タレントや芸能人の広告効果は?メリットやデメリット、PRの依頼方法を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • タレントや芸能人の広告効果を知りたい
  • タレント広告のメリットやデメリットを知りたい
  • タレントや芸能人にPR依頼する方法を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに向けてタレントや芸能人の広告効果やメリット、依頼する方法や注意点などをお伝えしていきます。

タレントや芸能人の広告効果

タレントや芸能人の広告効果

タレントや芸能人を広告に起用することで得られる広告効果を解説していきます。

PR

自社製品の認知度・注目度の向上

タレントや芸能人を利用すると自社製品の認知度を大きく上げられるのがポイントです。

例えば今勢いのある芸能人や長年芸能界で活躍している人を広告に起用すると、そのCMが大きく話題になります。

CMが話題になれば多くの人が目にするのは間違いありません。

広告を見た人の中には「あの人が愛用している商品を自分も使いたい」「この人が広告を務めているなら安心して買える」と考えることもあるでしょう。

その結果、自社製品の売上げもアップする仕組みです。

このようにタレントや芸能人を広告に起用すると自社製品やブランドの認知度が上がりやすくなります。

タレントや芸能人のファン層にリーチ可能

タレントや芸能人を広告に起用するとより多くの層に自社製品を伝えられます。

仮に芸能人を広告に起用しないと一定の層にしか届けられません。

例えば、脱毛に興味がない人へ脱毛の新しいサービスができたことはなかなか伝わらないでしょう。

一方で、タレントや芸能人には非常にたくさんのファンがいます。

ファンの場合、そのタレントや芸能人の動向をチェックしていることも珍しくありません。

「新しい脱毛のCMに出る」「Twitterでおすすめの脱毛サービスを紹介していた」と調べます。

タレントや芸能人が紹介する商品を見て、そこから購入へ至れることもあるでしょう。

芸能人を広告に起用すると、普段は届かない層にアプローチすることもできます。

その結果、自社製品の売上アップにもつながるため、タレントや芸能人を広告に起用するメリットは計り知れません。

企業のブランドイメージの向上

有名なタレントを広告に起用すると自社のブランドイメージが上がるメリットもあります。

タレントの中でも有名な人ほどイメージが向上しやすいのが特徴です。

タレント起用で自社ブランドのイメージが上がるのは、その芸能人の好感度が影響しています。

例えば、だれもが知る芸能人が企業の広告塔として活躍していたら、自然とその企業のイメージも良くなるでしょう。

ブランドイメージが向上すると「この人が紹介する企業の商品だから信頼できる」と考えて、自社の製品を購入してくれる可能性が上がります。

そこから自社製品のファンになってくれれば、継続的な売り上げにつながるでしょう。

PR

様々なメディアで掲載される確率が上がる

タレントや芸能人を広告に起用するとメディアでの紹介率が急激に上がります。

最近では芸能人がSNSを利用していることも多く、その中でおすすめの商品を紹介することも少なくありません。

芸能人がおすすめの商品を紹介していると「この人が使っているなら自分も試してみようかな」と考える人も増えてきます。

そこから商品を使ってみたファンがさらにSNSでコメントすると、ファン同士で話題になって別のメディアで紹介されることもあります。

また、SNSだけでなく芸能人がテレビでおすすめの商品を紹介するケースも多いです。

テレビの視聴者はSNSより多いこともあるため、さらに爆発的な宣伝効果が期待できます。

このようにSNSやテレビなどのメディアで取り上げられると、どんどんメディア露出が増えていくこともあるのがタレント起用の大きな魅力です。

タレントや芸能人に広告依頼する方法

タレントや芸能人に広告依頼する方法

タレントや芸能人を自社の広告やPRに起用する方法を解説していきます。

キャスティング会社に依頼する

タレントや芸能人を広告起用する方法としては、キャスティング会社に依頼するのが一般的となっています。

キャスティング会社とは、タレントや芸能人をキャスティングしたい企業と、有名人を抱える事務所との間に立って仲介する会社のことです。

企業と事務所が直接交渉すると有名人の手配や交渉などさまざまな雑務が発生します。

実際にタレントを起用するまで複雑なステップを踏まなければいけないため、芸能人起用に慣れていないとスムーズに進みません。

一方で、キャスティング会社ならスケージュール調整や料金の交渉などの業務を代わりに実行してくれます。

タレント起用を依頼したい企業はキャスティング会社に希望を伝えるだけで良いため、自社の運営に集中することが可能です。

また、実績のあるキャスティング会社に依頼すると、複雑な契約内容もスムーズに進めてくれます。

タレント起用にあたって特に注意すべきなのが肖像権に関することです。

肖像権は複雑になりがちなため、知識がないと後々トラブルになる可能性もあります。

しかし、キャスティング会社を利用すれば複雑な交渉もスムーズに進めてくれるため安心です。

タレント起用したい場合はキャスティング会社に依頼するのも良いですが、仲介料が発生します。

仲介料の手数料はタレントのランクによって異なりますが、数十万円から数百万円以上です。

タレント起用にかかる手数料で見ると、あまりコスパが良いとは言えません。

すにでタレント起用の経験やノウハウがある場合は、自社で直接交渉した方が良いです。

逆にタレント起用に自信がない場合は、多少お金がかかってもキャスティング会社に依頼した方が良いでしょう。

タレントのサブスクサービスを利用する

最近ではタレントのサブスクサービスも登場しています。

タレントのサブスクサービスとは、タレント起用やタレントの画像を月額制度で利用できるサービスのことです。

キャスティング会社とは違って月額制で利用できるため、まとまったお金がなくてもタレントを起用できます。

具体的に言うと、タレントのサブスクサービスには月額10万円から利用できるものもあるため、かなりコスパが良いです。

「自社商品をタレントに紹介してもらいたいけど資金がない」という場合は、サブスクサービスが向いています。

さらに、タレントのサブスクサービスはサポートが手厚いことも多いです。

しっかりとサポートしてくれるサービスであれば、タレント起用に関して徹底的にサポートしてもらえます。

初めてのタレント起用でも問題ないため、初心者にもおすすめです。

ちなみにタレントのサブスクサービスは起用までのスピードが速いメリットもあります。

一般的にタレント起用は複雑な交渉が必要なため、実際に宣伝してもらうまでに数か月かかることも珍しくありません。

宣伝までに数か月もかかってしまうと、売り時を逃してしまう可能性もあります。

しかし、タレントのサブスクサービスなら1か月以内に稼働させることも可能です。

最短数日でタレント起用できるサービスもあるため、スピード感を持って実行できます。

「なるべく急ぎでタレントを起用したい」という場合にもタレントのサブスクサービスはおすすめです。

芸能事務所やタレントに直接依頼する

タレントや芸能人を起用したい場合は、直接交渉するのもひとつの手段です。

芸能事務所のホームページを見ると問い合わせフォームが設置されているため、そこからアプローチすれば直接交渉できます。

もしくはSNS経由で直接依頼するケースも最近では多いです。

SNS活動している人に対して「自社製品を宣伝していただきたいです」とDMを送れば、そこから起用の交渉に進むことができます。

このような直接依頼は、ほかの方法と違って仲介料が発生しません。

余計な費用をカットできれば、ほかのところに資金を回せるため資金繰りに困っている企業にとってはメリットが大きいでしょう。

また、直接交渉すれば自社の希望を相手に伝えやすいメリットもあります。

キャスティング会社でも自社の希望を伝えてくれますが、タレントや芸能事務所に直接言えるわけではありません。

希望を聞いたキャスティング会社が代わりに伝えてくれる仕組みなため、場合によっては希望と異なる結果になります。

一方で直接交渉の場合は、相手と直接会話できるため自社の想定と異なる結果になりづらいです。

「タレント起用の交渉は自分で進めたい」という場合に向いています。

ただ、タレントや芸能事務所に直接依頼すると交渉に失敗する可能性もゼロではありません。

タレント起用は交渉が複雑で、知識がない人だとスムーズに進みづらいです。

特にタレント起用したことがない企業にとっては交渉が進みづらく、話が成立するまで何か月もかかってしまいます。

タレントや芸能人を少しでも早く広告起用させたいなら、ノウハウのあるキャスティング会社かタレントのサブスクサービスを使うのがおすすめです。

第三者のサービスに頼ると仲介料が発生しますが、よりスムーズに話が進みます。

最初はキャスティング会社がタレントを起用する流れをチェックしておき、次回以降のタレント起用の際には直接交渉してみるのも良いでしょう。

タレントや芸能人の広告起用を成功させる方法

タレントや芸能人の広告起用を成功させる方法

タレントや芸能人の広告やPRを成功させるためのポイントを解説していきます。

広告やPRの目的を明確にしておく

タレントや芸能人を起用する前に、まずは広告やPRの目的をはっきりとさせましょう。

タレント起用は莫大な費用が発生するため失敗していられません。

広告で売上げを伸ばすためにも、具体的な戦略を練ることが大切です。

例えば以下の目標は最低限決めておかなければいけません。

  • どの層をターゲットに商品を宣伝するのか
  • 宣伝によってどの効果を必要とするのか

上記のような目標を定めて、そこからどのような人物をキャスティングしていくのか決めるのが基本的な流れです。

いきなり起用するタレントを探したり、漠然とした目的で稼働し始めたりすると失敗するため気を付けましょう。

タレントのファン層と自社のターゲット層を一致させる

タレントや芸能人の広告起用を最大限発揮させるために大切なのが、商品とタレントの層を合わせることです。

例えば、20代向けの女性用化粧水を宣伝したいとしましょう。

女性用化粧水なため女性を起用するのは前提条件ですが、年齢もしっかりと合わせることが大切です。

仮に20代向けの化粧水を40代のタレントが使っていても、層が一致しないため大きな効果は得られません。

一方で20代の芸能人を起用すれば、商品のターゲット層と一致するため大きな効果を得られます。

また、タレント起用する際はその人の容姿や特徴も把握することが大切です。

同じ20代の女性でも容姿や職業は大きく異なってきます。

化粧水のような美容品を販売する場合は、なるべく容姿がきれいな人を起用するのがおすすめです。

容姿が整った人に化粧水を宣伝してもらうことで「この化粧水を使えば自分もこの人のような美貌を手に入れられる」と潜在的に思わせることができます。

結果として売上アップにもつながるため、より高い広告効果を得るならファン層を合わせるだけでなくその人の特性も見ておきましょう。

タレントや芸能人を広告起用する際の注意点

タレントや芸能人を広告起用する際の注意点

タレントや芸能人を広告起用する際の注意点の注意点を解説していきます。

起用タレントが他社と被る可能性がある

タレントや芸能人を広告に起用する際は、その人が同業他社と契約していないか必ず確認しておきましょう。

仮に競合他社と起用タレントが被るとさまざまな弊害が生じます。

例えば、同じ芸能人がすでに化粧水の広告に起用されていたとしましょう。

そこに自社が開発した化粧水をその芸能人に宣伝してもらうと、どちらがどちらの商品か見分けづらくなります。

タレント起用を依頼した芸能人が同じような商品を宣伝していると、ファンは戸惑うでしょう。

結局どちらの商品が良いのかわからず購入を避けられたり、自社製品を購入する予定だった人たちが他社製品に流れたりします。

ほかにも、同じ芸能人がさまざまな化粧水を紹介していると「結局どっちが良いのか」となりがちです。

同じジャンルの商品を宣伝してもらっても、その広告を見る人たちはますます混乱します。

このように同業他社が利用しているタレントに依頼すると失敗する可能性が高いです。

タレントや芸能人による広告効果を最大限味わうためにも、同じジャンルの商品に関しては一対一になることを意識しましょう。

商品のジャンルとタレントで一対一の関係を結ぶには、競合他社やタレントのリサーチは欠かせません。

タレントが炎上すると悪影響が出る

タレントや芸能人を広告に起用する場合に忘れてはいけないのが炎上による悪影響です。

最近では不適切な言動をSNSやテレビですると、第三者から追及されて炎上するというのが当たり前になってきています。

炎上するとその芸能人の信頼性が一気に落ち、全盛期の人気まで復活するのは簡単ではありません。

そんな炎上騒ぎはタレントや芸能人に広告を起用した企業にまで及ぶことがあります。

例えば以下のケースは炎上したときに発生しやすい企業側のリスクです。

  • 炎上した芸能人を引き続き起用することで同調していると思われて信頼が下がる
  • 起用を取り下げる企業が増える中、自社だけ起用し続けることで擁護していると思われる
  • 芸能人のファンが急激に減少して以前のような広告効果を得られなくなる

起用を依頼した芸能人のファンが減って、広告効果が落ちるのは比較的ダメージが少ないと言えます。

しかし、炎上した芸能人を利用し続けることで自社の信頼性が落ちるのは避けなければいけません。

仮に企業の信頼性が下がるとほかの売上にも影響を及ぼす可能性もあります。

万が一、タレントや芸能人が炎上してしまった場合は、以下の対処を取りましょう。

  • 掲載している広告を停止する
  • 起用した商品の販売停止する
  • 謝罪する

上記の対応を取れば、炎上によるダメージは比較的抑えられます。

また、タレントが炎上しないためにも起用する前に、その人がどのような人物なのか徹底的に調査しましょう。

人気があってもよく炎上していたり、不適切な言動が目立ったりする場合は将来のためにも起用を避けた方が良いです。

タレント、芸能人、有名人の広告効果まとめ

タレント、芸能人、有名人の広告効果

この記事では「タレントや芸能人の広告効果やメリット、依頼する方法や注意点」などについて解説しました。

タレントや芸能人を広告に起用すると自社製品の認知度が上がったり、企業のブランドイメージが向上したりして売上アップにつながります。

ただ、その一方でタレントや芸能人の起用に失敗すると大きな宣伝効果は得られません。

タレントや芸能人の広告出稿で成功するためにも、まずは知識が豊富なキャスティングかタレントのサブスクサービスを利用しましょう。

キャスティングかやタレントのサブスクサービスは経験やノウハウが豊富なため、自社の希望に沿った提案をしてもらえます。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG