モデルのキャスティング方法を解説!費用や仕事の依頼方法、注意点も紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • モデルのキャスティングに掛かる費用を知りたい
  • モデルに仕事を依頼する方法を知りたい
  • モデルのキャスティングの注意点を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回は、そんなあなたに向けて「モデルのキャスティングに掛かる費用や依頼方法」などをお伝えしていきます。

モデルをキャスティングする効果

モデルをキャスティングする効果

モデルをキャスティングすると高い宣伝効果を得られます。

例えば、企業の新製品をプロモーションする際にモデルをキャスティングすれば一気に華やかになるでしょう。

もしくは有名モデルに新製品を宣伝してもらえば、多くの人に対して一気に商品を宣伝できます。

モデルをキャスティングすると大きな宣伝効果を得られますが、特に女性用の商品やサービスと相性が良いです。

仮に人気モデルが愛用している商品として化粧水をアピールすれば、多くの人が興味を持って試したくなります。

女性モデルは美容品において強みを発揮するためおすすめです。

PR

モデルをキャスティングする費用相場

モデルをキャスティングする費用

モデルをキャスティングする際に掛かる費用の相場を解説していきます。

事務所専属モデル

事務所に所属する専属モデルをキャスティングするのにかかる費用は以下のとおりです。

内容料金
イベント出演20,000円~/1日
スチール撮影40,000円〜/1日
動画の撮影40,000円~/1日
SNSの投稿5,000円~/1投稿

キャスティング内容によって費用の目安は大きく異なります。

SNS投稿であれば比較的リーズナブルですが、撮影となると高額です。

撮影の場合は基本的に1日あたりで費用が決まります。

事務所へモデルのキャスティングを依頼する場合は、1日単位で計算しておきましょう。

また、専属モデルの場合はモデル事務所やモデルによって変わってくるのも特徴です。

上記は平均的な費用ですが、メディアの露出が多い人気モデルとなると上記の費用は余裕で上回ってきます。

中には1時間で数十万円から数百万円の費用が発生するモデルもいるため、契約の際には注意しなければいけません。

フリーランスモデル

フリーランスモデルのキャスティング費用はこちらです。

内容料金
イベント出演15,000円 ~ /1日
スチール撮影20,000円 ~ /1日
動画の撮影20,000円 ~ /1日
SNSの投稿2,000円 ~ /1投稿

事務所に所属せずフリーランスで活躍するモデルの場合は、比較的リーズナブルな価格でキャスティングできます。

フリーランスモデルに頼むメリットは費用が安いだけでなく、交渉の余地があるところです。

専属モデルだと事務所が定めた金額から値段を下げることは基本的にできません。

一方でフリーランスは個人間で取引するため、いくらでキャスティングされるのかも自分で判断することになります。

そのため依頼側が上手に交渉すれば、専属モデルのキャスティング費用より抑えることが可能です。

ただ、フリーランスモデルの中には事務所から独立して多数のファンを抱えている人もいます。

人気モデルともなると専属モデルより費用がかかることもあるため気を付けましょう。

PR

モデルに仕事を依頼する方法

モデルに仕事を依頼する方法

モデルに仕事を依頼する方法を解説していきます。

モデル事務所に直接依頼をする

専属モデルをキャスティングしたい場合は、そのモデルが所属する事務所へ連絡しましょう。

まずはキャスティングしたいモデルをSNSやネットでリサーチして、見つけたらその人が事務所に所属しているかどうか調べます。

事務所に所属していた場合は、モデル事務所のホームページにある問い合わせフォームからキャスティング依頼を出しましょう。

問い合わせたあとはキャスティング内容について具体的に話し合っていきます。

相談内容は多岐にわたり、例えば費用や仕事内容、スケジュールなどをこちらから提示しなければいけません。

提示した内容について事務所側が納得するとキャスティングが成立し、あとは広告作成を実行していきます。

事務所に直接連絡する場合はキャスティング内容をすべて考えなければいけない点がデメリットです。

キャスティング経験が豊富でなければ、事務所側から何度も修正をくらって余計な時間が発生します。

モデルのキャスティングに慣れていない場合は、キャスティング会社かタレントのサブスクサービスを利用するのが安全です。

モデルに直接依頼する

モデルをキャスティングするなら直接依頼する方法もあります。

多くのモデルはSNSにアカウントを持っているため、SNS経由で直接連絡を取ることが可能です。

特にフリーランスのモデルは連絡方法が限られるため、SNSから直接依頼すると良いでしょう。

モデルに直接依頼すると、そのモデルに直接話せるのが大きなメリットです。

事務所に連絡する場合は事務所チェックが入って、内容によってはうまくいかない可能性もあります。

しかし、モデル本人に直接交渉して、本人のやる気を引き出せればキャスティングに成功するでしょう。

直接モデルと会話したい場合は直接連絡するのもありですが、キャスティング内容についてはこちらから提示しなければいけません。

依頼者側にキャスティングの知識が求められるため注意が必要です。

キャスティング会社に依頼する

モデルのキャスティングに不安を抱えている場合はキャスティング会社に依頼しましょう。

キャスティング会社はモデルを起用したい企業とモデル事務所の間に立って交渉を進めてくれます。

キャスティングのプロが間に入ることで、一連の流れがスムーズに進みやすいのが大きなメリットです。

例えば、モデルのキャスティングに必要な費用の交渉やスケジューリングもすべて代行してくれます。

ほかにも、撮影本番の手続きも実行してくれるため依頼側としてはかなり楽です。

モデル事務所としてもキャスティング内容がしっかりとしていると安心して受諾できます。

このようにキャスティング会社を利用するメリットは大きいため、特にモデル起用に慣れていない場合にはおすすめです。

タレントのサブスクを利用する

第三者にキャスティングを依頼する方法のもうひとつに、タレントのサブスクサービスを利用することもあります。

タレントのサブスクとは、月額料金を支払ってタレントの画像を使えるサービスです。

本来、タレントには肖像権があるため自由に画像を使えませんが、タレントのサブスクサービスと契約すれば自由に使えます。

また、タレントのサブスクは料金が安く、月額10万円から利用することも可能です。

タレントをキャスティングするとなると、まとまった金額が必要になりますが、タレントのサブスクであれば初期費用をおさえてタレント起用できます。

モデルのキャスティング費用を下げるポイント

モデルのキャスティング費用を節約

モデルのキャスティング費用を少しでも抑えたい場合は以下で紹介する方法を試しましょう。

撮影時間を短くする

モデルのキャスティング費用は日給で決まることが多いため、撮影時間を短くすると費用を節約できます。

例えば、撮影時間を3日から2日にするだけで数万円の節約になります。

撮影をスムーズに終えるためにも、いかに準備を整えておくかが大切です。

撮影がスムーズに始まれば、すぐに終えられて費用を節約できます。

モデル撮影に不安がある場合は、キャスティング会社に依頼してスケジュールの組立てをサポートしてもらうのもおすすめです。

新人モデル・フリーランスモデルに依頼する

モデルのキャスティング費用を抑えるためにモデルを選定するのは効果的です。

モデルに限らずキャスティングは知名度の高い人ほど費用が上がる傾向にあります。

さまざまなメディアに出演している人は数百万円以上の費用がかかりますが、新人のような知名度が低いモデルはリーズナブルです。

そのため費用をおさえたい場合は、あまり知名度の高くないモデルを起用しましょう。

しかし、新人モデルだと撮影に慣れていないため撮影時間が伸びる可能性もあります。

新人を起用する場合は経験が浅い人でも安心して撮影できる環境を整えてあげましょう。

SNSで無料撮影を募集している人を探す

SNSを見ると無料撮影を募集しているモデルがいます。

無料でモデル撮影を依頼するのは、モデルとしての経験を積んだり、きれいな写真を撮ってもらえたりするなどさまざまな目的があります。

無料撮影の場合はこちらから費用を出すこともないため、無料でPRや撮影をすることが可能です。

ただ、無料撮影するモデルの中には実績のない人もたくさんいます。

無料撮影はもっともコスパが良いですが、撮影するまでの苦労が多くなるため気を付けましょう。

モデルのキャスティングの注意点

モデルのキャスティングの注意点

モデルをキャスティングする際は同業他社のリサーチが重要です。

人気モデルともなるとさまざまな企業からPRを依頼されていて、場合によってはすでに同業他社と提携していることもあります。

例えば、自社で脱毛サービスをPRしてもらいたい場合に、すでに他社の脱毛サービスの広告塔として活躍しているケースも珍しくありません。

同じモデルに対して同じ商品やサービスを宣伝してももらうと宣伝効果が落ちます。

モデルの広告を見たファンは、どちらがどちらのサービスが見分けづらく、アクセスが二分化されます。

モデル起用で失敗しないためにも、依頼する前にそのモデルがどの企業と提携しているのか確認し、同業他社を宣伝している場合は避けましょう。

モデルのキャスティング費用や依頼方法まとめ

モデルをキャスティング

この記事では「モデルのキャスティングに掛かる費用や依頼方法」などについて解説しました。

モデルのキャスティング費用は専属モデルで20,000~40,000円/1日、フリーランスで15,000~20,000円/1日です。

一般的に専属モデルに依頼した方が高くなるため、費用をおさえたい場合はフリーランスに依頼しましょう。

また、モデルを依頼する方法は主に4種類ありますが、スムーズにモデル起用するならキャスティング会社かタレントのサブスクがおすすめです。

キャスティングは経験がないと苦戦しますが、プロの力を借りることで満足のいくモデル起用が実現するでしょう。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG