CaSy(カジー)の評判は?トラブル発生?料金や利用方法、メリット・デメリットを解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • CaSyの特徴を知りたい
  • CaSyの利用方法を知りたい
  • CaSyの評判次第で利用を検討したい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「CaSy(カジー)の特徴や評判、利用方法」などを解説していきます。

家事代行サービス「CaSy(カジー)」とは?

CaSyとは

CaSy(カジー)とは、掃除や料理などの家事を代わりに行ってくれる「家事代行サービス」です。

CaSy(カジー)は独自システムを採用しており、業界内でもかなりの低価格を実現しています。

さらに、テレビや新聞などのメディアでも多数紹介されており、話題沸騰中のサービスとなっております。

PR

CaSy(カジー)のメリット

メリット

CaSy(カジー)のメリットを紹介します。

独自システムを導入しており、料金が安い

CaSy(カジー)が独自開発したマッチング自動化システムを導入しています。

独自システムにより見積もりやスッタフ調整を行うスタッフに工数を割く必要がなくなったため、低価格を実現することを可能にしています。

料金は、定期利用で1時間2,409円(税込)から、スポット利用でも2,750円で(税込)利用可能です。

スタッフが厳選されており、レベルが高い

CaSy(カジー)のスタッフになるには面接や研修を行う必要があり、レベルの高い家事スキルを持っている方が多く在籍しています。

実際にCaSy(カジー)を利用したお客さんの口コミには、「スタッフのレベルが高く、料金以上のサービスが受けれた」という声が多数見受けられました。

PR

当日の3時間前まで予約が可能

CaSy(カジー)は独自のマッチングシステムを採用しているため、急な依頼にも対応可能です。

スポット利用のみですが、当日の希望時間の3時間前までなら予約することが可能です。

「鍵預かりオプション」を利用すれば不在時でもサービスを受けられる

「鍵預かりオプション」を利用すれば、不在時でもCaSyのサービス受けることができます。

利用方法には次の3つがあります。

  • 郵送
  • コンビニ
  • bitlock

郵送とコンビニを利用する場合の料金は、月額1,078円(税込)です。

bitlockを利用する場合は、月額220円で利用できますが、スマートロック「bitlock」と連携する必要があります。

掃除・家事代行は利用可能ですが、ハウスクリーニングは対象外となっているため、注意しましょう。

物損などのトラブルが起きた場合は、会社が保障してくれる

CaSy(カジー)は損害保険に加入しているため、物損が発生した場合は、保険適用の範囲内で保証してくれます。

そのため、万が一物損が起きても、スタッフの方とトラブルになることはないでしょう。

CaSy(カジー)のデメリット

デメリット

CaSy(カジー)のデメリットを紹介します。

予約日の2日前18時以降のキャンセルは利用料金の100%負担

CaSy(カジー)は、予約日2日前の18時以降にキャンセルしてしまうと、キャンセル料金100%が請求されてしまいます

そのため、事前に予定を確認してから予約するようにしましょう。

また、立ち会えない可能性が高い場合は、掃除・家事代行であれば「鍵預かりオプション」を使用することができるため、不在時でもサービスを受けることができます。

忙しく、自宅に滞在していることができない方には、「鍵預かりオプション」の利用がオススメです。

定期コース解約時は返金されない

CaSy(カジー)には、定期コースかスポットコースの2つがあります。

定期的に掃除や家事を頼みたい場合は、スポット利用よりも低価格でサービスを受けられるためオススメです。

しかし、定期コースを解約する際、頼んでしまった分の料金は返金されないことになっています。

最初はスポット利用から始め、頼む頻度を確かめることができてから、定期コースを申し込むほうが無駄なく利用することができるでしょう。

CaSy(カジー)の評判

評価

CaSy(カジー)を実際に利用した方々からの評判を紹介します。

良い評判

  • 料金が安い!
  • スッタフのレベルが高い!
  • スタッフの人柄がいい!

スッタフのレベルが高く、料金以上のサービスが受けられたという声が多数見受けられました。

悪い評判

  • スッタフ全員のレベルが高いとは限らない。
  • 本部の対応が悪い。

スタッフによっては望むレベルのサービスが受けられないことがあるそうです。また、本部の対応が遅いことがあるとの声も見受けられました。

CaSy(カジー)の料金

料金

CaSy(カジー)の料金について解説します。

定期コース

利用時間1週間に1回2週間に1回4週間に1回
2時間~2,409円/時間2,519円/時間2,629円/時間
1時間2,750円/時間

※表示価格は消費税込み

1週間に1回の定期コース限定で、1時間からの利用が可能です。

また、定期コースのほうがスポットで利用するより安くサービスを受けられるため、定期的に利用したい方には定期コースがオススメです。

スポットコース

利用時間スポット(今回だけ)
2時間~2,750円/時間

スポットコースは定期コースと異なり2時間からの利用となっています。

1時間あたり2,750円(税込)となっているため、定期コースより多少高いです。

しかし、スポットコースは当日の3時間前までの依頼が可能なため、急遽サービスを受けたくなった場合でも予約することが可能です。

オプション料金

オプション料金(税込)
キャストの指名440円/1時間
鍵預かり1,078円/月 (初月無料)

「キャスト指名オプション」を利用すれば、気に入ったスタッフを指名することができます。

スタッフの能力や人柄はそれぞれ異なるため、気に入ったスタッフがいた場合はキャスト指名オプションを利用しましょう。

また、「鍵預かりオプション」は、不在時でも掃除・家事代行のサービスを受けることができるオプションです。

忙しく立ちあうことが難しい方には、鍵預かりオプリョンの利用をオススメします。

CaSy(カジー)の利用方法

利用方法

CaSy(カジー)の利用方法を紹介します。

無料会員登録

CaSy(カジー)を利用するためには会員登録が必要です。

会員登録に必要は情報は、メールアドレスと郵便番号の2つのみ。

登録は1分で終わるため、非常に簡単です。

個人情報登録・本人確認

次に、名前・住所登録と本人香確認を実施します。

本人確認に使用できる公的証明書は次のとおりです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書

また、本人確認する際の注意点が4点あるため紹介します。

  • 登録住所・名前と一致していない公的証明書は使用不可。
  • パスポートは、「写真貼付け面(表)」と「所持人記載欄(裏)」の2面を提出。
  • マイナンバーカード(通知カード含む)以外は、表裏の提出が必要。
  • 住所が確認できない証明書は「補助書類」の提出が必要。

補助書類として使用できるものは次の3点です。

  • 住民票
  • 公共料金領収書
  • 年金定期便

予約する

マイページにログイン後、「依頼する」から依頼内容と希望日時を選択し、金額を確認したうえで予約してください。

定期コースの場合は、希望日の2日前18時までなら予約が可能です。

スポットコースは、当日の希望時間の3時間前まで予約可能となっています。

また、CaSy(カジー)の支払いはクレジットカードのみとなっているため、事前にクレジットカードの用意をしてください。

使用できるクレジットカードは次のとおりです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners
  • Discover

CaSyの特徴や評判、メリット・デメリットまとめ

まとめ

本記事では「家事代行サービスCaSyの特徴や評判、使用方法」などについて解説してきました。

CaSy(カジー)では低価格で高レベルなサービスを受けられるため、忙しい方や家族との時間を大切にしたい方には特にオススメなサービスです。

コースやオプションをうまく活用し、暮らしを楽にしていきましょう。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド