【失敗事例】SNSマーケティングで失敗する原因や対策まとめ

この記事を読んでいるあなたは、

  • SNSマーケティングにおいて失敗する原因が知りたい
  • SNSマーケティングの失敗で起こる問題が知りたい
  • SNSマーケティングで失敗しないための方法が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では「SNSマーケティングで失敗する原因や失敗したらどのような問題が起こるのか、SNSマーケティングで成功するための方法」について解説していきます。

SNSマーケティングの失敗とは?

はてなマーク

SNSマーケティングの失敗とは、運用するSNSにおいてフォロワーが増えない状態や、エンゲージメント率が低いままでユーザーを集客できていない状態のことです。

最近はスマホの発展やSNS利用者の増加に伴い、TwitterやInstagramなどを活用してマーケティングを行う企業が増えています。

企業の認知度・商品の売上アップを期待できるSNSマーケティングですが、戦略を考えて上手く運用しないと企業の赤字に繋がる原因になってしまうため注意が必要です。

PR

SNSマーケティングにおいて失敗する主な原因

マーケティング資料

SNSマーケティングで失敗する原因は、以下の3つです。

  • 目的・目標を決めないで適当に運営している
  • SNSごとの特徴を理解していない
  • 投稿する時間帯・頻度に問題がある

さっそく、一つずつ説明していきます。

目的・目標を決めないで適当に運営している

SNSマーケティングの目的や目標を決めずに運用していると、投稿する情報の方向性がずれるためフォロワーが定着しません

写真や動画を投稿する場合も統一性がなくなってしまうため、ユーザーからすると何のアカウントか把握できず戸惑ってしまいます

そのため、まずはSNSマーケティングを行う目的を明確にしてからユーザーを集客することが重要です。

目的の具体例としては、新規顧客の獲得や、商品売上・ブランド認知度のアップなどが挙げられます

そして目的を決めたら、次に具体的な目標を決めることが重要です。

例えば「2ヶ月間で売上10%アップ」などと具体的な数値を決めることで、分析しながら効率よくマーケティングを進められます。

SNSごとの特徴を理解していない

SNSごとの特徴を理解せずに情報発信しても、投稿が自社のターゲットの目に留まるとは限りません

なぜなら、SNSによってユーザーの年齢層・男女比・特徴が異なるからです

例えば、Instagramの主なユーザー層は20〜40代の女性となっているため、化粧品などの女性向け商品を取り扱う企業に適しています。

一方で、10代にサービスを展開したい企業であれば、若年層の利用率が高いTikTokが向いているでしょう。

このようにマーケティングの失敗を防ぐにはSNSと自社ブランドの相性を考えることが重要です。

PR

投稿する時間帯・頻度に問題がある

投稿する時間帯が遅くてフォロワーに注目されなかったり、投稿数が多すぎて嫌がられたりするケースがあります。

投稿にベストな時間帯を見つけるには、ターゲット層の行動と照らし合わせて考えることが重要です。

もし主婦向けのサービスを紹介したいのであれば、家事が落ち着く10時・15時頃だと投稿を見てもらいやすいでしょう。

また、1日に何度も投稿すると「この企業はしつこくて嫌だ」とユーザーから思われてしまう原因となってしまいます

一方、投稿が少なすぎてもユーザーから気づいてもらえない可能性があります。

そのため、投稿の頻度については1日3回程度を目安にスタートして、その後はユーザーの反応を見ながら調整するとよいでしょう

SNSマーケティングの失敗で起こること

負け

SNSマーケティングで失敗すると、具体的に以下のような問題が起こります。

  • ネガティブな評判が集まり企業のイメージダウン
  • ユーザーに不快感を与えてしまい既存顧客が減る

順番に見ていきましょう。

ネガティブな評判が集まり企業のイメージダウン

SNSマーケティングの失敗で起こりがちなのが、企業との思い出をつぶやいてもらうキャンペーンで悪い評判が集まることです。

飲食店であれば「昔はおいしかったのに今は不味い」と書かれたり、小売店であれば「商品のコスパが悪い」と写真付きで投稿されたりします。

SNSでは相手の顔が見えないため、クレームやネガティブな評判も集まりやすいことを覚悟しなければなりません。

またこのような悪い評判が集まると、企業のイメージが下がるため来店客の減少や売上ダウンに繋がってしまいます

そのためキャンペーンを行う際は、ネガティブな評判が集まったときの対応策について決めておくことが重要でしょう。

ユーザーに不快感を与えてしまい既存顧客が減る

故意ではないとしても、女性を軽視した不適切な表現などでユーザーに不快感を与えれば既存顧客は減少します

拡散力のあるSNSだからこそ問題ある投稿でも多くの人の目に留まり、新規顧客を獲得することも難しくなります。

なおユーザーが不快に思う対象は、文章だけでなく動画や写真も全て含みます

とくに動画は頭に残りやすいので、ハラスメントを連想される内容であればユーザーからの批判が一気に集まるでしょう。

情報を発信する際は、誰が見ても不快に思わない内容かどうか確認する必要があります

失敗事例から学ぶSNSマーケティングで成功する方法

ポイント

SNSマーケティングで失敗した事例から、SNSマーケティングで成功するためには以下の3つが重要だとわかります。

  • ペルソナを細かく設定する
  • ユーザー目線の投稿を心がける
  • PDCAをしっかりと行う

一つずつ、詳しく解説していきます。

ペルソナを細かく設定する

ペルソナとは、商品やサービスを利用してもらいたい理想の顧客像を意味します。

ペルソナを設定することで投稿内容に統一感がうまれ、特定のユーザーから支持されるようになります。

ペルソナを設定するときのポイントは、職業やライフスタイルなどの現実的な情報を細かく設定することです。

ペルソナを設定したら、自社企業と相性のよいプラットフォームを見つけてSNSマーケティングを始めましょう。

ユーザー目線の投稿を心がける

自社企業の魅力ばかり紹介するのではなく、ユーザーにとって役立つ情報を発信しましょう

もし宣伝が多いと、ユーザーから「この企業はしつこい」と思われてフォローを外されたりブロックされたりします

中小企業の場合は、認知度が高い大企業と違って怪しまれることも多いため、より注意が必要です。

情報を発信する際は自分がユーザーの立場になって考え、面白い情報や役立つ情報の発信を心がけましょう

PDCAをしっかりと行う

PDCAをしっかりと行うことで問題点を改善でき、SNSマーケティングの成功に繋がります。

そもそもPDCAとは、P(計画)、D(実行)、C(評価)、A(改善)という業務改善のために必要な一連の流れのことです。

最適な投稿時間帯・人気投稿の特徴などを見つけて今後の運用に活かすためにもPDCAは必要になってきます。

適当に投稿して終わるのではなく、常にPDCAを意識してSNSマーケティングを行うようにしましょう。

SNSマーケティングの失敗事例や原因まとめ

会議中

この記事では「SNSマーケティングで失敗する原因や失敗で起こること、SNSマーケティングで成功するための方法」について解説しました。

SNSマーケティングの失敗とは、フォロワーが増えなかったりエンゲージメント率が低かったりしてユーザーを集客できていないことです。

失敗すると企業のイメージダウンや既存顧客の減少に繋がってしまい、赤字になる場合もあります。

これからSNSマーケティングを始めたい人や、すでに失敗して悩んでいる人は今回ご紹介した「SNSマーケティングを成功させるための3つの方法」を試してみてはいかがでしょうか。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド