【成功事例】TikTok企業アカウントの活用方法は?事例もご紹介

  • TikTokで企業アカウントを活用するメリットは?
  • TikTokの企業アカウントを運営するポイントは?
  • TikTok企業アカウントの成功事例が知りたい!

今回は上記のような疑問を持つ方に参考となる情報を解説していきます。

最近では、個人だけでなく企業がSNSアカウントを運営して、マーケティングなどに活用する事例が増えてきています。

SNSにも各種特徴があり、文字や画像、動画など、さまざまな方法を巧みに活かすことで企業イメージの向上や商品の宣伝、イベント・キャンペーンの拡散に繋げています。

そこで今回はTikTokの企業アカウントの活用方法や成功事例を紹介していきます。

【法人様必見】TikTok運用代行を任せるなら!

studio15

studio15」は、国内屈指のTikTok特化の運用代行会社です。

  • 総合フォロワー100万人超のTikToker事務所
  • TikTok特化で最前線トレンドを知り尽くしている
  • TikTok運用代行実績多数で安心して任せられる

など、TikTokに力を入れたい企業様におすすめの運用代行会社です。

studio15に運用を相談する

※公式ページに遷移後、CONTACTからご連絡ください。

TikTok企業アカウントとは?

TikTok 企業 アカウント

TikTok企業アカウントは、企業が公式に運営するTikTokアカウントを指します。

個人で運営するアカウントと同様に、企業も簡単にアカウントを作成することができ、15秒程度の短い動画コンテンツを通じて、効果的なSNSマーケティングを行うことができます。

TwitterやInstagramの文字と画像が中心のSNSとは異なり、動画というコンテンツを用いることで、インパクトの強い、記憶に残るPRや宣伝が行えるというのも特徴です。

Z世代のあなた!!WEBマーケティングスキルを身につけませんか?
PR

TikTok企業アカウントを活用するメリット

TikTok 企業 アカウント

TikTok企業アカウントを活用するメリットには以下の3点が挙げられます。

  • コンテンツのリアクションをリアルタイムで把握できる
  • ユーザーのインサイト分析も可能
  • 動画広告を若いユーザーに届けられる

では、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

コンテンツのリアクションをリアルタイムで把握できる

TikTokで投稿した動画に対して再生時間や視聴回数、トラフィックソース、視聴者の所在地といった情報をリアルタイムで把握することができます。

PRや宣伝の効果や視聴者のリアクション、どんな人に見られているのかなどを把握することで、商品やサービスに対する効果的な意識決定も行えるでしょう。

ユーザーのインサイト分析も可能

投稿した動画に対する詳細な分析も可能で、動画投稿後のフォロアーの増減やプロフィールの閲覧回数など、より詳細なユーザーのリアクションも観測できます。

フォロアーの属性も把握することができるので、自分の会社の商品やサービスがどのような人に興味を持たれているのかも具体的に認識できるでしょう。

Z世代のあなた!!WEBマーケティングスキルを身につけませんか?
PR

動画広告を若いユーザーに届けられる

TikTokは若い世代を中心に利用されているSNSでもあるため、よりターゲットを絞ったリーチが可能になります。

インパクトのある動画や参加型のコンテンツをTikTokに投稿することで、商品やサービスを若いユーザーに効果的に届けられるでしょう。

TikTok企業アカウントを運営するときのポイント

TikTok 企業 アカウント

TikTokで企業アカウントを運営するときのポイントは以下の3点です。

  • 設定したターゲット層に合う動画を投稿する
  • キャンペーン時以外の投稿を考慮する
  • ユーザー参加型のコンテンツを設計する

どのような点を意識すればいいのか詳しく見ていきましょう。

設定したターゲット層に合う動画を投稿する

TikTokのメインユーザーは10代、20代といった若い層でもあるため、ユーザー層を意識したコンテンツを作成しなければなりません。

真似して参加できる「オリジナルダンス」などは、より多くのユーザーが真似をして動画を投稿してくれるので、より大きな拡散効果が得られるでしょう。

TikTokでどのような年齢層にアプローチするのかを設定した上で、該当するユーザー層にマッチしたコンテンツを投稿してみましょう。

キャンペーン時以外の投稿を考慮する

TikTokによるマーティングは主にイベントやキャンペーンを実施するときが中心となります。

しかし、期間限定でアカウントを運用するよりも、日常的な投稿を継続してフォロアーを増やすことで、より大きなマーケティング効果が得られます。

そのため、キャンペーンやイベントを行うとき以外にどのような投稿をするのかというのも重要です。

「この企業アカウントの投稿が見たい」と思わせてフォローしてもらうためにも、日々の投稿も考えてみましょう。

ユーザー参加型のコンテンツを設計する

TikTokで効果を得やすいコンテンツの1つに「ユーザー参加型」というものがあります。

「真似しやすい踊り」や「インフルエンサーのお手本動画」「ハッシュタグチャレンジ」といったユーザーが参加しやすいコンテンツを投稿することで、キャンペーンや商品・サービスをより拡散することができます。

PRしたい事柄から逆算してユーザーが参加できる内容を作成してみてください。

TikTok企業アカウントの成功事例10選

TikTok 企業 アカウント

ここからはTikTok企業アカウントの成功事例を紹介していきます。

実際に投稿されバズった企業アカウントをピックアップしましたので、これからTikTokで企業アカウントを運営するという方は参考にしてみてください。

サントリー

サントリーでは、「サントリー南アルプスPEAKER ビターエナジー」の商品プロモーションとして、NMB48のメンバーとコラボし、オリジナルユニット「Queentet」を結成しました。

その中で投稿されたのが「#ピーカーダンス」で、ユーザー参加型になっている上に、投稿されたダンス動画から5名の「推しTikToker」を選ぶコンテストも実施しています。

人気アイドルとコラボをして、ユーザー参加×コンテンスト形式を組み合わせたことで大きな話題を集めました。

ワイモバイル

ワイモバイルでは、18歳以下を対象にした「ワイモバ学割」をPRするため「#と思いきやダンス」というキャンペーンを実施しました。

1つのテーマでユーザーの自由な発想に委ねるタイプの企画でもあり、TikTok内で動画を投稿した人から1名にテレビCM出演権をプレゼントするなど注目を集めました。

また、TikTokだけでなくテレビCMやYoutubeを掛け合わしてキャンペーンを行ったことも成功に繋がっていると考えられます。

江崎グリコ

江崎グリコでは、11月11日のポッキー&プリッツの日に合わせて「#ポッキー何本分体操」という動画の投稿を促すキャンペーンを実施しました。

「#ポッキー何本分体操」をテーマに自由な発想で動画を募集し、選ばれた動画が11月11日に渋谷の街頭ビジョンやぽっきの公式Twitterで放映されるという内容になっています。

真似をする系の動画ではなく、ユーザーの自由な発想に委ねるという手法を用いることで盛り上がった規格でもあり、わずか5日間で23,000本以上の動画が投稿されるなど話題を集めました。

マクドナルド

マクドナルドでは、「#ティロリチューン」チャレンジという、マックフライポテトが揚がったときに鳴るサウンドに合わせてダンスをし、500円バリューセットを食べる模様の動画を投稿させる企画を実施しました。

実施の際には、インフルエンサーを起用して広告を展開するなど、ユーザーに参加させるまでの導線が細かく設計されています。

期間内で50,000本以上の動画が投稿され、総再生回数1億回を超えるなど大きな話題となりました。

キリン

キリンでは午後の紅茶のPR企画として、暖かい午後の紅茶を頬に当てる「ほほティー」ポーズの投稿を促すキャンペーンを実施しました。

可愛らしく簡単に真似ができることからTikTok内でも話題を集め、特に女子中高生を中心にバズった企画でもあります。

コカ・コーラ

コカ・コーラでは、「#リボンでありがとう」キャンペーンと題して、動画投稿を促すキャンペーンを実施しました。

QUOカードが当たるという景品もあり、審査で選出された動画が渋谷の屋外ビジョンで放映されるといった豪華な特典を用意したことで話題を集めました。

ローソン

ローソンでは人気商品の「Lチキ」を音楽に合わせて食べるという「#いつでもLチキチャレンジ!」を実施しました。

シンプルな企画ではあったのですが、女子高生の間で話題を集め、動画投稿自体が商品の購入に繋がることから成功を収めたという事例です。

UQモバイル

UQモバイルでは、「#UQ三姉妹チャレンジ」と題して、テレビCMやYoutube広告で放映したダンスをユーザーにチャレンジさせるという企画を実施しました。

CMでお馴染みの「UFO」を楽曲にしようし、ダンス動画を投稿させるという参加しやすい企画でもあり、CMを通じて幅広いユーザーにアプローチしたことから大きな話題にもなりました。

東京カレンダー

東京カレンダーでは、大学生から社会人をターゲットにした「#東カレグルメ」という企画をTikTokで実施しました。

大人っぽいショートドラマを配信し、都会で生きる個性的な男女を取り上げながら、飲食店を紹介していくという内容です。

ドラマ公開時に「東カレチャレンジ」という企画も同時に実施することで盛り上がりを見せました。

ユニクロ

ユニクロのTシャツブランド「UT」で「#UTPlayYourWorld」という企画が実施されました。

UTのグローバルインフルエンサーを選出するという内容で、日本以外にもアメリカ、フランス、台湾、中国の5カ国で開催されたグローバルな企画でもあります。

「#UTPlayYourWorld」内で使用できる楽曲を選んで、動画を投稿するというシンプルな内容ですが、インフルエンサーとして知名度を高めたいユーザーによる積極的な参加が目立ちました。

TikTok企業アカウントを作成する方法

TikTok 企業 アカウント

TikiTokの企業アカウントは下記の手順で作成します。

  1. 公式サイトから「ログイン」→「登録」をクリックする
  2. 各種アカウントと連携してログインする
  3. 生年月日/メールアドレスまたは電話番号を登録する
  4. マイページ内の「…」をクリックし「アカウント管理」を開く
  5. 「プロアカウントに切り替える」から「ビジネス」を選択する

登録後にアカウントの切り替えを行うことで、企業アカウントとして運営することができます。

ビジネスアカウントの登録は無料で設定できます。

【成功事例】TikTok企業アカウントの活用方法は?事例もご紹介:まとめ

TikTok企業アカウントの活用方法や成功事例を紹介していきました。

SNSマーケティングも主流になる中で、動画を中心としたTikTokも商品の宣伝や企業PRを効果的に行うことができます。

TikTokのユーザー層や自社のターゲット層などを把握した上で、話題を集めるようなコンテンツを作成してみてください。

>

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG