InstagramのIGTVとは?投稿方法や企業による活用術を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • IGTVが何かわからない
  • IGTVのやり方が知りたい
  • IGTVの活用方法が知りたい

この記事では、そんなあなたに「IGTVの投稿方法や、企業による活用術」をお伝えしていきます。

IGTVとは?

IGTVとは

IGTV(アイジーティービー)とは、インスタグラム内の機能のことで、1分から最長60分の動画を投稿することができます。

テレビのようなアイコンが特徴なこの機能は、Instagram上で唯一長尺動画を投稿することが可能です。

Z世代のあなた!!WEBマーケティングスキルを身につけませんか?
PR

普通の動画投稿、ストーリーズ、リールとの違い

Instagramで動画を投稿するには、IGTVの他に普通の投稿、ストーリーズ、リールを使うことができます。

それぞれの違いを、以下の一覧表で比較することができます。

項目特徴投稿できる動画の長さ
IGTV
  • インスタグラム上で一番長く動画投稿が可能
  • 足跡がつかない
1分間〜15分間(フォロワーが一万人以上の場合最大60分間)
普通の動画投稿(フィード投稿)
  • 写真と一緒に投稿可能
  • 複数投稿が可能
1分間
ストーリーズ
  • 足跡がつく
  • 24時間で消える
15秒間
リール
  • 動画編集が可能
  • BGMの設定が可能
30秒間

IGTV、普通の投稿、ストーリーズ、リールにはそれぞれの特徴があります。

ビジネスシーンでは、これらの特徴を理解し、活用しながらマーケティングを行うことでファンの獲得に繋がるかもしれません。

IGTVを見たら足跡は残る?

IGTVを見ても足跡は残りません。

現時点でInstagram上の足跡が残る機能は、ストーリーズのみです。

そのため、IGTVでは「いいね」や「コメント」といた反応を起こさない限り、視聴したことが投稿者に知られることはありません。

IGTVの投稿方法

how to

IGTVの投稿方法を順にお伝えします。

IGTVを投稿するにあたっていくつか条件があります。

  • 長さ:1分以上。フォロワー一万人以上で最長60分のアップロードが可能。
  • サイズ:10分以内の動画は650MB。10分〜60分までは3.6GB。
  • ファイル形式:MP4

これらの要件を全て満たした場合のみ、IGTVを投稿することができます。

Z世代のあなた!!WEBマーケティングスキルを身につけませんか?
PR

1.投稿画面から「IGTV」を選択する

まず、ホーム画面もしくは、プロフィール画面の右上の+をタップし、「IGTV動画」を選択します。

手順

1.投稿したい動画を選択する

保存された動画の中から投稿したい動画をタップします。

右上にある「次へ」をタップします。

次へ

2.投稿に反映されるカバーを選択する

IGTVには編集機能がないので、保存した動画をそのまま投稿することになります。

動画の表紙になる「カバー画像」を設定します。

カバー画像は、動画の一部分から選択するのみならず、カメラロールの写真からも選択することができます。

その場合は、一番下の「+カメラロールから追加」をタップしてください。

説明

3.動画のタイトルと、キャプションを入力する

次に、動画のタイトルとキャプション(説明文)を追加します。

動画のタイトルは、一目で見てわかりやすい内容にすることが大切です。

キャプション

4.IGTV動画を投稿する

一連の作業が終わった後は、「投稿」をタップし、完了になります。

これで、IGTVの投稿ができました。

企業アカウントにおすすめのIGTV活用術

活用

近年、Instagramを活用してマーケティングを行う企業が増えてきています。

IGTVは、ビジネスを行う上で企業に嬉しい機能がたくさん備わっています。

企業アカウントにおすすめの簡単なIGTV活用術をお伝えします。

過去のインスタライブをIGTVでシェアする

Instagramでは、ライブ配信機能があり、ユーザーとコミュニケーションを取りながら自社の商品やサービスを紹介することができます。

長尺動画の投稿が可能なため、長い時間をかけて詳しく紹介することができます。

これをIGTVに投稿すると、リアルタイムで見ることのできなかったユーザーが、いつでもどこでも視聴可能になります。

注意しなければならない点は、フォロワー数は一万人以上ではないと、60分以上の動画をIGTVに投稿することはできません。

インサイトを確認する

動画の投稿後は、「再生回数」や「いいね」などのインサイトの確認を怠らないようにしましょう。

どのような動画が伸びたのか毎回確認することで、人気の出やすい動画の特徴を把握し、次回の投稿に活かすことができます。

インサイトは、動画の画面下「インサイトを見る」から確認することができます。

注意する点は、インサイトを利用するには、プロアカウントに切り替える必要があります。

ハッシュタグやURLを貼り付ける

投稿に関連のあるハッシュタグを貼り付けることで、多くのユーザーにIGTVを届けることが可能になります。

ハッシュタグは、「#」の後に文字を入力するだけで完了です。

また、投稿の本文にはURLを貼り付けると、自分のサイトに誘導しやすくなります。

IGTVを活用した企業の成功例

成功

IGTVを活用し、ユーザーを惹きつけることに成功している企業を紹介していきます。

SNIDEL(スナイデル)

スナイデル

SNIDEL(@snidel_official)とは、20代の女性をターゲットとし、絶大な人気を誇るアパレルブランドです。

インスタライブで商品を実際に紹介し、ユーザーとコミュニケーションを図り、距離を縮めています。

企業側がユーザーのコメントに丁寧に返信することで、ユーザーとの関係を大切にするといった好印象を与えることができます。

そうすることで、長期的なファンの獲得が可能になるかもしれません。

VOCE編集部

VOCE

VOCE(ヴォーチェ)編集部(@vocemagazine)は、若い女性をターゲットした美容メディアのアカウントです。

こちらのアカウントの特徴は、メイク方法や活用方法を、長尺を利用してわかりやすく紹介しています。

メイク動画にIGTVを活用することで、音声解説を入れながら実演することで、ユーザーにとってよりわかりやすい情報を発信することができます。

また、影響力のあるインフルエンサーを起用することで、ファンがIGTVを見てくれるようになり、自社のファンの獲得につなげることができるかもしれません。

MAMADAYS |ママデイズ

ママデイズ

MAMADAYS |ママデイズ(@mamadaystv)は、離乳食レシピや家事アイディアなど、子育てに役立つライフハックを発信しているアカウントです。

こちらのアカウントの特徴は、実際に離乳食の作り方の手順をテロップを使いわかりやすく紹介しています。

労力やコストはかかりますが、長期的なファンを獲得することに繋がります。

IGTVを投稿する際の注意点

ポイント

インスタグラムアプリ内からの撮影は不可

IGTVを投稿するには、デバイス内の動画である必要があります。

そのため、Instagramアプリから直接動画を撮影することはできません。

デバイス内に保存されている動画からアップロードする形になります。

再生回数は表示される

IGTVは、足跡はつかないものの、再生回数は閲覧可能です。

投稿者側だけでなく、視聴者も同様に再生回数を確認することができます。

IGTVの投稿方法や企業による活用術まとめ

インスタ

IGTVの投稿方法や、企業アカウントによる活用術を紹介してきました。

IGTVは、なんといっても長尺で動画配信が可能であることが魅力の一つです。

IGTVを活用することで、ユーザーを巻き込んだマーケティングを行うことができ、長期的なファンの獲得に繋がるかもしれません。

まずは、短い動画の投稿から始めてみて、フォロワーが増えたら60分の長尺動画やインスタライブの投稿をしてみるのは以下かでしょうか。

>

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG