TikTokユーザーの年齢層データを解説!企業の活用事例や相性の良いビジネスも紹介!

この記事を読んでいるあなたは、

  • TikTokのユーザーの年齢層を知りたい
  • TikTokをうまくビジネスに活かしている企業例を知りたい
  • TikTokと親和性の高いビジネスが知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「TikTokユーザーの年齢層やTikTokをうまくビジネスに取り入れている企業」をお伝えしていきます。

【法人様必見】TikTok運用代行を任せるなら!

studio15

studio15」は、国内屈指のTikTok特化の運用代行会社です。

  • 総合フォロワー100万人超のTikToker事務所
  • TikTok特化で最前線トレンドを知り尽くしている
  • TikTok運用代行実績多数で安心して任せられる

など、TikTokに力を入れたい企業様におすすめの運用代行会社です。

studio15に運用を相談する

※公式ページに遷移後、CONTACTからご連絡ください。

TikTokユーザーの特徴

tiktok 携帯電話

TikTokは世界中で多くの人が利用している、ショートムービープラットフォームです。

すでに定番化した「インスタ」の次の、メインプラットフォームになると予想している人もいます。

それではTikTokユーザーの特徴を解説していきます。

PR

若い男女が多く利用している

TikTokのアクティブユーザーは、世界的にみると若い男女が多くなっています。

TikTokは「音楽」と「15秒ほどの短い動画」で出来ています。

小さいころからYoutubeが身近にあった世代にとって、「動画」で情報収集をしエンタメなどを楽しむのは当たり前のことです。

TikTokはそれに音楽を加えることにより、10~20代を中心とした若い世代の心をつかみました。

Facebookはメインユーザーの年齢層が比較的高く、インスタはメインユーザーが20代~30代であることを考えると、TikTokのユーザー層がとても若いということが分かります。

TikTokユーザーの年齢層データ

グラフ

注目のショートムービープラットフォームであるTikTokですが、具体的にはどんな年齢層に支持されているのでしょうか。

各国ごとのサービスの違いと合わせて見ていきましょう。

世界

まずTikTokの世界でのユーザー数です。

ダウンロード回数はすでに20億回を超えると言われていますが、アクティブユーザーは約6億8000万人以上であると推定されています。

アクティブユーザーの年齢層は全世界で見ると、

  • 13~17歳のユーザーが約27%
  • 18歳~24歳のユーザーは約42%

となっており、若い年代に支持されています。

既に150か国を超える国・地域で利用可能であり、使用可能言語は75以上です。

公式なアクティブユーザー数は発表されていませんが、2018年の第一四半期にはiOSでのダウンロード回数でTikTokが世界一の人気アプリとなっており、アクティブユーザーが10億人に達する日もそう遠い未来ではないと予想されています。

PR

日本

日本のTikTokユーザーは

  • 10代-約17%
  • 20代-約22%
  • 30代-約23%
  • 40代-約25%
  • その他-約13%

となっています。

日本の場合、意外と10代の利用が低くなっています。

日本のTikTok人気が10代の若者から始まったのは間違いないのですが、すでにSNSマーケティングの一環としてTikTokの利用が増えていることもあり、20代以上の実際に購買力がある層へリーチされていると考えるのが自然なようです。

アメリカ

アメリカのTikTokユーザーは2020年時点で4500万人と推定されます。

利用者数は急激にふえており、2021年中には5000万人を超えると予想されています。

利用者の年齢層は

  • 10代-約31%
  • 20代-約28%
  • 30代-約18%
  • 40代-約16%
  • その他-約7%

となっており、日本と違い10代の利用がとても多いことがわかります。

ここから見えてくることは、アメリカではTikTokがビジネス利用というより、まだ「娯楽」の一貫であるということです。

日本のTikTok人気も10代からはじまり、企業がマーケティング戦略として20代以降にリーチし、ユーザー年齢層が高くなっていきました。

アメリカも今後同じような動向をたどると予想できます。

中国

TikTok発祥の地・中国でのユーザー数と年齢層データです。

2020年9月にTikTokの中国版の「抖音(ドゥイン)」のアクティブユーザー数が、6億人を超えたと発表されました。

ユーザー層は20代が最も多く、35歳以下のユーザーが全体の90%を占めています。

20代~30代前半のユーザーが多い理由として、中国版TikTokではEC機能が実装されていることが挙げられrます。

このことによりTikTok上でのビジネス活動が活発になり、実際にネットを通じて物品やサービスを購入する年齢層の利用率が高くなっていると考えられます。

インド

インドもTikTokユーザーがとても多い国の1つです。

インドのスマホユーザーの1/3がTikTokをダウンロードしているともいわれ、インドでは定番のアプリになりつつあります

アクティブユーザーは2019年の上半期時点で1億2000万人を超えていると推測され、TikTokの一大市場となっています。

インドはTikTokユーザーの年齢層・性別に面白い特徴があります。

アクティブユーザーの90%ほどが20代男性と言われています。。

また、多くの方が娯楽での利用というより、教育コンテンツ配布のプラットフォームとしての利用しているようです。

1000万本以上の教育プログラム画像が制作されており、数学や化学といったものだけではなく、自己啓発やキャリア向け教育コンテンツなどのプログラムもあります。

そのため、キャリアを考える20代男性に支持をうけていると考えらえます。

TikTokと相性の良いビジネス・業種

shopping

TikTokと相性の良いビジネスや業種を紹介していきます。

アパレル産業

まずは、最も相性が良いと言えるのがアパレル産業です。

インスタでも着こなし紹介をする時は、実際に着た時の動きがわかる動画が主流になってきています。

TikTokは動画だけではなく+音楽という強みをいかし、着こなしの提案だけではなくブランドイメージ戦略の一環としての利用など、さまざまな目的で利用することが可能です。

若い世代はネットで服を買うのが当たり前になってきているため、「実際の使用感」などをインスタやTikTokでチェックする人が多いようです。

そのため、TikTokで広告宣伝をしネット販売につなげていく流れは、これからますます加速していくと予想されます。

飲食産業

飲食産業もTikTokと相性がよい業種の1つです。

食べ物の音や湯気がたっている様子などが伝えられるため、静止画像よりずっと宣伝広告効果が高いという特徴があります

レストランであれば、+音楽を使うことにより雰囲気などが伝わりやすくもなります。

そのため、これからの飲食産業において広告宣伝やブランディングという点でTikTokを活用することの重要度を増していくと考えられます。

美容産業

美容産業もTikTokと親和性が高い業種です。

まず考えられる利用方法としては、メイクアップ用品の使用Before→Afterを音楽にのせてユーザーに伝えるもの。

静止動画よりユーザーに伝わりやすく、商品の効果がイメージしやすいです。

美容師がヘアアレンジやヘアカットの技術を伝えるのにも、非常に適しています。

「変化」を見せることができるTikTokは、これから美容産業でますます広告宣伝利用として活発に利用されるようになっていくでしょう。

企業のTikTokアカウント成功活用事例3選

smartphone

ここからは実際に企業がTikTokを使用し、成功した事例をご紹介します。

グリコ

ポッキーを販売する江崎グリコでは「ポッキー&プリッツ」の日を盛り上げるために、「#ポッキー何本分体操」ハッシュタグチャレンジキャンペーンを展開して、ユーザーにこのハッシュタグをつけて動画の投稿を促しました。

スタートからわずか5日間で、#ポッキー何本分体操のタグがついた動画の再生は2,730万回を記録し、大きな成功を納めました。

成功の要因として、このキャンペーン自体がユーザーが楽しめる作りであった事が考えられます。

テンポの良い音楽、ポッキーが1本・2本と増えるごとにあがる振付や動画編集の難易度など、ユーザーがゲーム性を感じる要素がたくさんあったのです。

これによりユーザーに「広告」ということを意識させず、「楽しそうだから参加する」というモチベーションを与えることに成功したと考えられます。

キレイモ

脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」では、広告宣伝および新規顧客開拓の一環として「#キレイモいいね割チャレンジ」キャンペーンを実施し、チャレンジ参加人数8万人という驚異的な伸びを記録しました。

キャンペーン成功の引き金となったのが、タレントでインフルエンサーでもある渡辺直美さんの起でした。

動画例として、若い人たちから絶大な人気をほこる渡辺直美さんを使用することによりオフィシャル感が生まれ、渡辺直美さんを支持する若い年齢層へリーチすることに成功したようです。

キレイモの事例は、インフルエンサーをうまく活用し、広告を意識させずに幅広い層へリーチした成功例といえます。

ユニクロ

ユニクロでは#UTPlayYourWorldハッシュタグを使って、TikTokのグローバル展開に成功しています。

UTのグローバルインフルエンサーを選出するオーディションという形をとり、#UTPlayYourWorldハッシュタグとともに規定の音楽を使い動画を投稿してもらいました。

オーディションという形であったため一般ユーザーだけではなく、モデルやインフルエンサーといった人からの応募もあり注目を集めることに成功しました。

ハッシュタグをうまく使い、グローバル展開を成功した例といえます。

TikTokの年齢層データまとめ

tiktok 携帯

TikTokユーザーは増加しており、TikTokを広告宣伝やブランディングに利用する企業は、これからますます増えていくことが予想されます。

ショートムービープラットフォームというユニークさは、うまく活用すれば既存顧客以外の層にもリーチできる可能性を秘めています

TikTokユーザーの年齢層や成功企業アカウントを参考に、自社サービス・商品にあった方法でTikTokを上手に利用し、ビジネスへつなげていきましょう。

【法人様必見】TikTok運用代行を任せるなら!

studio15

studio15」は、国内屈指のTikTok特化の運用代行会社です。

  • 総合フォロワー100万人超のTikToker事務所
  • TikTok特化で最前線トレンドを知り尽くしている
  • TikTok運用代行実績多数で安心して任せられる

など、TikTokに力を入れたい企業様におすすめの運用代行会社です。

studio15に運用を相談する

※公式ページに遷移後、CONTACTからご連絡ください。

 data-src=" width="1280" height="768" >

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG