ライブコマースの始め方は?成功するコツも詳しく解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • ライブコマースとはなにか知りたい
  • ライブコマースの始め方を知りたい
  • ライブコマースの事例を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「ライブコマースの始め方や事例、成功の秘訣」までお伝えしていきます。

ライブコマースとは

膝

ライブコマースとは、ECサイト(インターネット上のショップ)の商品をライブ配信で販売することです。

配信者はライブ配信を通じて、視聴者の商品購入に繋がるようにコミュニケーションをとります。

また、視聴者はリアルタイムで商品やサービスについて質問しながらショッピングができる特徴があります。

PR

ライブコマースの仕組み

ライブコマースの仕組みと流れをお伝えします。

実際にインスタグラムや17LIVEなどの身近な配信サービスに触れながら確認していくと、より分かりやすいかもしれません。

  • タレントやインフルエンサーなどの起用

まず販売したい商品や、サービスに合わせて適切な人材を選びます。

  • ライブ配信

選ばれたインフルエンサーやタレントは、自身のインスタグラムや、ライブ配信サービスを使って、商品やサービスの宣伝活動を行います。

  • 広告の投稿

それぞれのライブ配信サービス内の投稿やアーカイブ機能を使って、HPやECサイトへと誘導します。

  • 商品の販売

商品やサービスのHPやECサイトから、実際に購入へ繋げます。

ライブコマースの市場規模

デスク

ライブコマース先進国といわれる中国と比較し、現在の日本の市場規模と代表するサービスをご紹介します。

中国での市場規模

ライブコマース先進国といえば、中国の市場規模はかなり大きく、2020年の3月には、すでに約5.6億人というユーザーがライブコマースを利用しています。

インターネットを利用している人の、およそ62%が利用している計算です。

中国のライブコマース普及には、KOL(Key Opinion Leader)と言われる、販売促進を専門分野とするインフルエンサーの力が大きいです。

影響力と信用性を兼ね備えたKOLが商品を紹介すれば、ユーザーに安心・安全をもたらす事ができるため、購買意欲をより高め、ライブ配信から自然と購入へのステップへ導くことが出来るという良い流れが出来上がっています。

KOLと契約して行うライブコマースは、たくさんの企業やブランドがすでに取り入れており、中国市場では大変重要な「マーケティング施策」として受け入れられています。

実際に、日本でも有名な中国で最大のショッピングイベント「独身の日」でも、ライブコマースの利用が盛んになっており、若い客層を増やすことや、新規の顧客を獲得することに、一役買っています。

PR

日本での市場規模

続いて日本での市場規模をご紹介します。

2017年ごろから少しずつ日本でも普及し始めたライブコマースですが、その利用者数やそもそもの認知度にはまだまだ伸び代があるようです。

世代別にも認知度はかなり異なり、マイクロミルの利用実態を調査したアンケートによると、ライブコマースを1番認知しているのは10代で、40%です。

そこからさらに、実際にライブ配信を見て、商品を購入したという人は14%ほどでした。

こうした流行を捉えて、近年日本でも参入する企業は増加傾向にあります

「ライブコマースの日本と中国の市場規模」については、詳しくはこちらの記事で解説しています。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは ライブコマースについて知りたい ライブコマースの知名度が知りたい ライブコマースの特徴が知りたい上記のように考えているかもしれません。この記事ではそんなあなたに「ライブコマ[…]

livecommerce

ライブコマースを始めるメリット

買い物

今後日本でも増加するとみられるライブコマース、取り入れるにあたってのメリットをご紹介します。

新しい客層を開拓できる

コロナ禍の今「巣ごもり消費」と言われる、オンラインでのショッピングはかなり需要が拡大加速しています。

「買い物をしたい!でも実際に見てからじゃないと不安」という消費者の購買欲を、ライブコマースによって満たすことができます。

このように、今までオンラインショッピングに安心感を持てなかった消費者を、客層として取り込むことができます。

商品の特徴が伝わりやすい

ライブコマースの1番の特性は、ライブ配信中に、販売者とコミュニケーションを取りながら商品購入が出来るという点です。

配信者は、自社の商品をあらゆる角度から見せ、特徴を細かく伝えることができます。

実際に試してみる事でお客さまからの質問を引き出し、悩みや不安をその場で解消することで購買につながりやすくなります。

また、実店舗のお買い物では、なかなか店員さんとお話しできないという方でも、オンラインでは気軽にチャット機能で質問が出来るため、より商品について詳しく知ってから購入を検討することが可能です。

ライブコマースを始めるデメリット

ショッピング

良い事ばかりに思えるライブコマースですが、実際始めるにはどんなデメリットがあるのは解説します。

配信者によりクオリティが変化する

ライブコマースは、配信者によって配信のクオリティーが変化します。

中国でライブコマースが発展した背景には、専門的でプロフェッショナルなインフルエンサーの存在があります。

ライブコマースは、「ライブ配信者がいかに商品の良さをお客様に伝えられるか」の他にも、「インフルエンサーそのものの知名度や人気度」に大きく左右されてしまいます。

そういった、消費者の購買意欲を掻き立てられる配信者を選定できるかどうかが重要です。

生配信の影響でアクシデントが発生する

ライブ配信では、販売者と購入者がリアルタイムで繋がるメリットのため、それに伴いアクシデントが発生する懸念もあります。

例えば、サービスを提供するサーバーのスペックによっては、集客が多すぎることにより動画が止まってしまい、特徴がうまく伝えられない可能性があります。

また、購入者側のデバイス環境の違いによっても、動画が止まってしまうことがあります。

ライブコマースは、双方向でのコミニュケーションを強みとするサービスですので、こういったトラブルによる信用性を損なわないように注意が必要です。

ライブコマースの始め方

パソコン画面

実際にライブコマースを始めるために必要な事を、順番に説明します。

①配信の目的、ストーリーを決める

企業と配信者の商品に対する知識のすり合わせの為に、まず目的をしっかり決めておく事が大切です。

また、円滑さやストーリー性エオ追求することで、視聴者の購買意欲を上げる事が出来ます。

②サービスの提供場所を決める

次に、どこでライブコマースを行なうかを決めます。

販売したい商品の対象年齢に合わせることや、目的によって決めて見てください。

  • SaaS型…自社サイトでの配信
  • SNS型…InstagramやFacebookでの配信
  • ECサイト型…大手サイトの中にショップをもって配信

②配信ツールを決める

日本にも配信ツールはたくさんあります。

その中でも、どのライブコマースが自社の商品とマッチしているか決めて見てください。

④配信者を決める

目的に合わせて、実際に配信する人を選定します。

インフルエンサーやタレントなどの、知名度ある配信者を雇い入れるパターンと、自社の社員を配信者として起用するパターンがあります。

短商品販売の目的や戦略によって使い分ける事が必要になります。

ライブコマースを成功させるコツ

背景

これからどんどん成長すると見られるライブコマースを、今から始めて成功させるには、大きく分けて3つのポイントがあります。

配信の目的を明確にする

まずは、ライブコマースの始め方①でお伝えした通り、配信の目的を明確にすることが大切です。

どんなに良い商品を用意しても、その良さを伝える目的を、正確に配信者が理解していなければ、購買には繋がらないでしょう。

ライブ配信で購入者とのやり取りがある事を踏まえ、予め商品販売のストーリーをきちんと立てておく事が必要です。

配信のクオリティを高める

配信のクオリティは、販売したい商品と配信者とのマッチングにかかっています。

現在ではライブコマースに適した配信者を育成するような企業も増えています。

プロの知見を利用することも、配信クオリティを高めるために必要になります。

データの分析を続ける

ライブコマースの特性には、視聴者とのリアルタイムのコミュニケーションがあるというご紹介をしました。

その質問やコメントをアーカイブとして残し、配信後には、コメントの内容・視聴者数・何がどれだけ購入されたのか、などの傾向を、データ分析して、次からの配信のために活かしていくことが大切です。

ライブ配信を分析することは、実店舗や今後の商品開発などの参考にもなり、販売促進の貴重なデータになります。

ライブコマースの始め方まとめ

クレジットカード

今回は、ライブコマースの始め方や成功方法について詳しくご紹介しました。

2024年までに日本のライブコマース市場規模は、急激に加速すると予測されています。

ECサイトでのショッピングが当たり前になった今だからこそ、ライブコマースをいち早く取り入れる事は、ウィズコロナを生き残る鍵となるかもしれません。

自社の商品販促のためにも、ライブコマースを検討してみてはいかがでしょうか。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド