Streaming+(ストリーミングプラス)とは?評判や特徴を解説

この記事を読んでいるあなたは

  • Streaming+(ストリーミングプラス)って一体何?
  • どんなことができて、どんな特徴があるの?
  • 実際に使ってみた人からの評判は良いの?

上記のように考えているかもしれません。
この記事では、Streaming+(ストリーミングプラス)のサービス概要と特徴、口コミ情報についてお伝えしていきます。

なお、以下記事では投げ銭を導入できるおすすめのウェブサービス・ツール・アプリについてまとめているのでよければ確認してみてください。

関連記事

昨今新たな収益化手段として注目を浴びている投げ銭。 投げ銭を導入したいけどなかなか見つからない 各投げ銭サービスの違いを一括で知りたい 投げ銭の還元率等イマイチわからない…上記のように考えている方も多いのではな[…]

投げ銭できるウェブサービス・アプリ

Streaming+(ストリーミングプラス)とは

ストリーミングプラス

出典:https://eplus.jp/sf/streamingplus

Streaming+(ストリーミングプラス)は、チケット販売でよく知られているeプラスが提供する、有料チケット制のライブ配信サービスです。

音楽ライブだけにとどまらず、舞台、クラシック、イベント、トークショー、美術展など、さまざまなコンテンツを配信する予定とのことで、新型コロナウイルスの流行によって発信の場を失ったクリエイターを救う一手となりそうです。
自宅で視聴できるとあって、今までライブ会場に足を運んだことがない人が気軽に参加できる点も、魅力のひとつと言えるでしょう。

おすすめのライブ配信アプリ
こちらの記事もおすすめです

Streaming+(ストリーミングプラス)の特徴

ライブ

では、Streaming+(ストリーミングプラス)は、どのような特徴のあるサービスなのでしょうか。
ここでは、特徴を3つに絞って紹介していきます。

本物のライブに近いシステムが魅力

Streaming+(ストリーミングプラス)の特徴のひとつに、本物のライブに近付けている点が挙げられます。

たとえば、チケット1枚で観覧できるのは、端末1台まで。同じアカウントでログインすると、片方の端末でログアウトされる仕組みになっています。
さらに、チケットはライブを視聴する本人のみ購入可能で、友人や家族への譲渡はできません。
本物のライブに近い形を実現することで、ライブの特別感や収益システムを損なわないよう配慮されています。

アーカイブ配信対応なら何度でも見返せる

申し込みページにて「アーカイブ配信対応」となっているライブでは、視聴可能期間内であれば何度でも配信を見返すことが可能です。

生放送を視聴したけれどもう一度見たい人も、生放送の時間は都合が合わないけれど見逃し配信で見たい人も、どちらも視聴できます。視聴方法は、いずれも「生配信の視聴URLからのアクセス」なので、ライブ間近になって予定が合わなくなってしまっても安心です。

アーカイブ視聴期間はライブごとに異なりますが、長いものだと2週間に及ぶものも。チケット1枚の購入でそれだけ楽しめると考えると、リアルライブにも負けない魅力なのではないでしょうか。

おすすめのライブ配信アプリ
こちらの記事もおすすめです

チャットを使えばファン同士の交流も可能

生配信時のみに限られますが、チャットを使ったファン同士の交流も可能です。

ライブの楽しみは、アーティストを見るためだけではなく、ファン同士で盛り上がるところにもあります。オンライン上でもその魅力を損なわないよう、配慮されているのは嬉しいですね。

チャット送信に使用する名前とアイコンは事前に登録可能なので、ファン仲間やアーティストから認識しやすいように設定しておくと良いでしょう。

Streaming+(ストリーミングプラス)の評判

評価

つづいて、実際にStreaming+(ストリーミングプラス)を利用した人からの口コミを紹介します。

良い評判

  • 自宅でライブが見られるなんて嬉しい
  • チケット代1回分で数日間アーカイブが見れるなんてすごい
  • 音も想像よりきれいだし、映像もいい感じ

良い評判として多く挙がったのは、上記のような声です。

何かしらの事情があって今までライブ会場に行けなかった人や、人混みが苦手な人からも、高評価を得ていました。
アーカイブ配信があるので、リアルタイム鑑賞だと日程を合わせづらいという人にもおすすめですね。

さらに、アーカイブ配信に回数制限はないため、期間中であれば何度でも見直しが可能です。通常のライブだと、複数回見るためには回数分のチケット代金が必要になりますから、「Streaming+(ストリーミングプラス)はお得感が強い」と言えるでしょう。

悪い評判

  • アーカイブ期限が切れると視聴途中でも終わってしまう
  • テレビ視聴ができない

一方、マイナス評価の口コミで見られたのは、上記のとおり。

アーカイブ配信は便利な半面、終了時刻が来るとその時点で強制終了してしまいます。サブスクやニコニコだと、視聴さえ始めてしまえば最後まで見られるだけに、比較して「マイナス」と評価する人が多い様子でした。
アーカイブ視聴をするときには、期限からライブ時間を逆算して見始めるようにしましょう。

また、テレビ視聴に関しては「Chromecastが使えない」との声が目立ちました。この点に関しては、公式サイトにて「テレビ視聴には現在対応していない」と発表されています。
対応してるのは、パソコン、スマホ、タブレットの3種類です。「見ようと思ったら画面が映らなかった」とならないよう、対応OSなどを確認し、動作確認までした上でチケット購入をするようにしましょう。

Streaming+(ストリーミングプラス)は次世代のライブ鑑賞!チケット購入から視聴までひとつのサービスで完結する魅力

良い

Streaming+(ストリーミングプラス)は、チケット販売サービスを提供するeプラスが新しく始めた、有料ライブ配信サービスです。
チケット販売・チケット購入はeプラスサイトからおこなえるので、アーティストもファンも、今までのライブ同様の動きでスムーズに利用できます。

アーカイブに対応している配信であれば、チケット1回分の費用で何度でも見返しができますし、ライブ日程に合わせて休暇をとる必要もありません。評判を見る限りでは、音質や映像も良く、画面越しでも十分楽しめる内容に仕上がっているとのこと。さらに今後は、視聴画面からのライブグッズ購入や、アーティストへの投げ銭機能なども備わっていく予定です。

アーティストもファンも楽しめる次世代のライブ鑑賞システムとして、注目のサービスと言えるでしょう。