TikTokの利用者数を公開!国別の利用者の特徴や男女比率、活用すべき企業を解説!

この記事を読んでいるあなたは

  • TikTokのユーザー数を知りたい
  • 他のSNSとのユーザー数や特徴を比較したい
  • どのような企業がTIkTokを活用すべきなのか知りたい

上記のように考えているのかもしれません。

この記事では「Tiktokのユーザー数、他のSNSのユーザー数と特徴、TikTokをマーケティングに活用すべき企業」についてお伝えしていきます。

TikTokの利用者数

ティックトック 利用者1

出典:https://pixabay.com/ja/photos/iphone-%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88-%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3-410316/

まずは、日本国内と世界的に見たTikTokの利用者数を解説しましょう。

PR

日本国内の利用者数

TikTokはショートムービーを投稿して共有する形式となっており、10代、20代前半からとても支持されているSNSです。

2021年時点で、日本国内のTikTokユーザー数は公表されていません。

ただ、2018年時点では約950万人という調査結果が出ており、2021年時点ではさらに利用者数が伸びていることが想定されます

TikTokでショートムービーを掲載し、評判になれば購買につながりやすいとも言われているため、ビジネスアカウントも年々増えてきているのです。

世界全体の利用者数

TikTokは中国のByteDance社が開発し、全世界で利用されており、2020年8月時点で約6億9000万人のユーザーが利用しています

2019年にはgoogle Play、Appstoreでは、世界で2番目にダウンロードされたアプリとしてGoogleから表彰されました

また、海外企業とTikTokがコラボした事例も増えており、世界的にも注目度の高いSNSであるといえるのです。

中国の利用者数

では、TikTokの本元である中国ではどれくらいのユーザーがいるのかというと、2020年時点では4億人程度で、世界のTikTokユーザーの約2/3弱は中国のユーザーです。

Tiktokは中国では抖音(ドゥイン)と呼ばれ、独自の決済サービスを備えたり、位置情報を共有できたりと他の国では搭載されていない機能があります

マーケティングツールとしても中国では高い評価をされているのです。

PR

アメリカの利用者数

アメリカでのTikTokユーザーは2021年現在5000万人です。

アメリカの人口に比べ、決してユーザー数は多いとは言えません。

しかし、アメリカではFacebookやInstagramのユーザーが多い中、TikTokは短期間で利用者数を増やしているのが特徴です。

一時は政治的な背景で、政府からアメリカ国内でTikTokの利用を禁止する案も出ました。

ですが、現在でも多くの人に利用されており、企業のマーケティング活動でも利用されています

インドの利用者数

インドでは2019年時点で1億2000人のユーザーを獲得していました。

しかし、政治的な背景により現在は国内での利用を禁止されています。

全世界でユーザーを獲得しており、海外マーケティングツールとしても活用できますが、国際政治情勢で利用できないというケースがあります。

そのため、マーケティング対象の国でTikTokの利用は有効なのか事前に確認する必要があるでしょう。

TikTokユーザーの男女比率

ティックトック 利用者2

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e7%94%b7-%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%89-%e3%82%af%e3%83%9e-963182/

国内のTikTokユーザーの男女比率

国内でのTikTokユーザーの男女比率は以下の通りです。

  • 男性:約55%
  • 女性:約45%

TikTokというSNSの性質上から考えると、一見女性ユーザーのほうが多いような印象かもしれません。

しかし、上記のデータを見る限り男性のユーザー数が多いことが分かります。

なぜ、そのような利用比率になるのか?

それはTikTokをビジネス利用する男性が増えているからです。

アメリカのTikTokユーザーの男女比率

TikTokのビジネス利用がまだまだ浸透していないアメリカでの男女比率は以下の通りです。

  • 男性:約40%
  • 女性:約60%

上記のように、TikTokは女性受けのよいSNSであり、一般ユーザーの利用数だけ見れば女性が多いことが想定されます。

日本国内、およびアメリカの男女のユーザー比率をみても、ビジネス利用に利用価値の高いSNSで、女性がメインに利用するSNSです。

各SNSの利用者数や特徴

ティックトック 利用者3

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88-%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3-%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af-1735044/

では、他のSNSの国内利用者や特徴についても解説しましょう。

LINEのユーザー数

LINEの国内ユーザーは2020年10月時点で8600万人と、全人口の約3/4の人が利用しているSNSとなっています。

ただ、他のSNSと大きく異なる点として、電話やメールという個人間の連絡用に利用されることが多く、メッセージを拡散するには向かないという特徴があります

そのため、LINEスタンプなどを活用し、友達登録をいかにしてもらうのかということが重要になります。

Twitterのユーザー数

Twitterは国内で約4500万人、全世界で3億5300万のアカウント利用があるSNSです。

ですが、一人で複数アカウントを持っているケースも多いため、実際の利用者数はもっと少なくなるでしょう。

Twitteの特徴は、140文字という限られた文字数で自分の考えや、画像・動画を共有する機能があります。

非常に拡散力の高いSNSで10代~30代という若い世代で利用されています。

また、拡散力が高いので企業のマーケティング活動に利用されるケースも多く、TikTokと併用して利用する企業も少なくありません。

Youtubeのユーザー数

Youtubeは国内に6500万人のユーザーがいて、LINEの次に国内利用者数は多いです。

特徴は、動画での投稿が原則でTikTokと異なり、1時間を超えるような長い動画を投稿することも可能です。

人気の動画投稿者は「ユーチューバー」と言われています。

Youtubeでの動画で評判になってテレビなどで活躍するインフルエンサーも増えており、評判になれば最も影響力の高いSNSといえます。

一方、動画の作成には労力、資金がかかるうえ競争が激しいのでyoutubeで高い評判をとるのは決して楽ではありません。

TikTokで上げた動画をyoutubeでも投稿し、相乗効果を狙ったマーケティングを行うケースも見られます。

Facebookのユーザー数

Facebookは2019年7月時点で2600万人、全世界的には28億人のユーザーがいる巨大SNSです。

ユーザーの年齢層は、30代と40代が多く利用しています。

一方、10代、20代の若者はFacebookに新規登録するケースは少ないです。

SNSマーケティングで活用するケースは多いのですが、若者をターゲットとしたマーケティングには不向きになりつつあります。

Instagramのユーザー数

Instagramは2019年3月時点で、国内に3300万人、全世界で11億5800万人と国内外で多くのユーザーを獲得しています。

Instagramの最大の特徴は、10代20代の女性ユーザーが多いことです。

写真や動画をアップして拡散させることが容易なSNSなので、インスタで評判の良い写真や動画は瞬くたびに広がるということです。

実際、「インスタ映え」という言葉が定着するほど写真を掲載するSNSとして認知されています。

また、Instagramで見栄えのいい写真や動画を挙げているユーザーは、インフルエンサーとして有名になることも少なくありません。

そのため、SNSマーケティングでは欠かせない存在となり、TikTokと並行して利用する企業も増えています。

TIkTokを活用すべき企業の特徴

ティックトック 利用者4

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9-%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9-%e7%94%b7%e6%80%a7-1209640/

上記を踏まえ、TikTokをマーケティングで利用すべき企業の特徴をまとめました。

10代、20代前半がターゲットの企業

TikTokは、ショートムービーでインパクトのある映像を共有するという性質から、10代、20代前半に人気のSNSです。

そのため、10代や20代、特に女性をターゲットとしたマーケティングを行う際には欠かせません。

また、TikTokで投稿できるショートムービーはInstagramでの投稿が可能です。

Instagramも若い人向けで、女性人気が高いのでInstagramと並行して利用することでさらなる効果を上げることができます。

海外のユーザーにも自社サービスを認知させたい企業

TikTokは海外でも多くのユーザーを増やしているSNSです。

加えて、TikTokで投稿するようなショートムービーは「音楽+ダンス」というノンバーバルなものが多いです。

国境を越えて共有することができるため、海外のユーザーをターゲットとしたマーケティングにも活用できます。

政治情勢の兼ね合いで、一部利用できない国があるものの、国内だけでなく、海外に向けたマーケティングをする際にはTikTokを活用しましょう。

早期のマーケティング効果が期待できるSNSを利用したい企業

TikTokで投稿するようなショートムービーのコンテンツは、Youtubeと比較して作成が簡単です。

加え、非常に拡散力が高いことから評判のいい動画を投稿することができれば直ちに評判になり、購買にもつながりやすいです。

早期で結果を求める企業に有効なSNSと言えます。

TikTokの利用者数や活用すべき企業まとめ

ティックトック 利用者5

出典:https://pixabay.com/ja/photos/tiktok-%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3-5586033/

TikTokの利用者数は国内に限らず全世界的に年々増加しており、短い時間で作成でき、全世界的に拡散するすることができます。

しかも、短時間で拡散して、早期に結果を出しやすいため、即効性のあるマーケティングを行いたい企業にはぜひ活用していただきたいです。

実際に、TikTokでのマーケティング活用が早期的な購買につながっている事例も増えています。

TikTokのユーザーデーターを参考にして、自社のマーケティングに活用していきましょう。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド