リットリンク(lit.ⅼink)とは?特徴や登録方法、使い方や設定方法を解説!

この記事を読んでいるあなたは

  • リットリンク(lit.ⅼink)がどんなサービスなのか知りたい
  • リットリンク(lit.ⅼink)の特徴やできることを知りたい
  • リットリンク(lit.ⅼink)の使い方を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに「リットリンク(lit.ⅼink)の特徴や登録方法、使い方や設定方法」をお伝えしていきます。

リットリンク(lit.ⅼink)とは?

リットリンク

出典:https://lit.link/

リットリンク(lit.ⅼink)とは、誰でもカンタンに、おしゃれなリンクまとめページを作成できるサービスです。

まとめページを使うことで、複数メディアを横断的に紹介できるので、SNS同士で相乗効果を狙うためには最適なツールだといえます。

例えば、インスタグラムやTikTok、ブログなど複数のメディアを運営しているユーザーが、リットリンク(lit.link)のURLをインスタグラムのプロフィール欄に張り付けると、TikTokとブログの両方をインスタグラムのフォロワーに宣伝することができます。

また、インスタグラムをはじめ、SNSの中にはURLリンクを張る場所が1箇所しかないものがありますが、リットリンク(lit.link)を使えば「インスタにURLが1つしか貼れない」といった問題を解決することができます。

リットリンク(lit.ⅼink)は、リリースから1ヶ月で利用者1,000万人を超えるなど、破竹の勢いでユーザー数を増やしている大注目のサービスです。

Z世代のあなた!!WEBマーケティングスキルを身につけませんか?
PR

リットリンク(lit.ⅼink)の特徴

リットリンクの特徴

リットリンク(lit.ⅼink)には、以下のような特徴があります。

  • スマホだけで誰でも簡単におしゃれなページが作れる
  • カスタマイズ性が高く無料で使える
  • 「インスタにURLひとつしか貼れない問題」を解決できる

それぞれ詳しく紹介していきます。

スマホだけで誰でも簡単におしゃれなページが作れる

リットリンク(lit.link)では、スマホひとつで簡単にお洒落なページを作成することが可能です。

リットリンク(lit.link)を使えば、以下のようなページを作成することができます。

トップ

リットリンク(lit.link)には、最初からお洒落なテンプレートが複数用意されています。

そのため、「自分はデザインセンスないからこういうの苦手…」という方でも、

テンプレートの中から好みのものを選ぶだけで、きれいなWebページを作ることができます。

カスタマイズ性が高く無料で使える

リットリンク(lit.link)は、カスタマイズ性が高いため、デザインに力を入れたオリジナルコンテンツを作成することができます

サンプル

上画像を見るとファッションやコスメに詳しくて、実際にモデルとして活躍している人だということが分かります。

その人の持つ雰囲気なんかも伝わってきますね。

このように、リットリンク(lit.link)ではカスタマイズ性が高く、個性を生かしたアレンジが可能なため、自分のイメージやコンセプトに合わせたWebページを作成することができます。

ボタンの配置や、デザイン変更は有料サービスになっている類似サービスが多い中で、ほとんどの機能を無料で使えるリットリンク(lit.link)は、個性を大事にするユーザーにとってメリットが大きいです。

Z世代のあなた!!WEBマーケティングスキルを身につけませんか?
PR

「インスタにURLひとつしか貼れない問題」を解決できる

インスタグラムの仕様上、インスタのプロフィールにはリンクを1つしか貼ることができません。

そのためツイッターやTikTokなどの別媒体のアカウントを複数紹介したい場合には、各媒体のアカウントIDをプロフィールに記載し、ユーザーに検索してもらう必要がありました。

しかし、リットリンク(lit.link)で一覧ページを作り、そのURLをプロフィールに貼ることで複数の媒体を一度に案内することができます。

インスタ3

ファンになってくれたユーザーは、他のSNSやメディアもチェックしてくれることがおおいため、全アカウントでのフォロワー増加が期待できます。

リットリンク(lit.ⅼink)の登録方法

登録方法

リットリンク(lit.link)の登録方法を紹介します。

4STEPに分かれていて、基本的には指示された内容を入力するだけで完了します。

STEP1:連絡先認証

まずはリットリンク(lit.link)のホームページから登録を進めていきます。

今回はスマホ画面で解説していますが、PCからでも同じ手順で作成することができます。

手順1

登録

ライン(LINE)と連携させることができます。

ライン(LINE)と連携させるとメールアドレスやパスワード設定が不要になります。

登録してもしなくてもは使えますのでお好みでOK。

LINEアカウントがない場合をタップすると、メールアドレスとパスワードの入力画面に移行しますので、必要事項を入力しましょう。

STEP2:詳細情報の入力

ここでは4つの項目について入力します。

  1. クリエイター名
  2. URL(自動)
  3. 性別
  4. このアカウントを一言で表すと

詳細情報

「このアカウントを一言で」については、後からでも変更できます。

思いつかない人は、最初から入力してある「クリエイター」のままで大丈夫です。

STEP3:ジャンル/カテゴリーの入力

各媒体の投稿内容やジャンルについて選択していきます。

運営しているSNSすべてについて入力すると良いでしょう。

今後、同じジャンルのユーザーを検索できる機能が実装される予定です。

ジャンル選択

STEP4:確認

自分が入力したものを確認していきましょう。

ここで入力したものは後から変更できますので、そこまでシビアにならなくとも大丈夫です。

確認

利用規約を確認したらアカウント登録は終了です。

続いて、デザインなどをカスタマイズしながら使い方を見ていきましょう。

リットリンク(lit.ⅼink)の使い方・設定方法

使い方

リットリンクはとても親切に設計されていて、直感的に使うことができます。

実際に触りながら見ていただくと分かりやすいと思いますので、一緒に設定していきましょう。

設定の方法を確認する

編集するためには3つの手順があります。

1. 編集するときはスイッチオン

編集1

 

編集するときは左上のスイッチをONにすることで編集可能になります。

これはすべての編集作業で使うので覚えておきましょう。

2. ペンマークはボタン編集

編集2

ペンマークでボタンの形状を変更できます。

  • ボタンリンク(ボタンにURLをリンク)
  • テキストリンク(長文作成、文章中にURLリンクを設置)
  • ピクチャリンク(画像にURLをリンク)
  • 3ピクチャリンク(画像にURLをリンク)
  • Youtubeリンク(動画をリンク)

5つのテンプレートが用意されていますのでその中から選択しましょう。

3. マークでボタン移動

 

編集3

「…」マークを押したまま好きな場所にボタンを配置することができます。

並び替えなどのレイアウト変更時には…をタップして移動させましょう。

カスタマイズできる項目一覧

編集の方法が分かったら、あとは実際にページを整えていきましょう。

編集項目は以下の画像の通りです。

使い方1

使い方2

使い方3

これらの項目をカスタマイズして自分好みのデザインに仕上げていきましょう。

リットリンク(lit.ⅼink)とインスタを連携させる方法

インスタリンク

ページが完成したら、実際にインスタに張り付けていきましょう。

上部のボタンをタップすると、ページのURLをコピーできます。

インスタ1

コピーしたURLを、インスタのプロフィールページに張り付ければ完了です。

インスタ2

これでインスタのプロフィールから、すべてのSNSに案内できるようになりました。

他のSNSにも同じように張り付けていきましょう。

リットリンク(lit.ⅼink)とリンクツリー(Linktree )の違い

選択

リットリンク(lit.link)と同じように、リンクのまとめページを作成できるサービスに、リンクツリー(Linktree)があります。

リンクツリー(Linktree)も操作自体は簡単で、すぐにまとめページを作ることができますが、

  • サイトが英語表示
  • リットリンク(lit.link)と比べるとデザインがシンプル

という特徴があります。

リンクツリー比較
左がリンクツリー(Linktree) 右がリットリンク(lit.link)

比較してみると左側のリンクツリー(Linktree)ページのシンプルさが分かると思います。

無料プランではこれ以上装飾を加えることは困難です。

リンクツリー(LinkTree)リットリンク(lit.link)
リンク表示
カスタマイズ△(有料版なら可能)
日本語表示

他にも、リットリンク(lit.link)は、アナリティクス分析機能が無料で使えたり、ボタン形状が充実していたりと、リンクツリー(Linktree)では有料のサービスが無料で使えます。

リットリンク(lit.link)のカスタマイズにはある程度の作りこみが必要ですので、

  • シンプルかんたんを求める人は、リンクツリー(LinkTree)
  • デザイン性を求める人は、リットリンク(lit.link)

と個人の好みによって使い分けすることをオススメします。

リンクツリー(Linktree)の特徴や使い方は、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 リンクツリー(LinkTree)がどんなサービスなのか知りたい リンクツリー(LinkTree)の特徴やできることを知りたい リンクツリー(LinkTree)の使い方を知りたい上[…]

リンクツリー(LinkTree)

リットリンク(lit.ⅼink)の特徴や登録方法、使い方まとめ

リットリンクまとめ

この記事ではリットリンク(lit.link)の特徴や登録方法、使い方について解説しました。

リットリンク(lit.link)は、誰でもカンタンに、おしゃれなリンクページを作成できる非常に優れたサービスです。

また、2020年12月にリリースされたばかりの比較的新しいサービスで、今後も便利な機能が搭載されていく予定です。

1度「リンクまとめページ」を作ってしまえば、すべてのSNSに活用することができます。

ファンになってくれたユーザーは、他のメディアでもフォローしてくれることが多いので、相乗効果が期待できるでしょう。

リットリンク(lit.link)でファンとより強くつながってみてはいかがでしょうか。

>

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG