インフルエンサーの使い方は?効果的な活用方法や注意点をご紹介

  • インフルエンサーの効果的な使い方は?
  • インフルエンサーを活用するメリットは?
  • インフルエンサーを起用するときの注意点は?

今回の記事は上記のような疑問をお持ちの方に向けて参考となる情報を解説していきます。

「インフルエンサー」という言葉は今や当たり前に使われるようになりましたね。

企業のマーケティング施策においてもインフルエンサーを活用することで、消費者に対して効果的な訴求が行えるようになっています。

そこで今回はインフルエンサーの効果的な活用方法や注意点について解説していきます。

インフルエンサーの使い方をばっちりマスターしていきましょう!

インフルエンサーとは?

インフルエンサー 使い方

「インフルエンサー」は、影響や感化という意味を持つ「influence」を語源とする言葉で、世の中に対して大きな影響力を持つ人物のことを指します。

例えば、タレントや俳優はもちろん、ファッションモデルやアスリート、Youtuberなども含まれるでしょう。

主にSNSやインターネット上での影響を持つ人物がインフルエンサーに当たるようで、マーケティングにおいては消費者の購買意思決定に影響を与える存在として重要視されています。

また、マーケティング施策においてターゲット層に影響を与える人物を起用する「インフルエンサー・マーケティング」も注目を集めています。

PR

インフルエンサーの使い方

インフルエンサー 使い方

企業のマーケティング施策の1つとして「インフルエンサー・マーケティング」が注目を集めています。

従来であれば企業が直接消費者にアプローチをすることで、商品やサービスの訴求を行っていたのですが、インフルエンサー・マーケティングでは、企業と消費者に間にインフルエンサーが存在して消費者に影響を与えていきます。

企業は自社のブランドや商材にマッチしたインフルエンサーを起用し、PRなどを行ってもらうことで消費者の購買に対して影響を与えることができます。

これまでの方法よりも消費者の視点に近く、共感性の高いマーケティング施策が可能になっているため注目を集めています。

インフルエンサーを活用するメリット

インフルエンサー 使い方

インフルエンサーを活用するメリットとしては以下の5点が挙げられます。

  • 柔軟なマーケティング施策が可能
  • ターゲット層に効果的な訴求ができる
  • 消費者目線のレビューが発信できる
  • 広告色を少なくできる
  • 効果測定がしやすい

では、それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

柔軟なマーケティング施策が可能

インフルエンサーを活用したマーケティングでは、柔軟かつ幅広い施策が可能になります。

例えば、インフルエンサー自身に商材を送って感想を投稿してもらう手法や、イベントや観光地に招きレポートをしてもらう手法、新商品おコラボレーションや商品紹介、アンバサダー契約などさまざまです。

「企業やブランドの認知度を高める」「製品の購買を高める」など、マーケティング施策の目的はさまざまですが、インフルエンサーを活用することで、幅広い施策の中からベストなやり方を選択できるでしょう。

PR

ターゲット層に効果的な訴求ができる

インフルエンサーは、個人のSNSなどを通じてファッションやコスメ、グルメなどジャンルに特化した投稿を続けているため、それらのジャンルに関心の強いフォロアーを多く抱えています。

そのため、インフルエンサーを起用すると、年齢や性別、ジャンルなどの明確なターゲット層に対してマーケティングを行うことができます。

消費者目線のレビューが発信できる

インフルエンサーに対して商材のレビューを依頼する形のマーケティングを行えば、消費者目線のリアルな発信が可能になります。

広告色が強くないためユーザーも受け入れやすく、商品の細かい情報を伝えることができる上に、適切なフィードバックも受けることができるでしょう。

広告色を少なくできる

従来の宣伝やPRの手法に対して、インフルエンサーを起用したマーケティングは広告色を弱くできるので、消費者に受け入れやすいのが特徴です。

インフルエンサーによる口コミやレビューであれば、良い部分・悪い部分の両方を正直に伝えてくれるため、ユーザー側としても広告ではなく「参考にできる情報」として受け取ることができるでしょう。

効果測定がしやすい

インフルエンサーを起用したマーケティングはネット上で活動を行うため、施策による効果測定が容易にできます。

リーチ数やエンゲージメント数、シェア数など、さまざまな指標があるのでマーケティングの目的に応じて適切なKPIを設定していきましょう。

インフルエンサーを活用するデメリット

インフルエンサー 使い方

インフルエンサーを活用するデメリットとしては以下の2点が挙げられます。

  • キャスティングが難しい
  • 炎上リスクがある

デメリットも把握した上でインフルエンサーを使ってください。

キャスティングが難しい

インフルエンサーを起用したマーケティングは、「誰を起用するか」によって成功の可否が分かれるほどキャスティングが重要になります。

単純なフォロアーの多さだけでなく、自社やブランドとの親和性やインフルエンサーの投稿内容・質など、さまざまな点を考慮しなければなりません。

マーケティングの目的に合わないインフルエンサーを起用すると効果が出ないだけでなく、消費者に反感を買ってしまう恐れもあるので注意してください。

炎上リスクがある

インフルエンサーを起用したマーケティングを行うと「ステマ」と受け取られて炎上するリスクがあるので注意しなければなりません。

ステマだと思われた時点で企業やブランドの社会的な信用を失ってしまうので、あくまでマーケティングの一環であることを明示した上で細心の注意を払う必要があります。

インフルエンサーを使うときのポイント

インフルエンサー 使い方

インフルエンサーを活用する際は以下の4点を意識してみてください。

  • インフルエンサーを活用する目的を明確にする
  • マーケティング施策に対して適切なKPIを設定する
  • 自社の商材にマッチしたインフルエンサーを起用する
  • インフルエンサーも含めた管理で炎上を防止する

1つずつ詳しく見ていきましょう。

インフルエンサーを活用する目的を明確にする

インフルエンサーを起用することを目的にするのではなく、インフルエンサーを使ってどのような目的を達成するのかを明確にしてください。

「新しいブランドの認知度向上」や「購買の促進」など、マーケティング施策の具体的な目的を立てた上で、どのインフルエンサーを起用するのか、どのような施策を行うのかを決定します。

マーケティング施策に対して適切なKPIを設定する

マーケティング施策の効果測定を行うために、適切なKPIを設定しなければなりません。

例えば、認知度の拡大が目的であれば「リーチ数」や「動画再生数」が有効なKPIになるでしょう。

購買が目的であれば「SNSからのサイトアクセス数」や「購買数」などをKPIとして設定しなければなりません。

どんな目的に対して、どの指標をKPIにするのかを理解した上で適切な効果測定を行ってください。

自社の商材にマッチしたインフルエンサーを起用する

インフルエンサーを起用するときは自社の商材とマッチした人物を選定しなければなりません。

マーケティング上のターゲット層のフォロアーを多く抱えている人物や、投稿内容と自社のブランドとの親和性、コンプライアンス面なども考慮する必要があるでしょう。

最近では、フォロアーを金銭で購入して水増しをするインフルエンサーも多いので、フォロアー数だけで起用するのは控えたほうがいいでしょう。

インフルエンサーも含めた管理で炎上を防止する

マーケティング施策の中で余計な炎上リスクを排除するためにも、インフルエンサーも含めてきちんとした管理を行わなけれなりません。

依頼をしたインフルエンサーに対するケアはもちろん、投稿内容の事前チェックも必要です。

もちろんインフルエンサーの裁量を奪いすぎるのは良くありませんが、リスクを防止するための管理体制は必ず用意しておきましょう。

インフルエンサーの使い方は?効果的な活用方法や注意点をご紹介:まとめ

インフルエンサーの効果的な活用方法や注意点について解説しました。

マーケティング業界においてもインフルエンサーを活用した施策は拡大傾向にあり、今後も存在感を強めることが予想されるでしょう。

広告色が少なく消費者に受け入れられやすく、ユーザーを楽しませるコンテンツという点でも注目ですね。

インフルエンサーを活用したマーケティングのメリット・デメリットを把握して、効果的に活用してみてください!

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド