LiveMe(ライブミー)とはどのようなライブ配信サービスなの?特長・機能・収益化・還元率を徹底解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • LiveMe(ライブミー)とはどのようなライブ配信サービスか知りたい
  • LiveMe(ライブミー)の主な特徴や機能、収益化について知りたい
  • LiveMe(ライブミー)の良い点・悪い点を知り、おすすめのライブ配信サービスかどうか知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「LiveMe(ライブミー)の評判や特徴や機能、収益化」についてお伝えしていきます。

LiveMe(ライブミー)とは何か

ライブミー

出典:https://apps.apple.com/jp/app/liveme-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%9F%E3%83%BC-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E9%85%8D%E4%BF%A1%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1089836344

LiveMe(ライブミー)とはどのようなライブ配信サービスかを、項目に分けながら解説します。

発祥はどこ?運営会社は?

LiveMeはアメリカ発症のライブ配信サービスで、日本では2016年7月にサービスがスタートしました。

運営会社はKS Mobile, Inc.(キングソフト株式会社)で、世界85カ国で利用されています。

ユーザーは世界で1億人超とすごい数です。日本人ユーザーはそれほど多くはありませんが、徐々に注目度は上がっています。

使用料は?

基本的には、使用も配信も無料ですが、課金要素はあります。

例えば、ギフトを贈るときには課金が必要です。

配信者の年齢層や性別は?

年齢層は20代~30代が最も多く、性別は男女同じくらいです。

他のライブ配信サービスは女性が多い印象があるので、男性ライバーがたくさんいることも、LiveMeならではの特徴だと言えるでしょう。

中には、アイドルやYouTuber、モデルなどの有名人がライブ配信をしていることもあります。

配信内容の傾向は?

雑談もあれば、恋バナ、メイク、歌、ダンス、ゲーム配信、おもしろ動画など、配信内容の自由度が高いです。

顔出しで雑談をする配信が多い印象があります。

海外配信も多いので、海外の方が雑談しているのを語学を学ぶために視聴するのもおすすめです。

加工機能は?

美顔フィルタや顔認証スタンプ機能があります。ステッカーは豊富にあるので、顔出しでもかわいく、かっこよく、配信できます。

ファンを獲得するためには、これらの加工機能をうまく使いこなすこともコツです。

その他の機能は?

アーカイブ機能(録画機能)、チャット機能、コラボ機能、ナイショ話機能、オリジナルのゲームを楽しめる、24時間監視のセキュリティ機能があります。

  • コラボ機能:他のユーザーと一緒に配信できる
  • ナイショ話機能:ライバーと視聴者の1対1でトークできる(※有名なライバーとのナイショ話は有料のケースもあるので注意)
  • オリジナルのゲームを楽しめる:ハングリータイム、ジェスチャーゲーム、ライバー対戦、クイズビズ、キャッチミーなど
  • 24時間監視のセキュリティ機能:ルール違反の動画は削除、アカウント停止の措置がされる

ナイショ話機能は、出会い目的では使用しないようにしましょう。セキュリティ機能もあるので、ルール違反をした場合はアカウント停止などの恐れがあります。

パソコンで視聴できる?

パソコンではFlashPlayerを使って視聴できますが、あまり向いていません。

スマホにアプリをダウンロードして視聴することをおすすめします。

LiveMe(ライブミー)で収益化できるのか

収益化

LiveMe(ライブミー)は収益化できる機能もあります。収益化についての詳細をこれから解説します。

収益化の仕組み

配信者は視聴者からギフトを受け取ることができます。

もらったギフトをダイヤに換算して、それから現金化したり、LiveMe内のアイテムで使えるコインに換金したりすることができます。

いわゆる「投げ銭」機能と同じです。

ちなみに、LiveMeではギフトのことをアイテムと呼びます。

還元率は?

もらったギフトは100%では受け取れません。

これは他社の配信サービスも同様です。

LiveMeの還元率は10%~30%です。

収益につながるイベントもある

Quizbiz(クイズビズ)という1カ月で賞金総額150万円以上のクイズイベントが定期的に開催されます。

全12問の3択クイズが出題され、全問正解すると賞金を山分けできます。

他にも不定期で、様々なイベントが開催されることがあるので、時々概要をチェックしましょう。

LiveMeは稼げるの?

トップライバーにもなれば、1回の配信で20万円稼ぐ人もいますが、ここまで稼げる人はほんの一握りです。

LiveMeは日本人の利用者がまだ多くないので、視聴者も少なく、ギフトをもらえる機会もすくなくなります。

よほど人気が出ないとなかなかファンがついてくれず、たくさん稼ぐことは難しいでしょう。

LiveMe(ライブミー)の良い点・悪い点

良い点悪い点

LiveMeの良い点・悪い点をまとめました。

良い点悪い点
  • 気軽に始められる
  • 外国の方と交流を持てる
  • セキュリティ機能があり安心
  • 男女比のバランスが良い
  • 多少なりとも収益化できる
  • 還元率が低い
  • 収益化目的には向いていない
  • 日本人ユーザーが少ない

外国の方と交流が持てるライブ配信アプリを気軽に始めることができるのは、LiveMeだけではないでしょうか。

また、還元率が低いものの、収益化が可能であり、セキュリティ機能も充実しているのは良い点だといえます。

ただ、日本人ユーザーが少ないので、不満に思うことがあるかもしれません。

LiveMe(ライブミー)の使い方

使い方

LiveMeの登録方法、視聴方法、配信方法をまとめました。

登録方法

  • スマホにLiveMeのアプリをダウンロード
  • TwitterやGoogle、Facebook、LINEなど連携、またはメールアドレスや電話番号を連携させて、アカウントを作成する

ライブミー登録画面

  • 任意でプロフィールを入力、後回しにしたいならスキップも可能

ライブミー 登録画面2

  • 位置情報を許可する・許可しないを選択(トラブル回避のために「許可しない」の選択をおすすめします。)
  • 興味があるユーザーをフォロー、スタートボタンをタップ

ライブミー メイン画面

視聴方法

  • アプリを開く
  • 気になる配信者をタップ
  • 必要であればコメントやアイテムを贈る

探すのが大変であれば、初回起動時に表示される「おすすめの配信者一覧」を一括でフォローすることもできます。

また、続けてログインするとログインボーナスとして様々なアイテムがもらえるので、無料でもらったログインボーナスのアイテムを、お気に入りの配信者に贈ることもできます。

配信方法

  • アプリを開く
  • 画面下部のメニューバーのカメラアイコンをタップ

ライブミー 配信

  • 配信するライブのタイトル(「♯○○」)を決めて、必要な場合は「カテゴリー」を選択
  • SNSアイコンをタップして、SNSでライブ配信情報を伝える
  • 「LIVE配信をスタートする」もしくは「ライブをしよう!」をタップ

ライブミー 配信 カメラ画面

  • 配信後に「カメラ切替」をすることが可能

配信者は、アイテムをもらったら、収益化することができます。

LiveMe(ライブミー)は気軽に始められるライブ配信サービス

スマホ

LiveMe(ライブミー)は収益化を目的とするのであれば、おすすめできません。

その理由は、日本でのユーザーはまだ少なく、海外のユーザーが多いためです。

数十万と稼げるユーザーは、一部でしょう。そのため、稼ぐことを目的とする人よりも、下記のような人におすすめです。

  • 気軽にライブ配信サービスを利用してみたい
  • 海外のユーザーと交流を持ちたい
  • 趣味としてライブ配信をしたい
  • 自分のインスタやTwitterのフォロワーを増やしたい
  • お気に入りのライバーの配信が見たい、コメントのやり取りがしたい