おすすめのWebカメラ10選!動画配信やテレワークなど用途ごとに紹介

  • テレワークで使うWebカメラって何がおすすめなの?
  • 動画配信用に綺麗に撮影ができるWebカメラが欲しい!
  • Webカメラって何で選べばいいの?

今回の記事では、このような疑問を持つ方に向けて、参考になる情報を解説していきます。

テレワークや動画配信で活躍するWebカメラは、最近になって需要が高まっています。

在宅勤務でのビデオ会議や個人で行う動画配信など、さまざまな用途でWebカメラが使われるようになっています。

これからWebカメラの購入を考えている方にとっては、何を基準に選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。

そこで今回はWebカメラの選び方や用途に応じたおすすめ商品を紹介していきます。

Webカメラを選ぶ際のポイント

Webカメラ

Webカメラを選ぶ際のポイントは以下の4つです。

  • 画質
  • 音質
  • 撮影範囲
  • 使いやすさ

それぞれどのような点に注目すればいいのか、詳しく見ていきましょう。

PR

画質

Webカメラを選ぶ上で「画質」は、撮影のクオリティを左右する重要なスペックです。

テレワークであれば最低限自分の顔が相手に見えれば、それでいいかもしれませんが、動画配信を行うのであればより画質に優れるWebカメラを選んだ方がいいでしょう。

画質を見る上で注目すべき点は以下の3つです。

  • 画素数
  • 解像度
  • フレームレート

画素数が大きいほどより解像度の高い、綺麗な動画を撮影することができます。

解像度については「HD」「フルHD」「4K」などの表記がありますが、最低限のクオリティを確保するのであればHD以上のものが推奨されます。

フレームレートとは、簡単に言えば動画の滑らかさを表す数値のことです。

15、30、60FPSといったスペックがありますが、テレワークであれば15、30FPS、動画配信でクオリティにこだわるのであれば60FPSのWebカメラがおすすめです。

音質

Webカメラには、音声を収録するためのマイクが内蔵されているものもあります。

別途、マイクを用意するのであれば気にする必要はありませんが、カメラとマイクが一体のものを購入する際は音質にも気を遣ってみましょう。

動画配信はもちろん、テレワークにおいても自分の声が相手にはっきりと伝わるかどうかが重要です。

ノイズリダクション機能があるマイクであれば、周囲の雑音を打ち消してクリアな声を収録することができます。

撮影範囲

Webカメラを選ぶ際は、撮影できる範囲もチェックする必要があります。

一般的にWebカメラはパソコンに取り付けたり、デスクの上に置くため、自分とカメラの距離は近くなります。

画角が狭いカメラだと自分だけで画面一杯になってしまい使いづらくなってしまいます。

物を持ちながら動画配信を行ったり、複数人で撮影を行ったりする場合は、より画角の広いカメラがおすすめです。

PR

使いやすさ

自分の作業環境に合ったWebカメラを選ぶというのも重要なポイントです。

パソコンのディスプレイに取り付けるタイプなのか、デスクの上に置いて使用するタイプなのかによっても、作業環境に応じて選ぶべきWebカメラが異なるでしょう。

中には、360度首が回るWebカメラもあるため、より広範囲の撮影が可能です。

用途に応じて適したWebカメラを購入しよう

Webカメラ

Webカメラを購入する際は、使用用途に適した商品を選ぶのが重要です。

主なWebカメラの用途としては以下のものが考えられます。

  • 在宅勤務・テレワーク
  • 動画配信用
  • ペットや子供の見守り

では、それぞれの用途に適したWebカメラとは、どんなものなのか詳しく見ていきましょう。

在宅勤務・テレワークなら?

在宅勤務やテレワークであれば、カメラとしてのスペックはそこまで求められないでしょう。

画質に関しても自分の顔がクリアに撮影できれば、それで十分といえます。

ただ、ビデオ会議などで会話をする際は、自分の話がクリアに伝わるようマイクのスペックに目を向けてみてください。

Webカメラ自体に内蔵されたマイクや別途購入するマイクの音質が重要です。

また、複数人でWebカメラを使用する場合は、画角が広いものがおすすめです。

配信用なら?

動画配信で使用するのであれば、撮影スペックが良いものを選ぶのがおすすめです。

画質や音質などにこだわって、よりクオリティの高い撮影をしてみましょう。

解像度に関しては4Kだとより良いですし、フレームレートも60FPSであればより滑らかな映像が撮影できるでしょう。

動画のクオリティにこだわる方は、ぜひスペックの高いWebカメラを選んでみてください。

ペットや子供の見守り用なら?

Webカメラを使って外出中に家で過ごすペットや子供の見守りを行うという方もいるでしょう。

こういった場合には、暗い場所でもはっきりとした映像が撮影できるカメラがおすすめです。

暗所に強いWebカメラであれば、電気を切った部屋であっても子供やペットの様子をしっかりとチェックすることができます。

また、カメラ越しに声かけをするなど、見守り用カメラに適した機能が備わっているとより良いでしょう。

【動画配信向け】おすすめのWebカメラ5選

Webカメラ

ここからは動画配信向けのおすすめWebカメラを5つ紹介していきます。

今回ご紹介するのは以下の5商品です。

  • Logitech c920
  • DEPSTECH WEBカメラ D04-JP
  • マイクロソフト LifeCam Studio for Business
  • AUSDOM ウェブカメラ
  • Vitade 960A LEDライト付きウェブカメラ

それぞれの商品の特徴を詳しく見ていきましょう。

Logicool c920

ロジクールは、Webカメラの中でも人気の高いメーカーで、こちらの「c920」は画質・音質共にハイスペックな商品となっています。

フルHDの解像度に対応し、内蔵マイクにはノイズリダクション機能が備わっているので、クオリティの高い撮影が可能です。

パソコンに取り付けることもできますし、デスクに平置きするためのマルチスタンドも採用しています。

「Logitech c920」

DEPSTECH WEBカメラ D04-JP

DEPSTECHの「D04-JP」は、フルHDによる高解像と30FPSの滑らかな撮影が可能なWebカメラです。

マイクが内蔵されており、ノイズリダクション機能が備わっているので、自分の声をクリアに録音できるでしょう。

三脚も付属しているので、撮影の柔軟性が高いのも魅力的です。

「DEPSTECH WEBカメラ D04-JP」

マイクロソフト LifeCam Studio for Business

マイクロソフトの「LifeCam Studio for Business」は、オートフォーカス対応でフルHDの解像度に対応したスペックの高さが魅力です。

クリアな画質で撮影ができるので、動画配信のクオリティも高められるでしょう。

ただし、Windowsのみ対応でMacでは使えないため注意が必要です。

「マイクロソフト LifeCam Studio for Business」

AUSDOM ウェブカメラ

AUSDOMのWebカメラは、フルHDの解像度による美しい撮影を可能にしてくれます。

CMOSセンサーを搭載することで綺麗な撮影を実現し、内臓のマイクもノイズリダクション機能を備えています。

「AUSDOM ウェブカメラ」

Vitade 960A LEDライト付きウェブカメラ

Vitadeの「960A」は、デザインが可愛らしく、レンズの外周部分ライトが付いているので、顔を明るく照らすことができます。

動画配信で照明を用意する必要がなく、カメラ本体が顔の周りを照らしてくれるので、ただ撮影しているだけなのに明るく美しい撮影が可能です。

「Vitade 960A LEDライト付きウェブカメラ」

【テレワーク向け】おすすめのWebカメラ5選

Webカメラ

ここからはテレワーク向けのおすすめWebカメラを5つ紹介していきます。

今回ご紹介するのは以下の5商品です。

  • ロジクール(Logicool) HD WEBCAM C270n
  • バッファロー(BUFFALO) Webカメラ BSWHD06M
  • エレコム(ELECOM) UCAM-C750FBBK
  • サンワサプライ(SANWA SUPPLY) CMS-V45S
  • DEPSTECH WEBカメラ D04-JP

それぞれの商品の特徴を詳しく見ていきましょう。

ロジクール(Logicool) HD WEBCAM C270n

ロジクールの「C270n」は、2,000円程度というリーズナブルな価格ながらも、スタンダードな撮影スペックが魅力のWebカメラです。

画質は120万画素で、内蔵マイクもクリアに声を拾ってくれるので、テレワークでのビデオ会議にも向いています。

値段も安く、スペックも整っているのでテレワークの作業環境をコスパ良く揃えたい方におすすめです。

「ロジクール(Logicool) HD WEBCAM C270n」

バッファロー(BUFFALO) Webカメラ BSWHD06M

バッファローの「BSW505MBK」は、視野角が120度と非常に広いのが特徴で、200万画素という高画質も魅力的です。

上下左右に画角の調整が可能なので、複数人での使用や物を持った状態などでの動画配信にも向いています。

使い勝手がよく、価格もリーズナブルなので非常におすすめです。

「バッファロー(BUFFALO) Webカメラ BSWHD06M」

エレコム(ELECOM) UCAM-C750FBBK

エレコムの「UCAM-C750FBBK」は、コンパクトなサイズで取り回しが効きやすい軽量性が魅力のWebカメラです。

画素数が500万画素と優れており、音質もクリアなのでテレワークで使うには十分なスペックといえます。

価格もリーズナブルですし、仕事で1台持っておくと非常に便利です。

「エレコム(ELECOM) UCAM-C750FBBK」

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) CMS-V45S

サンワサプライの「CMS-V45S」は、素早いピント調整によって、自分の顔をはっきりを撮影してくれます。

マルチスタンドを使えば角度の調整は自由自在で、フルHD画質による撮影にも対応しています。

マイクも内蔵されているので、これ1台でテレワークでの用途なら何でもこなせるでしょう。

「サンワサプライ(SANWA SUPPLY) CMS-V45S」

DEPSTECH WEBカメラ D04-JP

DEPSTECHでラインナップされているこちらのWebカメラは、リーズナブルな価格と優れた撮影スペックが魅力です。

HD解像度に対応しておりテレワークには十分ですし、使用していない間はレンズに物理的なカバーがかけられるためプライバシーの保護にも役立ちます。

顔を強調する撮影技術が搭載されているため、照明がなくても明るくシャープな画像を映し出せます。

「DEPSTECH WEBカメラ D04-JP」

おすすめのWebカメラ10選まとめ

テレワークや動画配信でWebカメラの購入を検討している方も多いでしょう。

画質や音質、画角など用途に応じて必要なスペックを備えたWebカメラを購入してみてください。

自分に合ったWebカメラを購入して、快適な仕事環境や動画配信環境を作ってみましょう。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド