【大学生向け】Webマーケティングインターンの探し方や注意点を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • Webマーケティングインターンの探し方を知りたい
  • Webマーケティングインターンで準備するべきことが分からない
  • Webマーケティングインターンの注意点について知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「Webマーケティングインターンの探し方や注意点、準備するべきこと」などをお伝えしていきます。

目次

Webマーケティング力をつけるにはインターンがおすすめ!

グラフ

Webマーケティングカを身につけたいと考えている大学生は、インターンがおすすめです。

Webマーケティングとは、インターネットを利用してマーケティングを行うことです。

インターネットで商品を販売したり、Webサイトを作成して新規顧客を獲得したりすることを指します。

近年、ITやWeb業界が必須になってきた時代に、Webマーケティングは欠かせない業種となっています。

Webマーケティングの知識を持っていると、副業や個人で稼ぐ際のスキル活用としても有効です。

そのため、何かスキルをつけたいと考えている学生は、インターンでWebマーケティングに関する仕事をおすすめします。

今すぐ圧倒的に成長したいと考えている方におすすめなインターンはこちらから。

ZEROUM株式会社の新卒・中途・インターンの募集が44件あります。気軽に面談して話を聞いてみよう。職種や採用形態からあ…

PR

Webマーケティングの仕事内容

Webマーケティングの仕事内容は、主にSEO対策と広告運用の2つに分けられます。

SEO対策は、Webサイトに表示させたい記事を1ページ目に上げるための対策を行います。

検索キーワードに対してユーザーが求めている記事が書けているかどうかが、SEO対策を実施するうえで最も重要になります。

広告運用には、SNS広告やリスティング広告、アフィリエイト広告など様々な種類の広告運用があります。

広告を掲載するうえで、対象となるユーザーや目的を明確にして、日々分析を行い、効果が出るための検証や改善に取り組む仕事です。

Webマーケティングのインターンのメリット

メリット

Webマーケティングインターンのメリットとしては、以下の4つが挙げられます。
  • 給料をもらいながら、実践的なノウハウを学べる
  • 現役のWebマーケターから、直接フィードバックをもらえる
  • コミット次第では、自分で稼ぐ力を身につけることが可能
  • 就活の際のアピールポイントになる
それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

給料をもらいながら実践的なノウハウを学べる

Webマーケティングのインターンでは、報酬をもらいながら実践的なノウハウを学べます。

インターンでしか得ることができない知識や経験を、実際の仕事を通じて習得することができます。

そのため、大学の授業やバイトではできないことを、インターンを通じて学ぶことが可能です。

インターンの種類によっては給料が発生しない場合もあるため、事前に下調べをしてから始める必要があります。

PR

現役のWebマーケターから直接フィードバックをもらえる

インターンでは、会社の先輩から直接フィードバックをもらうことができます。

現場で働いている人からのアドバイスや注意点を指摘してもらうことで、モチベーションが上がります。

そのため、自身の成長につながって、プロジェクトに貢献できるようになります。

コミット次第では、自分で稼ぐ力を身につけることが可能

自分の頑張り次第では、個人でお金を稼ぐ力を身につけることが可能です。

Webマーケティングは、商品を売るための集客から収益までの仕組み作りを一貫して行います。

ビジネスを始めた際にも、Webマーケティングに関するノウハウを理解していれば、個人で売り上げをたてることができます。

就活の際のアピールポイントになる

Webマーケティングのインターンは、就活でのアピールポイントになります。

「あなたは学生時代に何をしてきましたか?」という質問は、就活の面接で必ず聞かれるフレーズです。

これに対して、サークルやバイトしかしてこなかった人と、インターンで様々な経験をして利益を上げることができた人では、雲泥の差になります。

インターンをすることで周りの学生と差がついて、自分のアピールポイントが増えます。

そのため、他の学生に差をつけて就活を優位に進めることができます。

Webマーケティングのインターンのデメリット

デメリット

Webマーケティングインターンのデメリットとしては、以下の3つが挙げられます。
  • 自分のやりたい領域以外の仕事を任せられる可能性がある
  • ノルマが厳しく、プライベートが犠牲になってしまう恐れがある
  • 中にはやりがい搾取を行なっているような企業もある
それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

自分のやりたい領域以外の仕事を任される可能性がある

Webマーケティングのインターンでは、自分のやりたい領域以外の仕事を割り当てられることがあります。

企業によっては、応募した仕事内容とは全く違う営業や事務職に配属させられる可能性もあります。

そのため、募集要項を確認して自分のやりたい業務があるか事前に確認しましょう。

ノルマが厳しくプライベートが犠牲になってしまう恐れがある

課されたノルマによっては、プライベートの時間を削らなければいけない場合があります。

そのため、学校の授業とインターンを両立させることは難しいです。

バイトで突然予定が入っても他の人に変わってもらうことは可能かもしれませんが、インターンではできません。

そのため、責任感と覚悟を持って取り組む必要があります。

中にはやりがい搾取をおこなっているような企業もある

やりがい搾取を掲げて、インターン生を募集をしている企業もあります。

やりがい搾取とは、社員に対して給料以上にやりがいがあると強く押し付け安い賃金しか払わないことです。

よくある例としては、長時間の残業や労働に対しての給料が見合ってないなどが挙げられます。

インターン先を探すときは、企業の口コミや評判を確認してやりがい搾取が行われていないか確認しましょう。

Webマーケティングのインターンの探し方

探し方

Webマーケティングインターンのとしては、以下の3つが挙げられます。
  • 求人サービスやエージェントを活用する
  • SNSでインターンの募集を探す
  • 先輩や知人に紹介してもらう
それぞれのについて、詳しく解説していきます。

求人サービスやエージェントを活用する

一般的なインターン先の探し方は、求人サービスやエージェントを活用する方法があります。

リクナビやマイナビといった大企業のサービスでは、数多くの企業が登録しています。

そのため、様々なWebマーケティングの会社と比較して探すことが可能です。

他にも、Wantedlyや Webマーケティングインターン専用サイトのJEEK(ジーク)なども参考にすることができます。

各サイトを併用して使ってみてください。

SNSでインターンの募集を探す

SNSを利用して、インターン募集している企業を探す手段があります。

最近では、企業の社長や責任者がSNSを利用してインターン生を募集するケースもあります。

また、学生もSNSを活用してインターンに関する情報を集めています。

SNSでは、リアルタイムで企業のサイトに載せてない最新情報を知ることができます。

先輩や知人に紹介してもらう

大学の先輩や友達からインターン先を紹介してもらうのも、探し方の1つの手段です。

実際にインターンを体験した人からの情報は貴重であり、サイトや資料に載せてないことも知ることができます。

周りの知人が働いている会社でも、インターンをすることができる場合もあります。

人脈を上手く使うことで、より良いインターン先を見つけることが可能です。

Webマーケティングインターンを始める前に準備すべきこと

準備

Webマーケティングインターンを始める前に準備すべきこととしては、以下の3つが挙げられます。
  • Webマーケティングに関する本を読んでみる
  • インターン先の業務内容をざっくりと理解しておく
  • 自分でブログやSNS運営してみる(熱意がある人向け)
それぞれのについて、詳しく解説していきます。

Webマーケティングに関する本を読んでみる

インターンを始める前に、Webマーケティングに関連する本を読んでみましょう。

Webマーケティングに関する専門用語をあらかじめ知っておくだけでも、企業がどのようなことを行なっているかが分かります。

読書をすることで、Webマーケティングにおいて重要な論理思考を身につけることもできます。

知識が全くないよりも、本を読んでWebマーケティングの概要を理解しておくことが大切です。

インターン先の業務内容をざっくりと理解しておく

始める前に、インターン先の業務内容を大まかに理解しておきましょう。

Webマーケティングと端的に言っても、SEO対策のためのライティングや広告運用、SNSマーケティングなどさまざまです。

インターン先が何をメインとして行なっているのか確認することで、始める前に自分が知っておくべき最低限の知識を独学で勉強することができます。

自分でブログやSNSを運営してみる(熱意がある人向け)

本格的にWebマーケティングのスキルを身に付けたい方は、自分でブログやSNSを運営してみましょう。

実際に自分でブログ運営をすることで、Webマーケティングにおいて重要な集客、コンテンツ制作、収益化を独学で身につけることができます。

さらに、ロジカルシンキングも身につき、的確に自分の考えを述べる能力も身に付きます。

SNS運用においてもブログ運営と同様に、どのようにして集客から収益を生み出すかを学ぶことが可能です。

ブログやSNS運用を通じて、Webマーケティングに必要なPDCAや論理思考といったスキルを得ることができます。

そのため、今後Webマーケティングに関わる仕事をしたい方は、インターンを始める前にブログやSNSを始めてみましょう。

Webマーケティングインターンを始める際の注意点

注意点

Webマーケティングインターンを始める際の注意点としては、以下の3つが挙げられます。
  • 面接の際に、ノルマがあるのか聞いておく
  • 自分の興味ある仕事を任せてもらえるかどうか確認する
  • どれくらいの期間インターンをする予定なのかを伝える
それぞれのについて、詳しく解説していきます。

面接の際に、ノルマがあるのか聞いておく

面接の時に、ノルマがあるかどうか確認しましょう。

デメリットでもお伝えしたように、ノルマがあると自由に使える時間が奪われてしまいます。

さらに、インターンに重点を置きすぎると大学の授業にも影響が出ます。

自分にとって働きやすい環境かどうか、事前に把握することが大切です。

自分の興味のある仕事を任せてもらえるかどうか確認する

自分が興味のある仕事を、任せてもらえるかどうかを確認しましょう。

実際にインターンが始まってから、任された業務がやりたい事と違っていても手遅れです。

会社では、誰に何を任せるかといった配属は事前に決めるのが一般的です。

そのため、インターン先と自分の考えが食い違わないように、事前に確かめましょう。

どれくらいの期間インターンをする予定なのかを伝える

面接の際に、自分がどのくらいの期間インターンをする予定なのかを伝えましょう。

インターンの長さによっては、給料が発生する場合としない場合があります。

また、任せてもらうプロジェクトも在籍する期間によって異なります。

そのため、始めるときには必ず担当者にどのくらいインターンをするのかを必ず知らせておきましょう。

Webマーケティングのインターンの探し方まとめ

まとめ

この記事では、「Webマーケティングインターンの探し方や注意点、準備するべきこと」などについて、ご紹介してきました。

Webマーケティングのインターンでは、SNSを使ってギガるに気になる企業を探すことができます。

そのためには、インターネットにある情報が正しいか自分で見極めることが重要です。

ベンチャー企業では、より個人に対する責任も多くなりますが、その分だけノウハウや経験を積むことが可能です。

自分にとって最適な探し方で、注意点を踏まえながら興味のあるインターン先を選びましょう。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG