YouTuberに案件を依頼して失敗する理由は?依頼時のチェックポイント

  • YouTuberに案件を依頼して失敗する理由が知りたい
  • YouTuberに依頼するときのポイントって何?
  • YouTuberに案件を依頼する流れを教えて!

今回の記事では上記のような疑問をお持ちの方に向けて参考となる情報を解説してきます。

最近では企業がYouTuberに依頼してコラボ動画を制作し、商品やサービスのプロモーションに活用する手法が一般的になってきました。

人気のYouTuberを起用することで、ファン層に向けた効果的なマーケティング施策ができる一方で、必ずしも成功するわけではありません。

広告効果を期待して案件を依頼したのに、思ったような成果が上げられず失敗してしまうこともあるでしょう。

そこで今回はYouTuberに案件を依頼して失敗する理由について解説していきます。

YouTuberに依頼をするときのポイントや流れも紹介するのでぜひ参考にしてみてください!

Youtuberに依頼をして失敗する理由

YouTuber 依頼 失敗 理由

YouTuberに案件を依頼して失敗する理由としては主に以下の5つが考えられます。

  • 企業とYoutuberの方向性がズレている
  • 再生数が伸びず集客に失敗した
  • 広告感が強すぎる
  • バズりを意識し過ぎてコンテンツの質が低い
  • 視聴者目線の動画になっていない

では、それぞれどういった理由なのか詳しく見ていきましょう。

PR

企業とYoutuberの方向性がズレている

企業が宣伝したい・伝えたい内容や意図に対して、依頼したYouTuberのキャラクターや方向性がズレていると効果的なプロモーションを行うのは難しくなってしまうでしょう。

企業の商品やサービスとYouTuberの方向性がズレているということは、YouTuberのファン層ともズレている可能性が考えられるでしょう。

また、YouTuberが制作した動画が、商品・サービスの魅力を伝えるのに不十分な内容であるケースも考えられます。

打ち合わせ不足などが原因として挙げられますが、動画を制作する際はYouTuberに任せきりにするのではなく、制作過程をチェックしながらズレがないかを確認しなければなりません。

再生数が伸びず集客に失敗した

せっかく企業とコラボして動画を制作しても、肝心の再生回数が伸びなければプロモーション効果は薄いでしょう。

Youtubeマーケティングは、動画が再生されることで効果が得られる手法でもあるので、この部分が伸び悩むのは致命的です。

ユーザーが思わず視聴したと思える動画が作られているのか、動画の内容だけでなく、タイトルやサムネイルなど細かい部分に気を遣いながら、より再生してもらえる動画を制作しましょう。

広告感が強すぎる

YouTuberとのコラボ動画ということで視聴者はあくまでコンテンツを求めているのですが、そこで広告感の強い動画を制作してしまうと嫌悪感を示されてしまいます。

もちろんプロモーションである以上、広告感を取り除くのは難しいかもしれませんが、YouTuberとコラボする以上、視聴者に受け入れられる内容でなければなりません。

商品やサービスの魅力をただ伝えるだけでなく、視聴者を楽しませる要素をいかに盛り込むかが重要です。

PR

バズりを意識し過ぎてコンテンツの質が低い

目立つことばかりを意識しすぎてコンテンツとしての質が低いのも失敗の原因として挙げられます。

もちろん動画がバズったり、再生回数が伸びたりすることは重要ですが、最終的な目的は商品やサービスの認知や検討、購買といったところです。

一発狙いの動画を意識して狙うのではなく、継続的に質の高いコンテンツを作り続ける中でバズ動画を生み出していくという方向性を意識してみてください。

視聴者目線の動画になっていない

企業目線で商品やサービスの魅力を伝えても、なかなか視聴者にはとどきにくい傾向にあります。

動画コンテンツにおいて重要なのは「企業が伝えたいこと」よりも「視聴者が知りたいこと」です。

視聴者目線でニーズを把握しながら、ターゲットとなる層が求める情報を盛り込んだ動画を作らないと興味を持ってもらえないでしょう。

Youtuberに依頼して成功するためのポイントは?

YouTuber 依頼 失敗 理由

YouTuberに依頼をして成功させるためのポイントは主に以下の4つです。

  • 他メディアとYoutubeの評価軸の違いを理解する
  • 企業の商品やサービスとマッチしたYoutuberを起用する
  • 最初は費用を抑えた動画を制作する
  • 広告感やビジネス感を出さない動画を心がける

YouTuberとコラボするときはYoutubeの特性を理解した上で、メディアに合った戦略を作り上げていきましょう。

他メディアとYoutubeの評価軸の違いを理解する

Youtubeはテレビやラジオといった既存メディアとは異なる評価軸を持っていることを意識しなければなりません。

いくらテレビで有名な人気芸能人であっても、Youtubeを中心に視聴しているユーザーには全く知られていないケースもあります。

また、Youtubeでは「再生回数」や「高評価」といった人気度を測る指標がリアルに表示されているメディアでもあるため、クリエイターの実力や人気が簡単にわかってしまいます。

他メディアよりも厳しい実力社会とも言えるので、違いをしっかりと理解した上で依頼をしてください。

企業の商品やサービスとマッチしたYoutuberを起用する

YouTuberに依頼をするときは企業の商品やサービスとマッチしているかを検討してください。

いくら人気の高いYouTuberであっても、ここでミスマッチが起きてしまうと効果的なマーケティングは難しくなります。

逆に、コラボ動画が炎上してネガティブな効果をもたらす可能性も考えるでしょう。

YouTuberに依頼をする上でキャスティングの重要度は非常に高いので、自社の商品やサービス、マーケティングの方向性などを検討した上で起用するYouTuberを決めてみてください。

最初は費用を抑えた動画を制作する

Youtubeにおける動画制作の費用はクオリティや規模によって大きく異なりますが、最初は低予算の動画から始めるのがおすすめです。

Youtube自体費用を抑えたシンプルな動画が多い傾向にありますが、最初から多額の予算をかけたコラボ動画を制作してしまうと失敗したリスクが大きくなってしまいます。

そのため、最初はお金をかけることよりも視聴者を満足させることに集中しながら再生回数を伸ばしていってください。

広告感やビジネス感を出さない動画を心がける

Youtube動画に広告感やビジネス感を出してしまうと視聴者はすぐに離れてしまいます

いかにコンテンツとして動画を制作していくか、そして商品やサービスの情報を伝えるかを上手に両立させなければなりません。

それでもより重要なのは視聴者に面白い動画を届けるという「コンテンツ性」です。

視聴者を惹きつける動画を制作しながら効果的なマーケティングをしていきましょう。

Youtuberに案件を依頼する際の流れ

YouTuber 依頼 失敗 理由

YouTuberに案件を依頼するときの流れは以下のようになります。

  • Youtuberのキャスティング
  • 依頼内容や報酬などの交渉を行う
  • 商品やサービスを体験してもらう
  • Youtuberが動画を制作する
  • 効果測定を行う

それぞれの行程でどのようなことをするのか詳しく見ていきましょう。

Youtuberのキャスティング

まず最初に商品やサービスのプロモーションを依頼するYouTuberをキャスティングしていきます。

自社のブランドイメージや商品の特性、YouTuberの人気度、知名度、ファン層などを考慮しながら依頼する人物を絞り込んでいきましょう。

依頼内容や報酬などの交渉を行う

依頼するYouTuberが決まったら、相手方に依頼内容や報酬といった諸条件を伝えて交渉を行っていきましょう。

事務所に所属しているYouTuberであれば、各依頼内容に応じた報酬なども決まっている可能性があるので、比較的スムーズに進められるでしょう。

商品やサービスを体験してもらう

YouTuberに動画を制作してもらう前に商品やサービスの体験をしてもらう必要があります。

商材によっても異なりますが、YouTuber自身が体験していなければ動画に説得力が生まれません。

実際に体験することで商品やサービスを深く理解してもらい、動画制作に活かしてもらいましょう。

Youtuberが動画を制作する

ここからYouTuberがコラボ動画を実際に制作していきます。

途中過程も含めて細かく打ち合わせを繰り返しながら、イメージとのミスマッチがないかを確認しておきましょう。

効果測定を行う

動画が公開されたら一定期間を経た上で効果測定を行っていきます。

再生回数や高評価数はもちろん、再生→公式サイト、ECサイトへのアクセスや購買数といったデータも重要です。

効果測定をすることで課題を明確にし、修正が必要であれば改善を繰り返していきましょう。

Youtuber活用の失敗リスク防止には代理店の利用もおすすめ

YouTuber 依頼 失敗 理由

YouTuberへの依頼はキャスティングが重要なのですが、会社によっては「誰に依頼すればいいかわからない」とお困りのケースもあるはずです。

知識もない中でキャスティングをすると思わぬミスマッチを招くこともあるので、そのような際は代理店を利用するのがおすすめです。

SNSマーケティング会社やプロダクションを利用すれば、それぞれの企業や商品、企画内容に合ったYouTuberをキャスティングしてくれます。

失敗するリスクを大幅に軽減できるので、キャスティングに不安がある場合は利用してみてください。

YouTuberに案件を依頼して失敗する理由は?依頼時のチェックポイント:まとめ

YouTuberに案件を依頼して失敗する理由や依頼時のチェックポイントについて解説しました。

動画マーケティングにおいてYoutubeは特に多く用いられる手法ではありますが、その分競合相手が多く、効果を出すには明確な差別化も必要となります。

ただ「YouTuberとコラボしよう」だけでは失敗を招いてしまうので、今回の記事を参考に1つ1つ熟考した上でYouTuberに依頼をしてみてください。

 data-src=" width="1280" height="768" >

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG