Twitterの投稿が拡散されやすい時間帯は?ユーザーの傾向やおすすめの手法を解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • Twitterの投稿が拡散されやすい時間帯を知りたい
  • ユーザーの傾向を知りたい
  • 具体的な手法を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

今回はそんなあなたに「Twitterの投稿が拡散されやすい時間帯とユーザーの傾向、おすすめの手法」について解説していきます。

Twitterのユーザーが多い時間帯とは

Twitterいいね

ここではまず、Twitterのユーザーが多い時間帯について見ていきましょう。

自身のターゲット層とあわせて是非参考にして下さい。

PR

通勤・通学の時間帯 7時~8時

通勤や通学中にスマホをチェックすることが多いことから、朝の7時から8時は比較的広い層のユーザーが集中しやすくなっています。

一方、時間帯の幅が狭くピークを過ぎると早い段階で利用率が減少するのも特徴の1つです。

ランチタイムの時間帯 12時~13時

一般的に学生や社会人のランチタイムは12時から13時に設定されている場合が多く、食事を取りながらTwitterをチェックするユーザーが増える傾向です。

一方、全体的なツイート数に比例して流動性も高まるため、タイミングがズレると自社のコンテンツが埋もれてしまうリスクもあります。

放課後の時間帯 15時~17時

次に注目したいのは、学生の放課後にあたる15時から17時の時間帯です。

実際のところTwitter全体のユーザーは学生の比率が高いため、ターゲット層の設定次第ではコアタイムにもなり得るでしょう。

PR

最も拡散されやすい時間帯 20時~22時

多くのユーザーが自宅等でTwitterをチェックするのが20時から22時であり、最も利用率が高まる時間帯といえるでしょう。

しかし、同じくツイートが増える特徴もあるため、他の投稿に埋もれないような戦略性とオリジナリティも重要です。

Twitterのユーザーが多い曜日

Twitter曜日

次は曜日の観点からユーザーの傾向を見ていきましょう。

時間帯と同じく重要な要素となるため、しっかり押さえて下さい。

平日

平日にあたる月曜日から金曜日は学業や仕事がメインになるため、実際のところ大きな変化はないといえるでしょう。

したがって、時間帯だけにフォーカスした方が効果は高まる可能性があります。

休日

休日は平日よりもユーザー数が増加する傾向があり、特に午後の時間帯は最も活性が高まる特徴があります。

したがって、特に拡散性が見込めるコンテンツは土曜日か日曜日に集中して投稿する企業も一定以上散見されています。

一方、同時に最もツイートが多くなることも考慮する必要があるため、良質な内容とタイミングを意識することも重要といえるでしょう。

Twitterの投稿におすすめの時間帯

Twitterおすすめ

ここからは投稿におすすめの時間帯について見ていきましょう。

注意するべきなのは、利用者数の多さが拡散性の高さではないというポイントであり、ある程度タイミングを絞る方がより効率を高めることが可能となります。

平日の11時~15時

平日の11時から15時の時間帯は、ビジネスマンにとってのランチタイム、学生にとっての放課後に差し掛かるタイミングとして拡散性が高まる傾向があります。

また、ユーザー自身が投稿するよりもリコメンドされるツイートを受動的にチェックする特徴も相乗効果が期待できるでしょう。

休日の12時~14時

休日に関してもランチタイムから14時までが拡散性が高い傾向があり、夜間は娯楽や翌日の準備に充てる特徴からあまりユーザーがアクティブではないといえるでしょう。

このことから、全日を通してランチタイム前後を中心にコンテンツを配信するのがおすすめであり、最も効率性が高まる時間帯となっています。

拡散されやすくするおすすめの手法

Twitterおすすめ

次に見ていくのは、自社のコンテンツの拡散性を高めるおすすめの手法です。

先ほど解説した時間帯に絞った上で更に効率良く運用していきましょう。

自社のターゲット層が利用する時間帯に更に絞る

拡散性が高まる時間帯に絞り、更に自社のターゲット層が利用するタイミングにツイートを集中させることで効率を高めることができるでしょう。

学生か社会人だけでなく、主婦やフリーランサー等ジャンルは多彩であるため、しっかり分析して無駄のないように運用して下さい。

セルフリツイート機能を活用する

Twitterの拡散にはユーザーからのリツイートが必要ですが、投稿のタイミングによっては他のツイートに埋もれてしまうこともあるでしょう。

したがって、そういった際はセルフリツイート機能を活用すれば過去のコンテンツをタイムラインに再表示させることが可能です。

一方、同じ投稿に集中し過ぎるとユーザーはしつこいと感じるケースもあるため、多くても3回程度に抑えるのがおすすめです。

予約投稿ツールを活用する

Twitterを運用する上では、たまたま手が空いていないタイミングや担当者が不在にしている際に投稿できない場合もあるでしょう。

そこで広く活用されているのが、予約投稿ツールです。

これは予めコンテンツと時間を設定することで、自動的にツイートができるものであり、より効率性を高めることができるおすすめの手法です。

Twitterの投稿が拡散されやすい時間帯のまとめ

まとめ

今回は「Twitterの投稿が拡散されやすい時間帯とユーザーの傾向、おすすめの手法」を解説してきました。

Twitterは史上最大規模のSNSであり、高い拡散性活用すれば効果的に自社の認知度を向上させることが可能です。

しかし、より効率的に運用するためにはターゲット層にマッチした時間帯に絞ることも重要であるため、現在リツイートに伸び悩んでいる方は是非本記事を参考にして下さい。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド