Twitter広告とは?種類や費用、広告効果などを解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • Twitter広告の種類が知りたい
  • Twitter広告の費用が知りたい
  • Twitter広告の特徴や効果が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では「Twitter広告の種類や費用、広告効果や特徴」について説明していきます。

そもそもTwitter広告とは?

Twitterアイコン

Twitter広告とは、Twitterユーザーのタイムラインや検索結果、プロフィールページなどに自社の広告を表示できるサービスのことです。

国内におけるTwitterの利用者数は4,500万人と言われており、とくに10代や20代の若年層から人気を集めています

このように利用者数が多いTwitterに広告を掲載することで、自社ブランドの認知度や売上アップを期待することができます。

PR

Twitter広告の特徴や効果

チェック

Twitter広告の特徴・効果は以下の3つです。

  • 潜在顧客にアプローチできる
  • 広告費用を抑えつつ成果を出せる
  • 若い世代にアプローチしやすい

それぞれ順番に見ていきましょう。

潜在顧客にアプローチできる

Twitter広告は、通常のツイートと同様にリツイートで多くの人の目に留まるため、潜在顧客へのアプローチに繋がります

なお広告は、自社ブランドを全く知らないようなユーザーのタイムラインにも配信されます

そのため「ターゲティング広告」と呼ばれる顕在層を対象にした広告よりも、多くの人にアプローチが可能です。

広告費用を抑えつつ成果を出せる

Twitter広告では、リツイートから発生したアクションについては課金されないため、少ない予算で成果を出すことができます

リツイート数を増やすためには、若者の間で話題になりそうな広告やキャンペーンを考えるとよいでしょう。

広告が拡散されればされるほど、企業は広告費を削減できるといえます。

PR

若い世代にアプローチしやすい

Twitterのメインユーザーは10代~20代となっているため、Twitter広告を利用して若年層へのアプローチが可能です。

これまで多く活用されてきたテレビ広告では、若年層のテレビ離れが進んでいるため効率よくアプローチできません

それに比べてTwitterであれば若年層の利用時間は長く、広告も注目されやすいでしょう。

Twitter広告の種類

スマホを使う女性

Twitter広告には、以下の5つの種類があります。

  • プロモツイート
  • プロモアカウント
  • プロモトレンド
  • プロモトレンドスポットライト
  • ファーストビュー

一つずつ詳しく説明していきます。

プロモツイート

プロモツイートとは、主にユーザーのタイムライン上に表示される広告のことで、Twitter広告の中でも一番利用されています

下部に「プロモーション」という表記が加わりますが、広告感が出にくいためユーザーからも受け入れられやすいです。

また通常のツイートと同様に画像やリンクを添付したり、広告を見たユーザーもいいねや返信・リツイートしたりできます

タイムラインはTwitterを開くと最初に表示される画面であるため、アカウントの認知度を上げる目的であればプロモツイートは最適です。

プロモアカウント

プロモアカウントとは、自社のアカウントに興味がありそうなユーザーにのみ表示させる広告のことです。

自社のファンになってくれそうな潜在顧客を早く見つけたり、商品を効率的に広めたりできるメリットがあります。

また通常のツイート形式であるプロモツイートに対して、プロモアカウントではプロフィールページのような広告形式になっています。

そのためプロモアカウントを利用する際は、あらかじめ自社の魅力が伝わるプロフィールを作成しておきましょう。

プロモトレンド

プロモトレンドとは、Twitterの検索ページにある「おすすめ」と「トレンド」欄の最上部やタイムラインに24時間表示される広告のことです。

1日1社だけの買取型広告で、プロモツイートやプロモトレンドに比べて大きなインパクトをユーザーに与えられる魅力があります。

そのためお盆休みや年末年始など、普段よりスマホを使うユーザーが多い期間を狙って実施するのも効果的です。

プロモトレンドは、短期間で集中的にフォロワーを増やしたい場合や、ブランドの認知度を一度で多くの人に広めたい場合に最適でしょう。

プロモトレンドスポットライト

プロモトレンドスポットライトとは、静止画だけでなく6秒間の動画やGIFも表示できる広告のことです。

動画は人の記憶に残りやすかったり、文章より人の目に留まりやすかったりするメリットがあります。

そのため他の広告と差別化を図りたい人や、臨場感ある広告を作りたい人はプロモトレンドスポットライトの活用がおすすめです。

また動画や画像が広告として表示されるのは1人のユーザーにつき1日2回までで、それ以降はプロモトレンドと同じ表示方法になります。

ファーストビュー

ファーストビューとは、ユーザーがその日いちばんに見る広告として、最初に開いたタイムラインの最上部に表示される広告のことです。

プロモトレンドと同様に1日1社だけの買取型広告ですが、ファーストビューでは実施日の早い時間帯にリーチ数やインパクトを獲得できます。

なお以前はファーストビューとプロモトレンドがセットになっており「2つの広告を活用するのは嫌だ」と考える人もいました。

しかし現在は「ファーストビューオンリー」という広告メニューができたため、ファーストビューのみで利用可能です。

Twitter広告の費用

貯金箱

Twitter広告の費用は「課金方式」と「入札方式」の2種類に大きくわけられます。

課金方式

課金方式とは、あらかじめ設定したキャンペーンの目的が達成されたときに課金が発生することです。

例えばキャンペーンの目的として「フォロワーの獲得」を選んだ場合、広告を見たユーザーからフォローされると課金が発生します。

他にも広告に載せた動画が視聴されたときに発生する「視聴課金」「クリック課金」、エンゲージメント課金」などがあります

入札方式

入札方式には「自動入札」「上限入札単価」「目標入札単価」の3種類があります。

自動入札

自動入札とは入札額が自動で最適化される方式のことで、Twitter広告が初めてだったり入札額で悩んだりする人におすすめです。

しかし場合によっては単価が高くなりすぎることもあるので、運用について自己検証する必要があります。

上限入札単価

自己入札単価とはあらかじめ支払金額の上限を設定しておく方式のことで、メリットは予算を超える心配がないことです。

金額を低く設定しすぎると広告の表示回数が少なくなり落札できないので、少しずつ調整するようにしましょう。

目標入札単価

目標入札単価とは、アクションにおける1日あたりの平均額が目標値に近づくよう自動で調整される方式のことです。

目標入札単価はフォロワー獲得・Webサイトへの誘導を目的とするキャンペーンで利用できます。

Twitter広告の種類や費用、広告効果まとめ

Twitter画面

この記事では「Twitter広告の種類や費用、広告の特徴や効果」について解説しました。

Twitter広告とは、ユーザーのタイムラインや検索結果などに自社の広告を表示できるサービスのことです

これを活用することで潜在顧客にアプローチしたり広告費用を抑えて成果を出したりすることが可能になります。

今回ご紹介した広告の種類・費用を参考に、ぜひTwitter広告を活用してみてはいかがでしょうか。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド