YouTube企業アカウントとは?作り方や運用方法、成功事例をご紹介

  • YouTube企業アカウントって何?
  • YouTube企業アカウントってどうやって作るの?
  • YouTube企業アカウントの運用のポイントや成功事例が知りたい!

企業のマーケティングの一環として、Youtubeチャンネルを活用するケースが増えてきています。

テレビなどのCMとはまた異なった動画コンテンツでもありますし、他のSNSとも異なる特色があるため、Youtube独自のプロモーション効果が期待されています。

そこで今回はYouTube企業アカウントとは何なのか、アカウントの作り方や運用するときのポイント、成功事例などを紹介していきます。

YouTube企業アカウントとは?

Youtube 企業アカウント とは

Youtubeの企業アカウントとは、企業が運営しているYoutubeチャンネルのことを指します。

最近では、マーケティング施策の一環や消費者とのコミュニケーションとして、Youtubeを使った情報発信が目立っています。

皆さんもYoutubeを楽しむ中で企業のチャンネルに出くわしたこともあるのではないでしょうか。

Youtubeという世界中の人が利用する動画プラットフォームにおいて、企業独自の魅力的な動画コンテンツを配信し、集客や商品のPR、ブランディングなどに活用することができます。

PR

YouTube企業アカウントを使うメリット3つ

Youtube 企業アカウント とは

YouTube企業アカウントを使うメリットとしては以下の3つが考えられます。

  • 動画でより詳細な情報が提供できる
  • 幅広い世代へのアプローチが可能
  • 企業のファンを育てることができる

では、それぞれの詳しい内容について見ていきましょう。

動画でより詳細な情報が提供できる

情報の発信手段が「動画」でもあるため、より詳細な情報を提供することができます。

文字だと伝えられる情報には限界がありますし、写真だと魅力は伝えられるかもしれませんが、詳細な情報は発信できません。

動画コンテンツだからこそ、視覚と音声を使ったより具体的で分かりやすいメッセージを届けることができます。

さらに、Youtubeは動画の尺も気にする必要がありません。

こういった部分は他のSNSにはない強みと言えるでしょう。

幅広い世代へのアプローチが可能

Youtubeは世界中の老若男女に利用されている動画プラットフォームなので、幅広い世代へのアプローチが可能です。

自社の購買層や新商品のターゲット層など、狙った層にアプローチしやすいのが特徴となっています。

マスにリーチすることもできますし、ターゲットを絞ったピンポイントなアプローチも可能といった対応幅の広さも魅力と言えるでしょう。

PR

企業のファンを育てることができる

Youtubeチャンネルで定期的に動画をアップしていき、チャンネル登録者数を増やすことができれば、企業のファンを育てることができます。

企業にとってファンは安定した購買が見込める層でもあるので、Youtubeを通じてファンが育成できれば長期的なメリットが得られるでしょう。

YouTube企業アカウントを作る方法

Youtube 企業アカウント とは

では、YouTube企業アカウントを作る方法について解説していきます。

基本的に一般ユーザーとアカウントの開設方法は変わらないので、特殊な手続きや各種申請などは必要ありません。

以下の手順でアカウントを開設してください。

  1. Googleアカウントを作成する
  2. GoogleアカウントでYoutubeにログインする
  3. メニュー欄の「設定」から「新しいチャンネルを作成する」をクリックする
  4. 「チャンネル名」を入力し「作成」をクリックする
  5. 「チャンネルをカスタマイズ」からプロフィール画像やバナー画像、説明文などを設定する

このような流れで操作を行うとチャンネルの開設が完了します。

YouTube企業アカウントを運用するときのポイント

Youtube 企業アカウント とは

YouTube企業アカウントを運用するときのポイントは主に以下の3点です。

  • チャンネルの目的やコンセプトを明確にする
  • 運用時のKPIを意識する
  • 人件費や機材費、制作スケジュールを具体的に定める

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

チャンネルの目的やコンセプトを明確にする

ただ漠然とYoutubeチャンネルを作って動画をアップするのではなく、Youtubeアカウントを運用する目的やチャンネルのコンセプトを事前に明確にしてください。

目的としては「企業の知名度向上」や「新商品のプロモーション」「自社製品の売上アップ」など、様々挙げられるでしょう。

これらの目的を達成するために、どのような動画を制作すればいいのか、チャンネル全体でどのような雰囲気で統一していくのかといったコンセプトも重要です。

目的に対する効果的な施策を決定し、一貫したコンセプトで動画を配信し続けていくことで、効率的に視聴者やファンを獲得していくことができるでしょう。

運用時のKPIを意識する

Youtubeアカウントを運用するときのKPIも事前に設定し、達成状況を確認しながら活動を続けていきましょう。

代表的なKPIとして以下の項目があります。

  • チャンネル登録者数
  • 動画の再生回数/再生時間
  • コメント数/高評価数
  • 動画をきっかけにしたアクセスや購買

これらのKPIを随時確認し、達成ができていない場合はその都度改善していくことで効果的な運用が可能になります。

人件費や機材費、制作スケジュールを具体的に定める

動画制作は人件費や機材費もかかりますし、制作に時間もかかるためスケジュールも綿密に作成しなければなりません。

動画の配信日から逆算して完成するまでのスケジュールを作成し、トラブルが発生しないようにしてください。

また、Youtubeチャンネルの運用に必要な予算を具体的に組んでおき、追加費用の発生にも備えられるような余裕を持っておくことが大切です。

YouTube企業アカウントの成功事例

Youtube 企業アカウント とは

ここでは、Youtube企業アカウントの成功事例を紹介していきます。

今回ご紹介するのは以下の5社です。

  • TOYOTA
  • 日清食品
  • 無印良品
  • 読売ジャイアンツ
  • マクドナルド

Youtubeを活用してどのような動画を配信したのか、動画の内容やコンセプトなどをチェックしながら成功の秘密を探っていきましょう。

TOYOTA

TOYOTAは、車種別のプロモーション動画やデモンストレーション動画を多数アップロードすることで、購入を検討されている方に向けた情報発信を行なっています。

さらに、大きな注目を集めたのが父の日に投稿された「Loving Eyes -Toyota Safety Sense」という動画で、親子それぞれの視点から見た互いの生き様を描いた内容が話題を集めました。

商品のPRに加えて、ブランディングも兼ねた魅力的な動画コンテンツを届けています。

日清食品

日清食品では、商品のCM動画を中心に配信しており、個性的な動画の数々を制作することで話題を集め、幅広い層に情報を届けていくというアプローチを行なっています。

Youtubeで話題になるような動画を作り続けることで、Youtube外でも注目を集めることを意識しており、ブランドの一貫性を保ちながらも面白い動画が配信されています。

無印良品

無印良品では、比較的短い尺の動画を用いて商品を体験させるかのようなコンテンツを配信しています。

商品を用いてシズル感のある動画作りを意識することで、商品の魅力を伝えたり、環境に配慮したものづくりをアピールしたりしています。

商品のプロモーションはもちろんですが、企業としてのブランディングも効果的に行えているチャンネルと言えるでしょう。

読売ジャイアンツ

読売ジャイアンツでは、テレビなどのメディアではあまり見せない選手の素に近いインタビュー動画や練習風景といったコアな情報発信を行なっています。

普段見せない姿を公開することで、ファンとより密なコミュニケーションを可能にしており、関係性の構築にも効果を見せています。

マクドナルド

マクドナルドでは、Youtubeアカウントを通じて食材の安全性や生産地の様子などを伝える動画を配信しています。

商品に使われている食材1つ1つの詳細な情報を伝えており、消費者に対する透明性をアピールしています。

また、その他にも新商品のCM動画なども交えながらプロモーションにも活用しています。

YouTube企業アカウントとは?作り方や運用方法、成功事例をご紹介:まとめ

Youtube企業アカウントの作り方や運用方法、成功事例について紹介していきました。

動画コンテンツは手間と時間のかかる分野ではありますが、マーケティングにおいて大きな効果をもたらす可能性を秘めています。

チャンネルのコンセプトやKPI、予算などを照らし合わせながら、質の高いコンテンツでYoutubeを効果的に活用してみましょう!

ライバーになって稼いでみたい!
でもよくわからない…
そんなあなたに「ライバーとは何か?」「ライバーとして稼ぐ方法」がわかるLINEを開設しました!
ライバーに興味があるあなたはぜひ登録してみてください。

CTR IMG
ライブトレンド