TikTokでバズる方法!バズりやすいコンテンツとおすすめに乗るためのアクション

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokを始めたけど、フォロワーが全然増えない
  • TikTokでバズる方法、おすすめに乗る方法を知りたい
  • TikTokでバズりやすいコンテンツを知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回はそんなあなたに、「TikTokでバズる方法やバズりやすいコンテンツ、おすすめに乗るための具体的なアクション」について解説していきます。

【法人様必見】TikTok運用代行を任せるなら!

studio15

studio15」は、国内屈指のTikTok特化の運用代行会社です。

  • 総合フォロワー100万人超のTikToker事務所
  • TikTok特化で最前線トレンドを知り尽くしている
  • TikTok運用代行実績多数で安心して任せられる

など、TikTokに力を入れたい企業様におすすめの運用代行会社です。

studio15に運用を相談する

※公式ページに遷移後、CONTACTからご連絡ください。

そもそもTikTokって何?という方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 TikTokとは何か、特徴や人気の理由を知りたい TikTokの動画視聴方法や動画投稿の方法を知りたい 人気のTikTokerのことも知りたい上記のように考えているかもしれません[…]

TikTokとは?評判や使い方を解説

TikTokでバズるために知っておくべきこと

TikTokでバズるためには、知っておくべきポイントが複数あります。

この章ではTikTokでバズるために抑えておくべきTikTokの特徴や、TikTokでおすすめされやすいコンテンツ、アルゴリズムについて解説していきます。

Z世代のあなた!!WEBマーケティングスキルを身につけませんか?
PR

TikTokの特徴

TikTokの特徴としては、以下の4つが挙げられます。

スマートフォン

過去動画も繰り返しループ再生される

TikTokはループ型のプラットフォームになっており、バズっている動画もそうでない動画も関係なくループのように繰り返し永遠に再生されます。

そして、過去の動画も繰り返し再生されるようになっているため、一度バズった動画はおすすめ欄に継続的に表示されやすくなります

つまり、一度バズることに成功すると何度も自分の動画が表示されるようになり、その結果さらにバズりやすくなるというループに突入するという特徴があります。

初投稿の動画でも最低300~500再生される

TikTokでは、まだバズってない動画、例えば初めて投稿したような動画でも必ず一定回数は再生されるようになっています。

YouTubeと比較すると分かりやすいのですが、YouTubeで投稿する動画だとそもそも誰からも見れれず、視聴回数が100回に満たないようなことが多々あります。

それに対してTikTokは、ファンがいない状態でも必ず誰かに再生されるため、誰にでもバズるチャンスがあり参入しやすいという特徴があります。

Z世代のあなた!!WEBマーケティングスキルを身につけませんか?
PR

若者がメインユーザーである

TikTokは他のプラットフォームと比べて視聴者層の年齢が若く、特に中高生〜20代の若者がメインユーザーとなっています。

ユーザーの年齢層が若いということは、それだけ流行のスピードが非常に早いということになります。

つまり、TikTokでバズるためには若者の流行を把握し、その上で流行を抑えたコンテンツを作成する必要があります

低クオリティの動画はすぐにスキップされる

TikTokが多くのユーザーに利用されている理由の1つとして、誰でも簡単に動画を編集・加工ができるからという点が挙げられれます。

これは逆に言うと、誰でもクオリティの高いコンテンツを作ることができる分、低クオリティの動画は相対的に見劣りしてしまい、すぐにスキップされてしまうということです。

よってユーザーが直感的におもしろい、興味があると判断してくれるようなコンテンツを作る必要があります。

TikTokが優先的に表示したいコンテンツ

いいね

TikTokの運営は「良いコンテンツをより多くのユーザーに見てもらいたい」という考えをもっています。

そのため、TikTokの運営は「良いコンテンツ」と評価した動画から優先的に「おすすめ欄」表示させています。

そして、おすすめ欄に表示されるとより多くのユーザーの目に触れることになるため、必然的にバズリやすくなります。

つまり、TikTok運営がどのようなコンテンツを良いコンテンツ(=優先させたいコンテンツ)だと評価しているのかというアルゴリズムを理解することができれば、逆算してバズるコンテンツを作ることができるということになります。

TikTokのアルゴリズム

アルゴリズム

TikTokでバズるためには、アルゴリズムを理解し、そこから逆算してコンテンツを作成することが重要になります。

それではTikTokのアルゴリズムについて解説していきます。

TikTokアルゴリズムが重視する2つのポイント

TikTokのアルゴリズムで特に重要となるポイントは以下の2つです。

  • 最重要:(再生回数に対する)いいね率+コメント率+シェア率
  • 重要:再生回数×再生維持率

TikTokの運営は上記の2つのポイントを数値化して、良いコンテンツなのかどうかを判断しています

それぞれのポイントについて簡単に説明すると次のようになります。

「再生回数に対する(いいね+コメント+シャア)率」= ユーザーがコンテンツに対してどれくらい積極的に反応をしているか

「再生回数×再生維持率」= ユーザーがどれだけ最後まで動画を視聴しているか

※再生維持率とは、動画の全体時間のうち平均でどれくらいの時間視聴されているかを表している割合です。

例えば、20秒の動画が平均10秒視聴されていれば、再生維持率は50%となります。

「いいね率・コメント率・シェア率」が最重要

いいね

なぜ再生数や再生維持率よりもいいね率・コメント率・シェア率が最も重要なのか。

それは、TikTokの動画が基本的に15秒〜30秒と非常に短くなっているからという理由があります。

動画の尺が短い分、尺が長いYouTubeのように「再生数×再生維持率」で良いコンテンツかどうか評価することが困難になっています。

よって、動画に対してユーザーがどれくらい反応したのかをを示す「いいね率+コメント率+シェア率」が重要視されています

アルゴリズムに評価される良いコンテンツとは

結論、アルゴリズム的に良いコンテンツとは、ユーザーが積極的に反応したくなるようなコンテンツということになります。

つまり、「どんな動画だったらユーザーがコメントしたくなるのか」「どの時間帯に投稿すればいいねする人が増えるのか」といったことを考えて、動画を作成・投稿していくことが、アルゴリズムを攻略して動画をバズらせるためには重要な考え方になります。

アルゴリズムについては様々な意見がありますが、やはり伸びている動画は共通して、「いいね率・コメント率・シェア率」が高いというという特徴があります。

【PR】
「スキマ配信」で今の生活に+5万円!?
流行りのお手軽副業知ってる?


無料公式LINEに今すぐ登録!↓↓

the-best-liver-agency

※ライブトレンド公式LINEに遷移します。

TikTokでバズるために最低限やるべきこと

ティックトック

TikTokでバズるためには、最低限押さえておかなければならない点がいくつかあります。

今回はその中でも特に重要かつ、すぐに始めれられる具体的な施策をご紹介していきます。

情報量の多い動画を作成

情報量の多いコンテンツとは、ユーザーが動画1ループ内に情報を掴みきれず何回も観てしまうようなコンテンツのことです。

例えば、画面の中にユーザーが思わず反応したくなるようなものをさり気なく入れておき、何だこれ?と思わせるようなコンテンツは繰り返し再生されます。

それは背景であったり出演者身につけたりなどでもいいのですが、画面上のどこかに視聴者に興味を持ってもらえそうなものを映したコンテンツを作成するようにしましょう。

ユーザーが反応しやすいものの例として、今であれば鬼滅の刃のグッズを後ろの棚に置いてみたり、ディズニーランドの前で撮影するなど、とにかくユーザーが反応したくなるような環境を作ることが大切です。

コンテンツの内容と直接関係ない部分も工夫することによって、視聴維持率を向上させる効果があります。

PDRさん

出典:https://youtu.be/D6yi0UIgYpY

少し極端な例になりますが、登録者数120万人の有名YouTuberであるPDRさんの動画でも、背景に思わずツッコミたくなるようなグッズがたくさん置かれています。

投稿時間の統一

TikTokでバズるためには、アクティブユーザーが多い時間帯に投稿するだけではなく、投稿時間をある程度統一することも重要です。

TikTokは動画を投稿してから30分間が勝負の時間となっており、投稿してから30分以内に伸びない動画は、その後いくら時間が経っても伸びないという傾向があります。

つまり、投稿してから30分以内にユーザーからのより多くの反応(いいね・コメント・シェア)を集める必要があるということです。

TikTokユーザの中で、過去に自分の投稿に反応したことがあるユーザーは、次に投稿するコンテンツにも反応してくれる傾向があります

また、TikTokのユーザーの多くは学生であり、平日のスケジュールはだいたい固定されているため、通学時間であったり、昼休みであったり、寝る前であったりと、TikTokを利用する時間も固定されている可能生が高いです。

そのためなるべく同じ時間に投稿することで、前回反応してくれたユーザーに再び視聴してもらえる確率が上がります

そして再び視聴されることで多くの反応が集まりやすくなり、結果的にバズリやすくなるというループが発生します。

バズりやすい時間・曜日

時間

基本的なことになりますが、TikTokでバズリやすくするためにはアクティブユーザーが多い時間帯に投稿する必要があります

ちなみにバズりやすい時間は以下の2つです。

▼バズりやすい時間帯

  • 7時〜9時 (朝の通勤・通学時間)
  • 18時〜21時 (会社や学校からの帰宅途中・帰宅後)

また、投稿する時間だけでなく、アクティブユーザーが多い曜日に投稿することも重要です。

学校や仕事が休みの人が多い土日の方が、平日よりもアクティブユーザーが多いのは明らかです。

そのため、バズる自信のある動画はストックしておきアクティブユーザーの多い曜日に投稿するのがおすすめです。

▼アクティブユーザーが多い曜日

土日≧金>月≧火≧木≧水

全フォロワーへのアクション

TikTokで1番大切にしないといけないユーザーは、自分の「フォロワー」です。

どんなコンテンツを作ったとしても、フォロワーを増やすことができればおすすめ欄に自分の動画が表示されやすくなるため再生回数は伸びていきます。

フォロワー=固定客(固定再生回数)と考えて、とにかく大事にするようにしましょう。

フォロワーの獲得することでコンテンツの伸びに安定感が生まれるため、コメントやDMに返信するなどしてフォロワーと積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう

TikTokにはフォロワーさんからのコメントに対して、動画で返信できる機能もあります。

フォロワーにこの人はコメントを返してくれる人だと印象付けることで、ユーザーに「もしかしたら返信が来るかも」という期待感を抱かせることができ、継続的にコメントしてもらえるようになります

フォロワー

ボリュームの多いハッシュタグの選定

動画を作成して投稿する際に、概要欄の箇所に「ハッシュタグ」を入れることができます。

▼ハッシュタグを入れるメリット

  • ユーザーがハッシュタグ検索すると自分の動画が出てくることがある
  • 狙うターゲット層の間で人気のハッシュタグを入れると、その層のユーザーのおすすめ欄に表示されることがある

ハッシュタグを入れることで上記のようなメリットがあります。

しかしだからといって、ただやみくもにハッシュタグを入れても効果が出るわけではありません。

結論、入れるべきハッシュタグの選定基準は

  • トレンドになっているハッシュタグ(ホットマークが付いているハッシュタグ)
  • コンテンツに関係あり、総再生回数が100万回以上のハッシュタグ

の2つです。

また、ハッシュタグは4〜5個まで入れるようにしましょう。

内訳は、トレンドのハッシュタグ:2〜3個、コンテンツに関係のあるタグ:2〜3個となるようにしましょう。

TikTokでバズりやすいコンテンツ

バズる

これからTikTokを始めようとしている人は、どのようなジャンルでコンテンツを作っていこうかと考えていると思います。

数多くあるジャンルの中で、比較的TikTokでバズりやすいジャンルについてまとめました。

自分が興味のあるジャンルを見つけて、その領域で投稿していくのがおすすめです。

それでは、バズりやすいジャンルについて紹介していきます。

おすすめ・ランキング系

ランキング

「おすすめ・ランキング系」は最も伸びやすいジャンルです。

このジャンルが伸びやすい理由は、

  • ユーザーが気になって最後まで見てしまう
  • ネタ切れがなく、尺に収まりやすい
  • 全ジャンルに対応できるため、幅広いユーザー獲得ができる

といった点が挙がられます。

例えば、Googleで検索すると、ほとんど「〇〇 おすすめ」「〇〇 ランキング」などが上位表示されていると思います。

それだけ、おすすめやランキングは多くの人が興味を持っているジャンルであり、TikTokでも最初の1秒で「モテる〇〇選!」といったタイトルを表示するだけでも、視聴維持率がかなり向上します。

おすすめ・ランキング系のジャンルの強みとして、どんな領域やトレンドにも対応することができるため、ネタ切れが起こりにくいといった点が挙げられます。

そのため、どのジャンルで始めようか悩んでいる人は、まずはおすすめ・ランキング系のコンテンツを作成するのが良いでしょう。

すごい特技披露系

すごい特技披露系のジャンルは、既になにか人に自慢できるような特技を持っている人におすすめできるジャンルです。

このジャンルの動画は、常人にはマネできないことをしているためユーザーの好奇心を刺激することができるため、多くの人に視聴されやすいといった特徴があります。

また、特技系の動画のメリットとして、視聴者さんが自分でもやってみたいという気持ちになり、後から見返したり参考にしたりできるように「いいね」「シェア」をすることが多いという点が挙げられます。

意外な知識披露系

知っておくべきポイント

意外な知識披露系の動画は、おすすめ・ランキング系のジャンルと同じように、ネタ切れがしにくく作りやすいジャンルとなっています。

例えば、「◯◯の裏技◯選」などは、最後まで気になってしまうため、スキップされずに見られやすいといった特徴があります。

また、意外な知識は友人などに共有しやすく、話のネタにもしやすいため、必然的にシェア率が増えるという良さもあります。

おもしろ系

おもしろ系のジャンルはTikTokのサービスが始まったときから現在まで根強く愛されているジャンルです。

ユーザー層の年齢が若いということもあり、純粋に面白いものは話題となり、共有されやすくなっています

また、面白系のコンテンツは、固定ファンを獲得しやすく、一度認知を獲得すれば継続してバズりやすいという特徴があります。

癒やされ系

うさぎ

癒やされ系のジャンルの動画とは、基本的には動物やペット、赤ちゃんなどの動画になります。

動物や赤ちゃんといったジャンルは、ジャンル自体にすでに一定のファンがいるため、そういったユーザーからの反応率が非常に高いといった特徴があります。

ペットや赤ちゃんなどのコンテンツは、例えば猫がびっくりして飛び上がるなど、動画の最後にオチが作られているものが多く、視聴者に「何が起こるんだろうか?」期待感を抱かせることができるため、比較的最後まで動画を見てもらえることが多いという良さがあります。

控えめグロ系

控えめなグロ系はかなりニッチなジャンルになります。

こういった好き嫌いが分かれるジャンルは、ユーザーの反応が二極化してしまうといったデメリットがありますが、それでも好きな人は継続して何回も繰り返して視聴するため、実は伸びやすいといった特徴があります。

少し特殊なジャンルになってしまいますが、一定数の固定ファンから安定して視聴してもらえるという強みがあります。

可愛い・ちょいエロ系

可愛い系・ちょいエロ(セクシー)系のジャンルは、TikTokでは定番のジャンルになっています。

可愛いものは純粋に見たくなるもので、このジャンルの動画は、どんな層のユーザーからも反応を得やすいという特徴があります。

特に若い年齢層のユーザーにとって、可愛いものや恋愛などは会話の中心となるものであるため、共感を得やすく拡散されやすくなっています

また、このジャンルは個人の認知を獲得しやすいため、これからインフルエンサーとして活動していきたいと考えている人は、このジャンルのコンテンツを作成するのがいいかもしれません。

TikTokでバズる方法まとめ

この記事では、「TikTokでバズる方法やバズりやすいコンテンツ、おすすめに乗るための具体的なアクション」について解説しました。

TikTokでバズるためには、TikTokのアルゴリズムを理解してそこから逆算したコンテンツを作る必要があります。

そのためには、「どんなコンテンツならユーザーが反応したくなるのか」ということを考えてコンテンツを作成していくことが重要です。

動画をバズらせようと小手先のテクニックに走るのではなく、ユーザーと真摯に向き合ってコミュニケーションを取っていく姿勢を忘れないよう心がけましょう。

【PR】
「スキマ配信」で今の生活に+5万円!?
流行りのお手軽副業知ってる?


無料公式LINEに今すぐ登録!↓↓

the-best-liver-agency

※ライブトレンド公式LINEに遷移します。

>

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG