企業のTikTok活用マーケティング成功事例4選!やり方や成功させるための要点を解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • 企業のTikTok活用マーケティングのメリットを知りたい
  • 企業のTikTok活用マーケティングの成功事例を知りたい
  • 企業でTikTok活用マーケティングを成功させる方法を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「実際の事例をもとに、BtoB企業がインスタを活用するメリットとポイント」をお伝えしていきます。

【法人様必見】TikTok運用代行を任せるなら!

studio15

studio15」は、国内屈指のTikTok特化の運用代行会社です。

  • 総合フォロワー100万人超のTikToker事務所
  • TikTok特化で最前線トレンドを知り尽くしている
  • TikTok運用代行実績多数で安心して任せられる

など、TikTokに力を入れたい企業様におすすめの運用代行会社です。

studio15に運用を相談する

※公式ページに遷移後、CONTACTからご連絡ください。

TikTokとは

tiktok

TikTokについて簡単に解説していきます。

PR

手軽にショートムービーを投稿・視聴できるプラットフォーム

TikTokは、15秒から1分までの短尺動画を作成/投稿・視聴できる、動画プラットフォームです。

アプリ内で動画編集をしてそのまま投稿できるので、誰でも気軽に参加できるのが特徴になっています。

また、TikTokのカメラには”盛れる”機能があったり、BGMをつけたりでき、特別な技術がなくても見栄えの良い動画が作れることからも、人気があります。

TikTokで流行して有名になった音楽などもあることから、TikTokの話題には、大きな影響力があることがわかります。

世界に5億人以上ユーザーを持ち、約7割が若年層

TikTokは、世界に5億人以上のユーザーをもっています。

ただし、2020年を例に見ると、コロナの影響もあってか、4月:約8億人→10月:約7億人というように、ユーザー数の流動も激しいです。

とはいえ、日本国内でも950万人ほどのユーザーがいるので、活気があるSNSといえるでしょう。

また、約7割が若い世代なので、若年層に訴求したい企業にとってぴったりのマーケティング市場となっています。

企業がTikTokマーケティングを活用するメリット

tiktok iPhone

企業がTikTokマーケティングを活用するメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • 若い世代に訴求できる
  • TikTokを活用する企業が少なく、アドバンテージになる
  • 国内に限らず、海外への訴求もできる

順番に見ていきましょう。

PR

若い世代に訴求できる

マーケティングにおいては、ターゲット層によって違う訴求方法を考えなくてはなりません。

TikTokは、若い世代の層が厚いため、中高生~20代にアプローチしたい企業にとっては、最適の場所といえます。

世代が絞られていることから、成果に繋がりやすい点は大きなメリットでしょう。

TikTokを活用する企業が少なく、アドバンテージになる

TikTokを活用する企業はまだ少なく、新規開拓で得られるメリットが大きいです。

例えばTwitterは、企業アカウント数がかなり多く、企業アカウントというだけで珍しく思われることはありません。

しかしTikTokは、個人で目立っているインフルエンサーが多いのに対し、まだまだ企業アカウントは少ない傾向にあります。

TikTokで訴求することで、商品や企業を印象づけられるので、他の企業よりも先にターゲット層の心を掴むことができます。

国内に限らず、海外への訴求もできる

TikTokは、国内に限ると約950万人のユーザー数ですが、世界においては5億人以上の利用者がいます。

何億人という人々を相手に、グローバルなマーケティングの可能性を持っているので、市場拡大まで考えても有用なSNSでしょう。

企業のTikTokマーケティングの成功事例4選

成功者

企業のTikTokマーケティングの成功事例を、4つ紹介します。

マクドナルド

日本マクドナルドから、”#ティロリチューン”チャレンジが企画されました。

マックでポテトが上がったときの「ティロリ♪ティロリ♪」という音楽に合わせて、ダンスをしながら「500円バリューセット」を食べ、その動画を投稿するイベントです。

インフルエンサーを起用し広告掲載することで、多くのユーザーをハッシュタグに誘導しました

結果として期間内に5万件の動画が投稿され、総再生数が1億回を超えるという、大盛りあがりを見せました。

サントリー

NMB48内のユニット「Queentet」とコラボして、”#ピーカーダンス”コンテストを開催しました。

ユーザーが投稿した動画から、Queentetが5人の「推しTikToker」を選ぶという企画で、たくさんのユーザーの参加が得られました。

ユニクロ

“#UTPlayYourWorld”という、ユニクロのTシャツブランド「UT」のモデルを選出するオーディション企画を開催しました。

この企画は、日本を含めた5カ国で開催されたグローバルなイベントで、2週間で20万件を超える動画が投稿されました。

ローソン

“#いつでもLチキチャレンジ!”で、「Lチキ」を音楽に合わせて食べる動画を投稿するイベントです。

かんたんで取り組みやすく、可愛らしい踊りが話題になり、ユーザーがLチキを買うきっかけにもなりました。

このイベントでは、たくさんの女子高生が参加したことから、若い世代への訴求が成功した例といえます。

企業がTikTokを活用してマーケティングを成功させる方法

悩む男

企業がTikTokを活用してマーケティングを成功させるには、以下のような方法をとる必要があります。

  • ターゲットを明確に決めてリサーチし、コンテンツを作成する
  • インフルエンサーを活用する
  • マーケティング効果を分析する

順番に見ていきましょう。

ターゲットを明確に決めてリサーチし、コンテンツを作成する

どのマーティング方法にも言えることですが、ターゲットを決めることは大切です。

ターゲットを絞らずにコンテンツ作成すると、誰にも届かない結果になるかもしれません。

注意として、「若い世代」などは範囲が広すぎるので、性別やより細かい年齢も想定しておく必要があります

また、TikTokは特に、「流行に乗る」という傾向が強いです。

ターゲットを決めたら、その層の流行りなどをTikTokを含めリサーチして、多くの支持が得られそうなコンテンツを作成しましょう。

インフルエンサーを活用する

インフルエンサーを活用することで、より大きな広告効果が得られます。

マクドナルドの事例でも、インフルエンサーを起用した広告を流し、結果としてたくさんのユーザーへ参加を促すことができました。

また、インフルエンサーにはそれぞれ層の違ったフォロワーがいます。

ターゲット層のフォロワーがたくさんいるインフルエンサーを起用することで、よりダイレクトにターゲット層へ訴求できます。

ただ開催するだけで反響を得るのは難しいですから、インフルエンサーをうまく活用して、ターゲット層の支持を集めていきましょう。

マーケティング効果を分析する

マーケティングを行ったら、実際にどれだけの人から反響が得られたのか、分析しましょう。

投稿数や合計動画再生数、動画視聴者の所在地、企業アカウントで増えたフォロー数など、細かくチェックしていきます。

分析結果とマーケティングの目的を照らし合わせて、より効果が得られるマーケティング方法を考えていきましょう。

企業のTikTokマーケティング活用事例とやり方まとめ

tiktok 活用

この記事では、企業のTikTokマーケティング活用事例や、やり方について解説してきました。

TikTokマーケティングの基本的な部分はこの記事でカバーできますが、実際のマーケティングは取り組んで分析する繰り返しが大切です。

TikTokはターゲット層がすでに絞られているなど、有効に活用できる要素がたくさんあるSNSです。

若い世代に訴求したいときには、ぜひTikTokを活用してマーケティングしていきましょう。

【法人様必見】TikTok運用代行を任せるなら!

studio15

studio15」は、国内屈指のTikTok特化の運用代行会社です。

  • 総合フォロワー100万人超のTikToker事務所
  • TikTok特化で最前線トレンドを知り尽くしている
  • TikTok運用代行実績多数で安心して任せられる

など、TikTokに力を入れたい企業様におすすめの運用代行会社です。

studio15に運用を相談する

※公式ページに遷移後、CONTACTからご連絡ください。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド