投げ銭とは?投げ銭を受ける方法やおすすめサービスをご紹介

最近、ライブ配信者やゲーム実況者、アーティストなどが「投げ銭」で収益化をして話題になりました。

無料でコンテンツを提供してくれる方に感謝の気持ちを伝えたり、応援したりできるこの投げ銭という仕組みはますます注目されていくでしょう。

この記事では、投げ銭の仕組みやメリットデメリット、おすすめのサービスなどをご紹介します。

 

なお、以下記事では投げ銭ができるウェブサービス・ツール・アプリについてまとめているのでよければ確認してみてください。

関連記事

昨今新たな収益化手段として注目を浴びている投げ銭。 投げ銭を導入したいけどなかなか見つからない 各投げ銭サービスの違いを一括で知りたい 投げ銭の還元率等イマイチわからない…上記のように考えている方も多いのではな[…]

投げ銭できるウェブサービス・アプリ

投げ銭とは?投げ銭の仕組み

投げ銭とは、応援したい相手に金銭やギフトを提供することです。

最近ではライブ配信サービスYouTubeやShowroomなどのライブ配信アプリを通じて投げ銭を送るユーザーが増えています。

 

路上ライブや、大道芸人がチップの箱を置いて「おひねり」や「観劇料」をもらっているイメージに近いです。

ライブ配信を通じて視聴者にコンテンツを届け、その対価として投げ銭を受け取ります。

投げ銭は今やライブ配信の収益化手段としては欠かせない物となっています。

投げ銭のメリット

  • 配信者、アーティストの収入源確保
  • 直接的に応援ができる

配信者やアーティストは人気になるまでは、なかなか収入を確保することが難しいです。

生活するためバイトなどを掛け持ちして活動をしている場合も少なくありません。

投げ銭を通じて支援を受けられることで少しでも活動に時間を割くことができるようになるため、投げ銭は生活の収益源としてのメリットが大きいです。

また、投げ銭を通じての支援は、よくわからない広告収入システムとは違って直接相手に届きやすいので、応援しやすいのもメリットです。

投げ銭のデメリット

  • 多額の投げ銭トラブル

収入源や応援の手段としてメリットのある投げ銭ですが、デメリットも存在します。

配信者やアーティストを想う気持ちが高まりすぎて多額の投げ銭をしてしまう視聴者や、一部配信アプリでランキングを競ってしまって自分の生活水準以上のお金を投げ銭してしまう例があります。

投げ銭は自分の生活を脅かさない程度に、そして配信者も視聴者を煽って投げ銭を求めなすぎないことが大切です。

 

投げ銭ができる主要サービス

実際に投げ銭を受けることができるサービスを紹介します。

 

なお、以下記事では投げ銭ができるウェブサービス・ツール・アプリについて一覧で詳細に紹介しているのでよければ確認してみてください。

関連記事

昨今新たな収益化手段として注目を浴びている投げ銭。 投げ銭を導入したいけどなかなか見つからない 各投げ銭サービスの違いを一括で知りたい 投げ銭の還元率等イマイチわからない…上記のように考えている方も多いのではな[…]

投げ銭できるウェブサービス・アプリ

ライブ配信アプリ

SHOWROOM(ショールーム)

言わずとしてたライブ配信アプリの先駆けSHOWROOMです。アイドルやアーティストなどが幅広く配信しているライブ配信アプリです。

視聴者からアイテムを受け取ることで、収益を受け取ることが可能です。

関連記事

みなさんはライブ配信アプリをご存知ですか?ライブ配信アプリでは芸能人から一般人まで誰でも自由に配信を行うことができ、若い世代を中心に人気を集めています。この記事ではライブ配信アプリ「SHOWROOM(ショールーム)」の特徴や[…]

showroom

Pococha(ポコチャ)

大手企業DeNAが運営するライブ配信アプリです。

「ダイヤ」というアイテムを受け取ることで収益を受け取ることが可能です。

関連記事

今若い世代に爆発的人気を誇る「ライブ配信アプリ」。この記事ではライブ配信アプリ「Pococha(ポコチャ)」についてご紹介していきます。ライブ配信に興味のある方や、Pococha(ポコチャ)の使い方(視聴方法・配信方法)を知[…]

17LIVE(イチナナ)

今最も勢いのあるライブ配信アプリといえば17LIVEです。

ギフトという投げ銭や、視聴回数で変動するボーナスポイント、期間限定イベントでもらえるプライズポイントなど3つの収益ポイントが存在します。

関連記事

最近最も勢いがあると言われているライブ配信アプリが17LIVE(イチナナライブ)です。この記事では17LIVE(イチナナライブ)の使い方をわかりやすく解説します。 なお、別の記事ではおすすめのライブ配信アプ[…]

17live_eyecatch

 

ライブ配信サービス投げ銭機能

SuperChat(スパチャ)

YouTube(ユーチューブ)に備わる投げ銭機能です。1,000登録者数、4,000再生時間、ガイドライン違反がない配信者が利用できる投げ銭機能です。

少々収益化までハードルが高いのがネックです。

関連記事

スパチャって何? スパチャの使い方がわからない 配信者としてスパチャを使うためには?YouTubeのスパチャ(スーパーチャット)に関してこういった疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか?この記事ではY[…]

superchat_kv

Bits(ビッツ)

日本ではゲーム実況界隈以外での知名度が低いですが、Twitch(ツイッチ)というライブ配信サービスの投げ銭機能がBits(ビッツ)です。

関連記事

TwitchのBits(ビッツ)って何? どういうタイミングでビッツは投げるの? 配信者としてビッツを使うためには?TwitchのBits(ビッツ)に関してこういった疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか?[…]

twitch_bits

 

投げ銭サービス

Doneru

YouTubeアカウント、Twitchアカウントがあれば誰でも投げ銭のリンクを発行できるサービス。

OBSと連携させれば、投げ銭を受けた時画面上にカスタマイズしたポップアップが出せる。ライブ配信中のチャットを画面上に出したり、ライブ配信中にクラウドファンディングのような達成ゲージを出すこともできます。

関連記事

Doneru(どねる)というサービスの使い方を知りたい Doneru投げ銭リンクの発行方法を知りたい ライブ配信とDoneruの連携方法は難しい?上記のようなお悩みをお持ちの方に向けて、Doneruというサービス[…]

doneru

Streamlabs

Doneruの欧米版サービス。海外視聴者が多い方におすすめ。

YouTubeアカウント、Twitchアカウントがあれば誰でも投げ銭のリンクを発行できるサービス。

PayPal.me

PayPalアカウントを通じて投げ銭を受け取れるサービス。

少額決済だと手数料が半分近くかかるので、高額決済向きです。

note

記事コンテンツを書いて、お金を受け取れるサービスではあるものの「サポート」という機能があり、その機能を通じて投げ銭が可能です。

ギフト系サービス

Amazon Wish List(アマゾン欲しい物リスト)

Amazonに自分の欲しい物を登録して、ギフトとして誰かに買ってもらえる機能。

配信者の間では一種の文化となっており、誕生日やイベント事があれば欲しい物リストで支援してもらうことができます。

 

月額支援サービス

Pixiv FANBOX

主にお絵かき配信をする絵師さんや、VTbuer界隈では有名なサービスなのがPixiv FANBOXです。

月額課金で配信者・クリエイターを応援することができ、そのお返しに特別コンテンツを閲覧できることができます。

視聴者に何かしらリターンを継続的にお返しできる方にはおすすめの支援サービスです。

関連記事

pixivFANBOXの使い方を知りたい pixivFANBOXの課金システム、収益を知りたい FANBOXの効果的な活用方法ってあるの?この記事では、月額支援で収益を得られるpixivFANBOX(ピクシブファ[…]

pixivfanbox

 

投げ銭を使った有名な事例

M.S.S Project 投げ銭額1億円

音楽制作ユニットM.S.S Projectが、全国ツアーの最終公演を無観客生配信で行い総額1億円の投げ銭を突破。

ライブ配信の可能性を一気に日本に広めました。

ももクロ

Pringという送金アプリを使ってYouTube Liveで投げ銭を実施、金額は非公表だったが知名度の高いアイドルアーティストが実施したことで注目を集めました。

 

投げ銭周りの法律事情

日本には投げ銭サービスを運用するにあたり、資金決済法という法律が存在します。

単純に人から人へお金が渡る仕組みを作るだけでは、この資金決済法に該当する可能性が非常に高いです。

 

上記で紹介したサービスは、資金決済法の申請を出しているものや、その他の法律(前払式支払手段、収納代行)等の枠組みに当て込んでサービスが違法にならないように運営しています。

 

投げ銭に関するまとめ

無料でコンテンツが閲覧できてしまう世の中ですが、投げ銭を通じてクリエイターにお金がしっかり届くようになったのはいい時代だと思います。

無給で良いものを作り続ける・届けるというのは非常に厳しいので、投げ銭を通じてひとりでも多くのクリエイターが収益を確保し素晴らしいものを世の中に生み出していける世の中になると良いですね!