TikTokをビジネス活用する方法は?成功事例や運用方法を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokのビジネスアカウントについて知りたい
  • TikTokをビジネス活用するメリットが知りたい
  • TikTokを効率的にビジネス活用する方法が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回はそんなあなたに「TikTokのビジネスアカウントやTikTokをビジネス活用するメリット、効率的にビジネス活用する方法」について解説していきます。

【法人様必見】TikTok運用代行を任せるなら!

studio15

studio15」は、国内屈指のTikTok特化の運用代行会社です。

  • 総合フォロワー100万人超のTikToker事務所
  • TikTok特化で最前線トレンドを知り尽くしている
  • TikTok運用代行実績多数で安心して任せられる

など、TikTokに力を入れたい企業様におすすめの運用代行会社です。

studio15に運用を相談する

※公式ページに遷移後、CONTACTからご連絡ください。

そもそもTikTokとは

TikTokのマーク

TikTokとは中国で誕生した「ショート動画の配信アプリ」で、音楽に合わせて15秒から60秒の動画を作成できます。

日本では2019年からサービスが開始され、ユーザー数はすでに950万人を突破しています。

TikTokの特徴は、他のSNSに比べて10代や20代の若いユーザーが多いことです。

また、アジアだけでなく欧米やヨーロッパなどでも人気が高まっており、2020年時点の海外ユーザー数はおよそ7億人に及びます。

ちょっとした時間に他人の動画を見て楽しむ「視聴者ユーザー」も多く、TikTokは暇つぶしにも最適なアプリと言えるでしょう。

PR

TikTokのビジネスアカウントとは

TikTokでは、2020年4月に「TikTok For Business」というビジネスアカウントのサービスを開始しました。

TikTok For Businessのメリットは、ショート動画などで作成した「広告の掲載ができること」です。

これまでは、TikTokで広告を載せるためには広告代理店に依頼する必要があり、毎月その経費として100万円程度かかりました。

しかし現在はTikTok For Businessのおかげで気楽に広告掲載ができるので、自社ブランドを広めようと多くの企業がTikTokのビジネス活用を始めています。

TikTokをビジネス活用するメリット

メリット

TikTokをビジネス活用することで、以下の3つのメリットがあります。

  • 若い世代にアプローチできる
  • ブランドを世界中に広めるチャンス
  • フォロワー数に関係なく注目されやすい

それぞれ見ていきましょう。

若い世代にアプローチできる

TikTokは若年層のユーザーが多いため、10代や20代をターゲットとした商品・サービスの宣伝に適しています。

これまでは「テレビ広告」でアプローチする企業も多かったですが、現在は若年層のテレビ離れが進んでいるためテレビ広告は不向きです。

実際、NHK放送文化研究所が実施した2020年「国民生活時間調査」によると、19歳以下の1日のテレビ接触率は50%でした。

このデータからも、若年層をターゲットにする場合は10代の利用者が多いTikTokが効果的だとわかります。

PR

ブランドを世界中に広めるチャンス

TikTokは世界150カ国以上・75の言語で利用されているグローバルなアプリなので、ブランドや商品の魅力を世界中に広めることが可能です。

また、文字や写真が中心となる他のSNSに比べてTikTokは動画がメインなので、言語に関係なく世界中の人から受け入れられやすいメリットがあります。

さらに動画は人の記憶に残りやすく、海外進出などを考えている場合もTikTokの活用がおすすめです。

フォロワー数に関係なく注目されやすい

TikTokの「アルゴリズム機能」によって、フォロワー数が少なくても注目されやすいメリットがあります。

このアルゴリズム機能というのは、TikTokのメインページでユーザーごとの視聴履歴に基づいたおすすめ動画が表示されることです。

ちなみに表示される動画は、フォローの有無に関係ありません。

そのため一定数のフォロワーがいなければ拡散されなかった従来のSNSに比べて、TikTokはフォロワー数が少なくてもおすすめ表示され多くの人の目に留まりやすいです。

TikTokのビジネス活用の成功事例3選!

ジャンプ

ここでは、TikTokのビジネス活用によって成功した事例を3つ紹介します。

サントリー

サントリーでは「ペプシJコーラ」のプロモーションにTikTokを活用し、動画の総再生回数は1ヶ月で1,500万回を突破しました。

ここまで動画が再生された理由は、石川さゆりさんなど有名人が踊るダンスに注目が集まったからです。

また、ユーザーも真似できる簡単なダンスを取り入れていたので、ダンスのコピー動画を投稿する人も多くTikTokのビジネス活用として成功しました。

キレイモ

脱毛サロンのキレイモでは、TikTokで「#キレイモいいね割チャレンジ」を実施し、動画の総再生回数は2億回、チャレンジ参加者数は8万人に達しました。

自分の挑戦動画についた「いいね」の数に応じて割引をもらえたことが、多くの人が参加した理由です。

お客さんの低年齢化が進んでいる脱毛業界にとって、TikTokは若年層の人から注目を集めるための最適な手段だったと言えます。

ユニクロ

ユニクロのTシャツブランド「UT」では、インフルエンサーを選ぶオーディションとして「#UTPlayYourWorld」キャンペーンを実施しました。

日本だけでなく中国や台湾・アメリカ・フランスでも実施され、動画の総再生回数は3.3億回、動画投稿数はおよそ20万件でした。

これは海外ユーザーも多いTikTokを利用することで、グローバルにキャンペーンを広めた成功例でしょう。

TikTokを効率的にビジネス活用する方法

グッド

以下で紹介する3つの方法で、TikTokを効率的にビジネス活用できます。

  • インフルエンサーを起用する
  • ハッシュタグチャレンジを行う
  • 他のSNSと連携する

さっそく、一つずつ説明していきます。

インフルエンサーを起用する

視聴回数のアップを狙うには、人気のインフルエンサーを起用することが効果的です。

インフルエンサーといっても、女性から人気がある人や10代から人気がある人など、それぞれのファン層は異なります。

そのため、インフルエンサーを選ぶ際はまずその人のフォロワー層を確認した上で、企業イメージやターゲット層に見合う人を選びましょう。

ハッシュタグチャレンジを行う

特定の文章を「#」につけて投稿するハッシュタグチャレンジは「公式動画を見本にユーザーも参加できる」ので、ユーザーから親しみを持たれやすいです。

チャレンジページの最初にインフルエンサーが作成した動画を載せておくと、さらに話題が広まるでしょう。

友人や恋人と一緒に挑戦して投稿するユーザーも多いため、ハッシュタグチャレンジはブランドの認知度アップに最適です。

また、ユーザーが楽しめるように動画をシリーズ化するのも良いでしょう。

他のSNSと連携する

InstagramやTwitterなど他のSNSと連携すると、動画をさらに拡散でき、商品やブランドを幅広く宣伝できます。

例えばSNSの中でもとくに拡散能力が高いTwitterに投稿すれば、多くの人にリツイートされて注目が集まりやすいです。

また、人によって利用するSNSは異なるので、いくつか連携させることで多くの人の目に触れさせることが期待できます。

TikTokをビジネス活用する方法まとめ

TikTokの画面

この記事では「TikTokのビジネスアカウントやTikTokをビジネス活用するメリット、効率的にビジネス活用する方法」について解説しました。

TikTokは若年層のユーザーが多いことや、世界中で人気を集めていることが特徴です。

そのためTikTokでビジネス活用すれば、10代や20代をターゲットにした商品を効率よく宣伝したり、ブランドを海外に広めたりすることが可能になります。

TikTokのビジネス活用法で悩んでいる人は、今回ご紹介した「TikTokを効率的にビジネス活用するための3つの方法」を試してみてはいかがでしょうか。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド