【厳選】越境EC運用代行のおすすめ企業8選!

  • 越境EC運用代行って何?
  • 越境EC運用代行の選び方は?
  • おすすめの越境EC運用代行が知りたい!

今回は上記のような疑問を持つ方に向けて参考となる情報を解説していきます。

中国やアメリカといった海外のECサイトに進出してビジネスを展開したいと考えている方も多いでしょう。

しかし、越境ECサイトを運営するためには現地の言語を理解できるだけでなく、法律や規制、その土地のビジネスのやり方など、さまざまなことを知っておく必要があります。

ノウハウや経験がない中で越境ECサイトを運営するのはリスクが高いと言えるでしょう。

そこでおすすめなのが「越境EC運用代行」です。

今回はおすすめの越境EC運用代行を紹介していくので、越境ECへの進出をお考えの方はチェックしてみてください。

越境EC運用代行とは?

越境EC 運営代行 おすすめ

越境ECは、国境を越えてビジネスを行うネットショップサイトのことで、世界的にも市場が拡大傾向にあると言われています。

訪日中国人観光客による「爆買い」に代表されるように、日本の商品の需要が高い中で、ネットショップを通じて、商品の販売が可能になります。

しかし、越境ECに進出すると、ビジネス相手にする国の言語に対応する必要がありますし、現地の市場動向やビジネス慣習、物流など、さまざまなノウハウが必要となります。

その他にも、トラブルが発生した際の対処など、法律や規制、税制についても熟知する必要があります。

そのため、越境ECへの進出は非常にハードルが高いと言えるでしょう。

そこでおすすめなのが「越境ECの運用代行」です。

プロに越境ECの運用代行を依頼すれば、上記のような経験やノウハウを持っている必要がなく、全てを任せることができます。

越境ECへの進出をお考えの方でノウハウを持っていない会社は、運用代行を利用してスムーズにビジネスを開始していきましょう。

PR

越境EC運用代行を選ぶときのポイント

越境EC 運営代行 おすすめ

越境EC運用代行を選ぶ際のポイントは以下の3点です。

  • 進出する国の事情に詳しい
  • 開店後のサポートが手厚い
  • 運用時に適切なフィードバックが得られる

代行業者を選ぶときはここで紹介するポイントを参考にしてみてください。

進出する国の事情に詳しい

何よりも重要なのが越境ECの運用代行業者が進出する国の事情に精通しているかです。

やはり日本とは事情が大きく異なるため、現地の知識がなければスムーズにビジネスを進めることができません。

例えば、進出する国では「今どのような商品が求められているのか」「販促方法には何が適しているのか」といったマーケティング的な側面もありますし、法律や規制、税制など国ごとに異なるルール面についても知っておく必要があります。

海外の市場に参入する際の注意点は数多くあるので、代行業者を探すときには、進出する国での実績が豊富な会社がおすすめです。

会社によって「中国が得意」「アメリカが得意」など、強みが決まっているケースもあるので、詳しく調べてみてください。

開店後のサポートが手厚い

越境EC運用は、ネットショップを開店してビジネスを開始するだけでなく、安定した運営を継続できなければなりません。

基本的に運用は代行しているのですが、適宜サポートが受けられると問題を解決しながら、ビジネスを成功に導くことができるでしょう。

越境ECへの進出直後に利益を上げるのは難しいですが、細かくコミュニケーションを取りながら適切な施策が取れるようサポートが充実した会社がおすすめです。

PR

運用時に適切なフィードバックが得られる

越境EC運用に対する課題や解決先などを細かくフィードバックしてくれると、長期的な安定した利益を得られる可能性が上がります。

進出後すぐに利益を上げるのは難しいものなので、長期的な視点に立って細かく課題を解決しながら売上を向上させられるよう取り組んでくれる会社がおすすめです。

越境ECに対する実績やノウハウが豊富な代行業者ほど、細かい部分まで問題をピックアップしながら、適切な施策を可能にしてくれます。

越境EC運用代行おすすめ8選

越境EC 運営代行 おすすめ

ここからはおすすめの越境EC運用代行を紹介していきます。

今回紹介するのは以下の8社です。

  • 株式会社いつも.
  • 株式会社ECコンサルカンパニー
  • エフカフェ
  • 株式会社飛躍
  • 株式会社エス・エー・アイ
  • トゥルーコンサルティング株式会社
  • NHN SAVAWAY株式会社
  • JUTOU株式会社

各社の強みや実績など特徴を詳しく把握していきましょう。

株式会社いつも.

株式会社いつも.は、TmallやJD.comといった中国の規模の大きなECサイトへの出店サポートに強みのある企業です。

家電や化粧品など、ジャンルを問わずさまざまな越境EC運用代行の実績があるので、蓄積されたノウハウから適切な施策を可能にしてくれます。

特別な物流モデルを利用できるという強みもあるので、EC運用における無駄を無くしながら、細かいサポートが受けられるのが魅力です。

株式会社ECコンサルカンパニー

株式会社ECコンサルカンパニーは、規模は小さいながらも確かな実績を持っている越境EC運用代行会社です。

英語圏への越境EC進出サポートを中心に行っており、販促やサイト構築、顧客対応など幅広い業務をサポートしてくれます。

出店する側は、商品の仕入れや売り上げ管理といった最低限の業務のみを行う形になるので、作業コストを抑えながら越境ECに進出できるでしょう。

エフカフェ

エフカフェは、中国系の越境ECサイトの運用代行を中心に行っている会社です。

「天猫国際 」「天猫」「海囤全球」といった規模の大きなECサイトへの進出サポートをしており、10年以上という豊富な実績が魅力です。

中国にも現地法人を構えており、法律にも熟知しているのでトラブルなく運用を代行してもらえるでしょう。

株式会社飛躍

株式会社飛躍は、カナダのECプラットフォーム「Shopify」の取扱いに強みをもっている代行業者です。

Shopify公式から「Shopify Exp erts」の認定を受けるなど、豊富な実績を持っているのが魅力です。

顧客の商品購入までの導線作りやサイトデザイン、SNS連携による販促など、越境EC運用に必要な業務をShopifyを中心に行っています。

その他にも、ebayやAmazonなど、アメリカ系のECサイトへの出店にも対応しています。

株式会社エス・エー・アイ

株式会社エス・エー・アイは、越境EC中間システムというサービスを提供している会社です。

越境ECと国内の在庫を連携させたり、売上や出荷指示、領収書作成、データ連携など、物流や在庫管理に対して、幅広いサービスを提供しています。

電話やメール、データバックアップなど、基本的なサポートも充実しています。

トゥルーコンサルティング株式会社

トゥルーコンサルティング株式会社は、顧客に合わせた越境EC進出サポートを行ってくれる運用代行会社です。

顧客に最適な進出国や商品、マーケティングといった部分からサポートが受けられる上に、参入する際にも細やかなサポートが受けられます。

事業が拡大した場合のマーケティングサポートも受けられます。

アメリカや中国だけでなく、さまざまな言語圏の越境ECへの進出にも対応しています。

NHN SAVAWAY株式会社

NHN SAVAWAY株式会社は、韓国・中国を中心とした越境ECの運用代行サービスを提供している会社です。

韓国の大手ネット企業・NHNのグループ会社でもあるため、現地の市場調査や翻訳、物流対応、販促など、幅広いサービスをトータルで受けられます。

韓国の越境ECに強みがあるので、韓国への進出をお考えの企業におすすめです。

JUTOU株式会社

JUTOU株式会社は、中国系の越境ECの運用代行サービスを行なっている企業です。

タオバオや天猫・京東といった大手ECサイトへの出店・運用代行実績が豊富な上に、インフルエンサーを起用したマーケティングにも強みがあります。

豊富なサポート経験と多様な業種への対応力など、中国に向けて進出を考える企業に非常におすすめです。

【厳選】越境EC運用代行のおすすめ企業8選!:まとめ

越境EC運用代行のおすすめ企業を紹介していきました。

海外のECサイトへの進出をお考えの企業の方は、進出する国に対する強みやサポートやフィードバックの充実度から依頼する会社を選んでみてください。

越境EC運用代行を利用してスムーズに海外進出ができるようにしてみてください!

 data-src=" width="1280" height="768" >

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG