YouTubeマーケティングとは?特徴、活用方法、成功事例を徹底解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • YouTubeマーケティングとは何か

  • YouTubeマーケティングのやり方を知りたい

  • YouTubeマーケティングの特徴を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたにYouTubeマーケティングのやり方や特徴、メリットやデメリット」をお伝えしていきます。

YouTubeマーケティングとは?

YouTube

出典:https://pixabay.com/ja/

YouTubeマーケティングとはGoogleが所有しているYouTubeを活用し、自社の製品やサービスをYouTubeコンテンツを使って動画でアピールする方法のことです。

Webサイトを活用しているのであれば、年齢層を問わず動画を投稿・配信出来るYouTubeは現代社会では使わない手はありません

それでは、YouTubeマーケティングの特徴について詳しく解説していきます。

PR

YouTubeマーケティングの特徴

YouTube

出典:https://pixabay.com/ja/

YouTubeマーケティングには、

  • 幅広い年齢のユーザーにアプローチすることが可能
  • YouTubeアナリティクスで分析が出来る

といった、大きく2つの特徴があります。

それでは、1つずつ解説していきます。

幅広い年齢のユーザーにアプローチすることが可能

YouTubeは、近年幅広い年齢のユーザーが利用しています。

YouTubeの1日あたりの動画視聴時間は世界合計で10億時間以上となっており、近頃はテレビよりYouTubeを見ているという方が多くなっています。

そのため、YouTubeをマーケティングに活用することによって、幅広い年齢層全体にアプローチすることが可能であり、またそれだけではなく、ターゲットを絞り込んで特定の年齢層だけにアプローチすることも可能になります。

YouTubeアナリティクスでユーザー動向を分析できる

YouTubeマーケティングをする上でアナリティクスはとても重要です。

YouTubeアナリティクスを活用すると、マーケティングの問題点などを可視化することが出来ます。

自社の施策の結果を定量的に分析することが可能なため、成功や失敗の要因を明確にした上で、効率的に施策を打つことができます。

PR

YouTubeマーケティングの3つの活用方法

 YouTube

出典:https://pixabay.com/ja/

YouTubeマーケティングの活用方法には

  • YouTuberやインフルエンサーを活用する
  • YouTubeの動画広告を活用する
  • 自社のチャンネルを運営して活用する

上記のような3つの活用方法があります。

1つずつ解説していきます。

YouTuberやインフルエンサーを活用する

YouTuberやインフルエンサーを起用するのもYouTubeマーケティングの1つの活用法です。

人気YouTuberならば数100万人以上チャンネル登録者がいることもあります。

そういった、YouTuberやインフルエンサーを起用して企業の宣伝をすれば、商品やサービスなどに興味を持つ新規ユーザーを獲得することが出来ます

しかし、人気YouTuberやインフルエンサーを起用するにはかなりの費用が掛かってしまうため、起用する場合は自社の予算と相談する必要があります。

YouTubeの動画広告を活用する

YouTubeにはユーザーが動画を再生する際に広告が流れます。

その再生動画の最初・途中・最後のどこかに企業の広告を掲載する方法です。

YouTubeの動画広告はチャンネル登録者があまりいなくても視聴回数を上げられ拡散出来ます。

しかし、YouTube広告の配信枠の取得はオークション形式なので競合企業よりも単価を高くする必要性があるのがデメリットです。

自社のチャンネルを運営して活用する

YouTubeは無料でチャンネル作成や動画をアップロード出来るため、予算をかけずにマーケティング出来ます。

チャンネル内で企業や自社の製品をアピールするなど活用方法は様々です。

しかし、ユーザーに見てもらうためには興味をそそる内容や動画制作のスキルや知識が必要なので、動画制作を外注する企業も多いです。

企業のYouTubeマーケティング成功事例3選

 YouTube

出典:https://pixabay.com/ja/

YouTubeマーケティングは今後さらに重要になってくることが予想されます。

YouTubeマーケティングを行っている企業の成功事例を3つ紹介していきます。

【成功事例1】日清食品グループ公式チャンネル

出典:https://www.youtube.com/watch?v=GqLhHBpq_oU

日清食品グループといえばカップヌードルやどん兵衛など、多くのヒット製品を生み出している日本を代表する食品会社です。

日清食品グループのチャンネル登録者数は約16.9万人、総視聴回数は約85,000,000回以上(※2021年6月現在)と数々の有名CMをYouTubeでも配信しています。

また、日清食品グループは国内だけでなく海外からも非常に多くのアクセスを集めることに成功しています。

【成功事例2】avex(エイベックス株式会社)

出典:https://www.youtube.com/watch?v=sr–GVIoluU

avexといえば日本では知らない人はいないですよね?

avexのチャンネル登録者数は驚異の562万人、総視聴回数は9,000,000,000回以上です。(※2021年6月現在)

特徴として、avexは定期的に所属歌手の動画をアップしており、最も再生されているDA PUMPのU.S.Aはなんと2億再生を超えています。

無料で配信を見ることができるため、情報などを見逃さないようにするためにチャンネル登録をしているファンも多いようです。

【成功事例3】RIZAP(ライザップ)公式チャンネル

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e1VC2lgTWes

一周しながら体型のビフォーアフターを見せるでお馴染みなライザップ。

ライザップのチャンネル登録者数は約13.5万人、総視聴回数は15,000,000回以上です。(※2021年6月現在)

おうち時間が多くなったこのご時世ですが、自宅で簡単にトレーニングを動画を見ながら一緒に出来るということに需要が高まっています。

最も再生されているダイエットダンスは300万回以上再生されており、時代に特化した成功事例の1つです。

企業がYouTubeマーケティングを行う際の注意点

 YouTube

出典:https://pixabay.com/ja/

YouTubeマーケティングを行う際には

  • まず目的やターゲットを明確にする
  • 目的に合わせて適切なKPIを設定する
  • とにかくPDCAを回す

の3点に注意する必要があります。

それでは、1つずつ解説していきます。

まず目的やターゲットを明確にする

YouTubeマーケティングを行うにはまず、目的やターゲットを明確にしましょう。

様々な分野からターゲットを絞りましょう。

目的やターゲットを明確にすることでYouTubeを通して最も適した集客が出来ます。

目的に合わせて適切なKPIを設定する

KPIとは日本語に訳すと「重要業績評価指標」という意味です。

簡単に言えば目標を達成する上で、その達成度合いを監視・計測するための定量的な指標のことです。

YouTubeの効果測定に使われるKPIは色々なものがありますが、適当に全てをチェックしていては、結果的に何が良くて何が駄目なのかが見えにくくなってしまいます。

効果測定に使われることが多いKPIは

  • チャンネル登録者数
  • 高評価
  • 視聴回数
  • 再生時間

になります。

KPIを測定するには、先ほど説明したYouTubeアナリティクスを利用しましょう。

とにかくPDCAを回す

PDCAとはPlan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のサイクルを繰り返し行うことで、継続的な業務の改善を促すことです。

YouTubeマーケティングではPDCAもとても重要です。

例えば、瞬間視聴率や瞬間離脱率を確認すれば動画のどこの部分で視聴率が上がったのか、どこの部分で動画を見るのをやめたのかが分かります。

KPI同様PDCAもYouTubeアナリティクスを利用しましょう。

YouTubeマーケティングのやり方や特徴のまとめ

 YouTube

出典:https://pixabay.com/ja/

今回はYouTubeマーケティングのやり方・特徴」について解説しました。

YouTubeマーケティングは近年需要が高まってきているwebマーケティングです。

適切な手法を実践してぜひYouTubeマーケティングを成功させてください。

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド