Mirrativ(ミラティブ)の評判や特徴、使い方を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • ミラティブってどんな配信サービスなの?
  • 動画配信の具体的なやり方は?
  • 評判や口コミはどんな感じ?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、動画配信サービス「Mirrativ(ミラティブ)」について、特徴から使い方、評判まで丁寧に解説していきます。

Mirrativ(ミラティブ)の特徴

ミラティブ

出典:https://www.mirrativ.com/

まずは、Mirrativ(ミラティブ)とはどのような配信サービスなのか、特徴を3つに絞ってお伝えします。

コミュニケーションを重視したゲーム実況配信サービス

Mirrativ(ミラティブ)は、スマホ1台でゲーム実況ができる、ライブ配信アプリです。

対応しているのは、ソシャゲ、いわゆる「スマホゲーム」です。ゲームプレイ中のスマホ画面をそのまま配信するので、編集技術のない人でも気軽にゲーム配信が楽しめます。

「コンセプトは、友達の家でドラクエやってる感じ」というだけあって、まったりした空気感です。ゲームが上手い人の配信というよりは、普通にプレイしている画面を共有して、わいわいと楽しむ配信が多くなっています。
テクニックよりもコミュニケーションを重要視したサービスだと言えるでしょう。

顔出し不要なのがポイント

Mirrativ(ミラティブ)では、「エモモ」というアバターを映し出して配信するので、顔出しが必要ありません。
「ライブ配信に興味はあるけど、顔は出したくない…」「部屋が写ってしまうのは困る…」という人も、気軽に配信できるのは、嬉しいポイントですね。

さらに注目するべきは、アバターの操作方法です。
アバターの表情は、指でフリックして変更します。口の動きは、声に反応して自動生成される仕組みです。
インカメラで顔を映すわけではないので、「配信後にカメラを切り忘れて顔が映ってしまった!」という失敗もなく、安心ですよ。

投げ銭以外でも収益化可能

Mirrativ(ミラティブ)の良いところは、視聴者が投げ銭をしなくても収益化できるシステムがある点です。視聴者からギフト(投げ銭)をもらう以外の稼ぎ方は、以下の2つが挙げられます。

  • 「ミラティブQ」などのイベントに参加
  • 視聴者数を伸ばすことによるオーブ受け取り

まず、イベント参加。定期的に開催されるクイズイベントや賞金の山分けイベントには、積極的にエントリーしましょう。条件を満たすことで、ギフトカードによる還元を受けることができます。

次に、視聴者数。Mirrativ(ミラティブ)では、ライブ配信後の視聴者数やコメント数、再生数などをもとに、配信者にオーブ(換金アイテム)が配られる仕組みになっています。つまり、たくさんの視聴者から評価される配信ができれば、それだけで稼げるということです。

「投げ銭をもらわなくては」と思うと、プレッシャーや罪悪感がある人もいるでしょう。その点、自らの努力のみで収益化できるシステムがあるというのは、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

Mirrativ(ミラティブ)の使い方

動画配信用パソコン周辺機器

つづいて、実際にMirrativ(ミラティブ)で配信をする方法をお伝えします。

Twitterアカウントと連携してサインイン

Mirrativ(ミラティブ)アプリをダウンロードしたら、Twitter連携をしてサインインします。

「連動せずにサインイン」「Appleでサインイン」も選択できますが、イベント参加によるギフトカード受け取りにTwitter連携が必要になるため、はじめから連携してしまったほうが良いです。
既にゲーム内容をメインでつぶやしているアカウントがある人は、そちらを利用するのがおすすめです。馴染みのフォロワーさんが配信を見に来てくれる可能性もありますからね。

性別、誕生年、好きなゲームを選択して、「次へ」をタップしましょう。

エモモ(自分のアバター)を作る

アプリ起動後、右下にある「マイページ」をタップすると、エモモを作成できます。作成手順は以下のとおりです。

  1. 「エモモを作成」をタップします。
  2. 洋服マークをタップして、性別や顔、衣装などを好みのものに設定しましょう。
  3. 設定が完了したら、右下の「保存」をタップして完成です。

画面収録設定をして配信開始

エモモの作成まで完了したら、いよいよゲーム配信です。

  1. 中央下の「配信準備」をタップして、配信タイトルを入力
  2. 配信するアプリを選択
  3. 一度Mirrativを閉じて、配信するゲームアプリを起動
  4. コントロールセンターの画面収録ボタンを長押しして、「Mirrativ」をタップ

上記の手順で配信を開始したら、あとは配信ゲームに戻ってプレイするだけです。配信自体はかんたんですが、注意点が2つあるので、下記を確認してください。

ひとつめは、イヤホンをはずし、サイレントモードを解除することです。
Mirrativ(ミラティブ)では、スマホのマイクを通じて、声とゲーム音を配信します。イヤホンをしていたり、サイレントモードにしていたりすると、無音配信になってしまうので、注意してください。

ふたつめは、プッシュ通知を「プレビュー表示しない」に設定しておくことです。
ゲーム配信中は、スマホ画面のすべてが視聴者に表示されてしまいます。
プッシュ通知で、TwitterやLINEなどの内容が表示されてしまうと、思わぬトラブルにつながることがあるので注意が必要です。
同じ理由で、配信開始後にゲーム画面以外を表示させないようにしてください。メールアドレスやパスワード、本名などが表示されるページを開いてしまうと、大変危険です。

以上の点に注意しながら、楽しく配信をしてくださいね。

Mirrativ(ミラティブ)の評判・口コミ

口コミ

では最後に、Mirrativ(ミラティブ)で配信をしている人からの評判、口コミ情報を紹介します。

良い口コミ

  • 気軽に配信できる
  • カメラを使わなくていいから安心
  • エモモのコスチュームにもバリエーションがあって楽しい
  • 顔出しの必要がないのがいい

良い口コミでは、「気軽かつ楽しく配信ができる」ところが評価されていることがわかりました。

Mirrativ(ミラティブ)は、自分がプレイしている画面を共有するだけなので、テロップや効果音を挿入するなどの編集技術が要りません。さらに、エモモがあることによって顔出しも不要です。

気軽さは、運営側があえて重視した制度。Mirrativ(ミラティブ)のCEOである赤川隼一さんは、「普通にゲームをしているときに、ついでに起動して、誰かとしゃべりながらプレーする感覚」と表現しています。
もとは視聴者だったユーザーが配信を始めることもあるほど、参入のしやすさが売りのサービスです。

Mirrativ(ミラティブ)は、ライブ配信に自信がなくても、ソシャゲ好きでさえあればはじめられる配信アプリと言って良いでしょう。

悪い口コミ

  • たまに画面がカクつく
  • オーブ受け取りによる収益化が難しくなった

悪い口コミとして見られたのは、上記の2つです。

画面のカクつきについては、アプリの性能のほか、機種やネット環境にも影響されます。Wi-Fiを見直すだけで改善できる可能性もあるので、動作が気になる人は試してみてください。

注目するべきは、ふたつめの口コミですね。
Mirrativ(ミラティブ)での換金額は、1オーブ1円で、これは当初から変わっていません。しかし、オーブの有効期限に変更が加わったため、以前より収益化が難しくなったのは事実です。

以前:最後にオーブを使用もしくは取得した日から180日間

現在:それぞれ取得した日から180日間

今までは180日間の間に1回でもオーブ取得があれば、すべてのオーブ有効期限が延長されました。つまり、少しずつでも貯めていけば、現金化できたということです。
しかし、現在は、取得日は古いオーブから有効期限が切れていってしまうため、「最低換金額まで貯める→古いオーブの有効期限が切れる→最低換金額を上回れない」という負のループが続いてしまうことも…。

Mirrativ(ミラティブ)の最低換金額は10,000オーブからですので、視聴者からの投げ銭がない場合、達成はやや厳しいです。
対策としては、以下の2つが挙げられます。

  • 毎日配信をする
  • 毎月3のつく日にミッションをクリアする

毎日配信を続けるとミッションでもらえるオーブの量が増え、3のつく日はミッションクリア報酬が2倍になるためです。
配信回数を増やせば、視聴者アップも見込めます。収益化を考えている人は、コツコツと頑張ってみてください。

Mirrativ(ミラティブ)はこんな人におすすめ

  • 毎日配信できる人
  • 顔出ししたくない人
  • ソシャゲ好きな人
  • 友だちとしゃべりながらゲームするのが好きな人

Mirrativ(ミラティブ)はソシャゲ好きにおすすめの動画配信サービス

スマホゲーム

Mirrativ(ミラティブ)は、ユーザー同士のコミュニケーションを大切にしているライブ配信アプリです。
顔出しなし、数タップのかんたん操作で配信できるので、面倒な作業が苦手な人でも気軽に手を出せるでしょう。

頑張れば収益化も可能ですし、収益化に興味がなくても、ゲーム仲間を見つける手段として使えます。
「ソシャゲが好き」「大人数で話しながらゲームするのが好き」という人は、ぜひダウンロードしてみてくださいね。