できるので人間のようなリアルなキャラクターを作成することができます。

また、より長い時間のトラッキングが可能になる他、演者の喜怒哀楽の表情も反映できるなど、様々な機能が追加されています。

高画質映像

3tenePRO V2

出典:https://3tene.com/pro/

有料版3teneを利用すると無料版よりもさらに高画質な映像を出力することができます。

今までの解像度では満足できなかった方でも納得できる4K(3,840×2,160)映像の出力が可能です。

Vtuberを目指すなら3tene(ミテネ)を利用しよう!

ライブ配信アプリ

今回、3teneについて紹介しました。

3teneはVtuberになりたい方向けに作られた3Dモデルの表情や動きを簡単に設定できる便利なアプリケーションです。

ぜひこれからVtuberを目指す方は利用してみましょう。

 data-src=" width="1280" height="768" >

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG