声優に仕事を依頼する方法は?費用やキャスティング方法、依頼できる内容を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • 声優に仕事を依頼する方法を知りたい
  • 声優をキャスティングする際の費用を知りたい
  • 声優に依頼できる仕事内容を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに向けて声優のキャスティング方法や費用相場、依頼可能な仕事の内容などについてお伝えしていきます。

声優をキャスティングする効果

声優をキャスティングする効果

声優をキャスティングする効果を解説していきます。

PR

声優のファン層に購買してもらいやすくなる

声優をキャスティングするとファン層にアプローチすることができます。

最近では、声優の代表的な仕事のひとつであるアニメ業界の盛り上がりがすさまじいです。

アニメから爆発的な人気が出ることもあって、例えば映画の興行収入ランキングを見るとアニメ作品が上位を占めています。

今やアニメは日本の代表的な産業となっていて、その人気はアニメのキャラに声を当てる声優も例外ではありません。

声優の人気も芸能人並みに上がっていて、声優がイベントやテレビに出演するとSNSでよく話題になります。

人気が出てくると当然ながらファンの数も増えてきます。

ファンが多い声優をキャスティングして何かを宣伝してもらうと、声優のファン層に商品を宣伝できるというわけです。

声優ファンはほかのファンよりコアな傾向にあるため、高い購買力も期待できます。

特に声優が演じた仕事に対するものであれば購買力が高いため、その声優と近いジャンルの商品を宣伝してもらうと売上アップにつながるでしょう。

また、声優ファンは年齢層が広く、人気声優ともなれば10代から50代以上に幅広く愛されています。

ファン層が広いのも声優を起用する大きなメリットと言えるでしょう。

声優のSNSでの拡散力を活用できる

現在の声優は、TwitterやInstagramなどのSNSで個人アカウントを持っているケースが大半です。

声優業界は現在盛り上がりを見せているため、テレビの露出が少ない芸能人よりフォロワー数が多いこともあります。

特に人気声優ともなるとフォロワーが100万人を超えているケースもあるため、拡散力は芸能人と比べても変わりません。

今や声優にも高い拡散力を期待できるため、SNSでの宣伝効果も非常に優れています。

例えば、フォロワーが100万人を超えている声優をキャスティングし、商品を宣伝してもらえば100万人に宣伝することが可能です。

企業単体では一気に100万人へ宣伝することは難しいでしょう。

また、SNSで宣伝してもらうとそこからファン同士で拡散することもあります。

商品宣伝のページが拡散されることで100万人以上が目にすることになるため、声優起用の宣伝効果は計り知れません。

声優に依頼できる仕事の内容

声優に依頼できる仕事の内容

声優をキャスティングした場合に依頼できる3つの仕事を紹介していきます。

PR

企業の広告やプロモーション

声優に請け負ってもらえる仕事のひとつが企業広告やプロモーションです。

最近の声優は人気があるため、芸能人と同じように企業広告やプロモーションを依頼しても高い効果を期待できます。

企業の広告やプロモーションを依頼する場合は、人気の高い声優に依頼するのが一般的です。

例えば、企業広告を声優に依頼する場合は、SNSのフォロワー数が多い人を選ぶと、より多くの人に広告を届けられます。

逆に知名度がイマイチな声優に依頼しても思ったような宣伝効果を得られない可能性があります。

しかし、企業広告やプロモーションを人気声優に依頼するとなると費用もかかりやすいです。

知名度の高い声優をキャスティングすると数百万円以上の費用がかかる傾向にあります。

人気声優へ企業広告やプロモーションを依頼する場合は、前もってしっかりと資金繰りしておきましょう。

ナレーションや音声ガイド

キャスティングした声優に依頼できる仕事として有名なのがナレーションや音声ガイドです。

世の中にはさまざまな音声ガイダンスが流れていますが、その中には声優が務めるものもたくさんあります。

声優にナレーションや音声ガイドを依頼すると、万人にとって聴きやすい音声となるため効果的です。

声の仕事を任せたい場合はプロの声優に任せるのも良いでしょう。

ナレーションや音声ガイドを声優に依頼する場合は、声優のランクが影響しづらいのが大きな特徴です。

企業広告やプロモーションだと知名度のある声優でなければ効果を発揮しません。

しかし、ナレーションや音声ガイドであれば声優としての力が重視です。

仮に知名度の低い声優であっても声質が良ければ、プロモーションに成功します。

特にナレーションや音声ガイドを務める人物の名前を公開しない場合には、そこまで有名でない声優を使うのもおすすめです。

アニメや吹き替え

声優といえばアニメや吹き替えです。

声優をキャスティングすれば、自社で制作したアニメに対してプロの声優に声を当ててもらうこともできます。

プロの声優にアニメの声を当ててもらうと一気にクオリティが上がるため、音声で訴えかけたい場合にぴったりです。

声優をキャスティングする際の費用相場

声優をキャスティングする際の費用

声優のキャスティング費用相場は以下のとおりです。

コンテンツ費用相場
アニメや外画1本15,000~45,000円
ゲームのキャラボイス1ワード30~200円
ラジオの出演料5,000円~10,000円
ナレーション10万円
イベント出演10~20万円
広告やCM100万円以上

キャスティングした声優に依頼できる仕事は多岐にわたりますが、それぞれ費用相場が大きく異なります。

例えば、アニメや映画、ラジオの出演料は1本あたりの金額がおおむね決まっているため比較的シンプルです。

一方でゲームのキャラボイスを依頼すると、1ワードごとに費用が決まっています。

アニメや映画とは違って、1本いくらというスタイルではないため少し分かりずらいです。

アニメやゲームのキャラボイスは比較的安価ですが、ナレーションやイベント出演になると費用が上がります。

特に広告やCMはタレントランクが上がると数百万円かかることもあります。

このように声優のキャスティング費用は仕事内容によって大きく異なるのが特徴です。

また、声優のキャスティング費用はランクによって異なります。

声優業界はランク制度が導入されていて、新人は安く経験年数が多い人は高くなるのが特徴です。

例えば、アニメに出演してもらう場合だと、新人から3年目であれば1話あたり15,000円で統一されており、役柄や収録時間などは一切関係しません。

一方で声優としての経験年数が3年を超えてくると、作品の長さがギャラに反映されるようになります。

活躍次第でランクがどんどん上がっていき、アニメ1話あたりで45,000円かかることもあります。

このように声優のキャスティング費用はランクに応じてどんどん変わっていくため注意が必要です。

ちなみに、キャスティングは出演料とは別で交通費やケータリング費などの別途費用も発生します。

すべてを合わせると費用もかさんでくるため、出演料だけでなくトータルいくらになるのか計算することが大切です。

声優をキャスティングする方法

声優をキャスティングする方法

声優をキャスティングして仕事を依頼する方法を解説していきます。

声優の所属事務所に依頼する

声優は基本的にどこかの事務所に所属しているため、所属事務所から依頼するのが一般的です。

まずはキャスティングしたい声優をSNSやネットから探して、その声優がどこの事務所に所属しているのか調べましょう。

所属事務所がわかったあとは「声優に依頼仕事がある」と伝えましょう。

事務所に連絡したらキャスティングして、具体的な内容をお互いにすり合わせていきます。

交渉が終わるとキャスティングが成功し、あとは仕事をしてもらうだけです。

所属事務所に直接連絡するとお互いに希望を伝え合うことができますが、キャスティングの知識が求められます。

キャスティングの知識がないと具体的な交渉ができず、なかなか円滑に進みません。

声優をキャスティングしたことがない場合は、キャスティング会社に依頼するのがおすすめです。

キャスティング会社に依頼する

キャスティング会社に依頼すると、依頼側と声優事務所の間に立って交渉を進めてくれます。

しかもキャスティング会社からさまざまなサポートを得ることも可能です。

具体的に言うと、キャスティング会社に声優をキャスティングしてもらうと以下のことを代行してもらえます。

  • 広告宣伝に起用する声優の提案
  • 声優事務所への出演交渉
  • 広告宣伝が行われるスケジュール調整
  • 制作現場や契約期間中の肖像権管理
  • 制作に関わる人たちへの手配や調整

キャスティングに関する一連のことをすべてサポートしてくれます。

声優を個人でキャスティングしようと思ったら上記の対応や知識が求められるため困難です。

しかし、キャスティング会社に依頼すると大部分を代行してもらえるため、企業側の負担はかなり減ります。

「キャスティングのことを勉強している暇がない」「スムーズに声優を起用したい」という場合は、キャスティング会社に頼りましょう。

クラウドソーシングサイトで依頼する

声優はクラウドソーシングでもキャスティングすることができます。

クラウドソーシングで「○○ができる声優を募集」と掲載すれば、条件に該当する声優たちが応募してきます。

そこから話をすり合わせていき、この人だと感じる人に依頼すれば契約成立です。

クラウドソーシングのメリットは費用を抑えられる点です。

クラウドソーシングだと所属事務所に連絡したり、キャスティング会社に依頼したりする場合と違って、声優経験の浅い人が多いです。

声優の経験が浅いと費用もかからないため、コスパよく声優をキャスティングできます。

しかし、中には声優としての経験がほぼない人もいるため注意が必要です。

声優を選定する際の判断材料は必要になりますが、費用をおさえたい場合はクラウドソーシング経由で募集するのも良いでしょう。

声優をキャスティングする際の注意点

声優をキャスティングする際の注意点

声優をキャスティングする際の注意点を解説していきます。

台本や原稿を準備しておく

声優をキャスティングする前に、まずは台本や原稿を用意しておきましょう。

声優は台本がなければ仕事ができず、原稿を声優が用意することもありません。

事前準備はすべて自社で終えて、声優には声を当ててもらうのが一般的な流れです。

キャスティングをスムーズに進めるためにも、台本や原稿がなければ話になりません。

もし台本や原稿も誰かに依頼したい場合は、クラウドソーシングのようなサービスで外注する必要があります。

台本や原稿を用意するのも時間がかかるため、声優を起用すると決めたら早めに行動することが大切です。

ちなみに声優をキャスティングするには数か月かかります。

1か月前に行動し始めても手遅れになる可能性が高いため気を付けましょう。

声のイメージのサンプルを用意する

声優をキャスティングする際はボイスサンプルがあると話が進みやすいです。

依頼側としては声優に「この声を出してほしい」というイメージがあるでしょう。

しかし、イメージを口頭で伝えるのは困難です。

ベテラン声優であればくみ取ってくれることもありますが、具体的なイメージがないと理想の声にたどり着くまでに時間がかかります。

声優の仕事をスムーズに進めるためにも、イメージしている声のサンプルは用意しましょう。

ボイスサンプルがあれば声優を探す際にも具体的な指標ができて効率的になるためおすすめです。

声優のキャスティング費用や依頼方法まとめ

声優をキャスティング

この記事では「声優のキャスティング方法や費用相場、依頼可能な仕事の内容」などについて解説してきました。

声優をキャスティングすると、アニメやナレーションのような声を出す仕事を依頼できます。

声優は声のプロフェッショナルなため、キャスティングすることで収益に貢献してくれるでしょう。

また、最近ではSNSのフォロワー数が多い声優もいるため、企業広告やプロモーションを依頼するのもおすすめです。

声優をキャスティングするには声優事務所に依頼する方法が有名ですが、キャスティングのノウハウが求められるため初心者にはおすすめしません。

キャスティングに不安を感じる場合は、声優起用の知識が豊富なキャスティング会社に相談しましょう。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG